「スバル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

これが「金持ち企業」トップ500社だ

最新!これが「金持ち企業」トップ500社だ1位ソニー、2位任天堂・・・財務健全なのは? 東洋経済オンライン編集部ベテランから若手まで個性的な部員が揃う編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)。現在のスタッフはこちらを御覧ください。 いざというときのおカネが多いと安心なのは家庭も企業も同じ(写真:KY / PIXTA) 年の瀬が近づいてきた。企業にとって12月は従業員への冬のボーナス(賞与、一時金)の支給のほか、取引先への支払いなどがかさむ時期。神経を尖らせ

2017年1月8日イードフィードバック数:0エンタテインメント

2016年最も輝いた主人公&ヒロインは?

アニメ!アニメ!では年末企画としてアニメの主題歌や声優、キャラクターのアンケートを実施した。今回は第2弾で実施した「2016年最も輝いていたと思う主人公・ヒロイン」についての回答を集計し、一番票を集めたキャラクターを発表する。 アンケートの実施期間は12月12日から20日まで。「主人公」には398、「ヒロイン」には362名からの回答を得た。男女比はほぼ半々で女性の方がやや多く、年齢層は半数以上が10代となっている。■主人公・ヒロインともに「Re:ゼロから始める異世界生活」アンケートでは、主人公に

2016年12月29日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2016-2017

現行型ハリアーは2013年12月にデビューしたクロスオーバーSUV。ハリアーとしては3代目にあたる。水平基調ののびやかなラインで構成されたボディや高級感のある内外装、優れた静粛性を実現した上質な乗り心地などが特徴で、新車価格は272万~469万円。初代ハリアーは1997年12月に、「WILD but FORMAL」のキャッチコピーとともに登場。高級クロスオーバーSUVの先駆け的存在となった。編集長よりコメントイヤーカーとなった「ハリアー」。流通量も増え中古車相場にも「旨み」がでてきたのが直接要因

2015年5月20日オリコンフィードバック数:0大型消費/投資

運転中の“ヒヤリ・ハット”を未然に防ぐ!知っているようで知らない、自動車「自動ブレーキ機能」の進化

スタッフ募集中! 5月20日は何の日だかご存じだろうか。じつは「交通事故死ゼロを目指す日」であり、同時に今年の春の全国交通安全運動の最終日でもある。だが、それでも連日のように流れるのが、いたましい交通事故の報道。もちろん飲酒運転などもってのほかだが、いくら安全運転を心掛けていても、ニュースの当事者になってしまう可能性は誰にだってある。 実際、運転中にヒヤリとしたり、ハッとしたりした経験を持つドライバーも少なくないはず。ORICON STYLEが1000人のドライバーにアンケート調査を行ったところ

2015年5月8日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

国交省による自動車の評価です。

平成26年度自動車アセスメント

平成26年度自動車アセスメントの結果を公表します!  国土交通省では、(独)自動車事故対策機構の協力のもと、自動車等の安全性能評価を公表し、自動車ユーザーが安全性の高い自動車やチャイルドシートを選択しやすい環境を整備するとともに、メーカーに対して、より安全な製品の開発を促すことによって、安全な自動車等の普及促進を図る自動車アセスメント事業を実施しています。今般、平成26年度に試験を実施した車種・製品の安全性能総合評価の結果がまとまりましたので公表いたします。 評価の結果については、自動車アセ

2014年8月17日アイティメディア★フィードバック数:0大型消費/投資

車のペルソナです。

「レガシィな男性」VS「ゴルフな男性」-データから見るペルソナ図鑑(39)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。「レガシィな男性」VS「ゴルフな男性」-データから見るペルソナ図鑑(39)-「レガシィな男性」VS「ゴルフな男性」-データから見るペルソナ図鑑(39)-株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。Mac大好き。 当ブログ

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 自動車メーカーのイメージ(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[18811]自動車メーカーのブランドイメージ(第3回) いずれのイメージも「トヨタ」が単独トップ。これに「ホンダ」「日産」を加えた3社が、いずれのイメージにおいてもトップ3を占めている。またトップ3に続いては「富士重工業(スバル)」が4位につけている。最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位 『信頼性・安心感がある』『品質・技術が優れている』と思う自動車メーカーでは、「トヨタ」が7割にのぼり、他を引き離す 『将来性を感じる』では「富士

2012年7月20日カービューフィードバック数:3大型消費/投資

カービュー マーケットウォッチ(2012年7月)

2012 年 7 月 20 日News Release株式会社カービューカービュー マーケットウォッチ(2012年7月)マーケットウォッチ(自動車総合サイト「carview.co.jp」を運営する株式会社カービュー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子 昭一)は、社団法人 日本自動車販売協会連合会が公表する「月間登録台数ランキング」をもとに、日本国内における自動車マーケットの動きを独自分析する。乗用車全体は9%増乗用車全体は9カ月連続で前年を上回り、上半期56.6%増カ月連続で前年を上回り、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ