調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマートハウス

「スマートハウス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年12月11日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

2015年 注文住宅動向・トレンド調査

2015年 注文住宅動向・トレンド調査2015年12月 8日 株式会社リクルート住まいカンパニー 全国の注文住宅建築者のうち、建築費用における3,000万円以上の割合は41.0%と前年より上昇。平均建築費は2,943万円と、対前年で138万円上昇している。株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)は、注文住宅の建築者・検討者を対象に調査を実施しました。2015年の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。※ページ数表記は、下記PDF版プレスリリースのペ

2014年7月30日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

マイボイスコム スマートハウス

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスマートハウス関連機器所有状況は2割弱。「家庭用ヒートポンプ式給湯器(エコキュート)」が8.6%、「住宅用太陽光発電システム」が5.5% スマートハウスについて「内容まで詳しく知っている」が4.0%、「聞いたことがある程度」が56.2%、認知率は6割強。関心がある人は全体の約4分の1。スマートハウス購入意向者は2割、非購入意向者は3割強 スマートハウスの魅力は「省エネ」「光熱費が抑えられる」「無駄な電力消費が抑えられる」など。不安・不満は「

2014年7月29日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマートハウス・ZEH関連主要設備機器市場に関する調査結果2014

2014年07月29日 スマートハウス・ZEH関連主要設備機器市場に関する調査結果 2014 ~設備機器は、電力小売の自由化以降に本格的な市場拡大へ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のスマートハウス・ZEH関連主要設備機器市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年2月~6月2.調査対象:スマートハウス・ZEH関連設備機器メーカー、ハウスメーカー、関連業界団体3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用<スマートハウス・ZEH関連主要設備機器とは>本調査に

2014年7月4日インターネットコムフィードバック数:0大型消費/投資

スマートハウスに「将来住みたい」人、「選択肢に入ってくる」人は全体の11.1%

スマートハウスに「将来住みたい」人、「選択肢に入ってくる」人は全体の11.1% 太陽光発電にエネルギーの流れを可視化する装置や蓄電池などを組み合わせ、平常時には省エネのほかに、非常時には電力も確保できるスマートハウス。今回、インターネットコムと NTT コムは「スマートハウス」に関する調査を行った。 太陽光発電にエネルギーの流れを可視化する装置や蓄電池などを組み合わせ、平常時の省エネのほかに、非常時には電力も確保できるスマートハウス。住宅メーカー大手各社も開発を進めているが、どれほどのユーザ

2013年8月28日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

マイボイスコム 今夏の節電・暑さ対策(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ今年の夏、節電を意識している人は6割弱で、2011年・2012年調査時より減少傾向。今夏節電・暑さ対策のために購入した家電製品がある人は3割弱で、2012年調査より減少 今年夏に家で行っている節電対策は「エアコンの使用時間・設定温度などを工夫」「エアコンをなるべく使わない」「照明をなるべく使わない」「日差しを遮る工夫」の順で多い。2011年調査に比べ全体的に比率が低下し、「エアコンをなるべく使わない」「家電製品を使わないときは本体の主電源を

2013年3月23日日本政策投資銀行★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

関西を中心とした蓄電池産業についてのレポートです。

蓄電池産業の現状と発展に向けた考察

2013年3月株式会社日本政策投資銀行関西支店(関西バッテリーレポートシリーズ)蓄電池産業の現状と発展に向けた考察スマートハウス・スマートコミュニティを始めとした新規アプリケーションの確立が関西の蓄電池産業を活性化させる<要旨>1.日本政策投資銀行関西支店は、関西バッテリーレポートシリーズの発行を通じ、関西バッテリーベイの厳しい現状と今後の展望について分析を行ってきた。本レポートはリチウムイオン電池を含む蓄電池産業とそのアプリケーションを包括的に分析し、今後の成長可能性や日本・関西の取るべき方向

2012年12月20日博報堂★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

スマートグリッド関連の商品について消費者調査です。

第3回スマートグリッドに関する生活者調査

NEWS第3回「スマートグリッドに関する生活者調査」 2012年12月20日スマートハウスの認知率、前年1.7 倍の68.2%に。2012年12月20日●昨年10 月の認知率39.7%から28.5 ポイント増加。「スマートグリッド」は横ばい。 ●太陽光発電システムの導入者は4.56%。少しずつ右肩上がりに導入。博報堂スマートグリッドビジネス推進室では、2012 年8 月と10 月に第3回「スマートグリッドに関する生活者調査」を実施いたしました。今回の調査は、スクリーニング調査と詳細調査の2回を行

2012年5月29日矢野経済研究所フィードバック数:10製造業/エレクトロニクス

スマートハウス関連主要設備機器に関する調査結果

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ