調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スペインイタリア

「スペインイタリア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

経済のグローバル化とユーロ圏の景気対策~需要の弱さに着目した対策の重要性~

情勢判断海外経済金融経 済 のグローバル化 とユーロ圏 の景 気 対 策~需 要 の弱 さに着 目 した対 策 の重 要 性 ~山口 勝義要旨ユーロ圏ではディスインフレが進行しており、経済の供給面よりも需要面に着目した景気対策が求められている。また、今後の経済・金融情勢を判断するうえでは、経済のグローバル化の進行に伴う影響等にも目を配る必要性が高まっているように考えられる。はじめに図表1 経常収支(対GDP比)低下(ディスインフレ)が進行している。( %)これについては、例えば国際通貨基金(IM

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

社会構造の変化とユーロ圏のマクロ経済~力強さに乏しい中長期的な経済成長力~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融社 会 構 造 の変 化 とユーロ圏 のマクロ経 済∼力 強 さに乏 しい中 長 期 的 な経 済 成 長 力 ∼山口 勝義要旨ユーロ圏では生産年齢人口の減少等の社会構造の変化が現れており、これらが経済成長に及ぼす負の影響が懸念される。しかしながら、それを緩和する生産性の改善は十分ではなく、今後中長期的に経済成長力は力強さに乏しい状況にとどまる可能性が考えられる。はじめに図表1 所得の格差(最高所得層20%/最低所得層20%)

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(西欧経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)11 月 29 日~脆弱ながらも持ち直し、今後の成長ペースは緩慢に~1.総論(1)景気の現状2 期連続のプラス成長も、前期から減速個人消費の持ち直しにマインドの改善が寄与欧州経済は持ち直しつつあるが、そのペースは鈍い。ユーロ圏第 3 四半期の実質 GDP 成長率は前期比+0.1%と、2 期連続のプラス成長を確保したが、前期の同+0.3%からは失速した(第 1 図)。国別にみると、ドイツが同+0.3%と減速した一方で、イタリアは同▲0.1%とマイナス幅が縮小。また、ス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ