調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマートフォン利用

「スマートフォン利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月26日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

女性のスマートフォン利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォンで定期的に使うアプリ・サイト上位は女子高生「LINE」「Twitter」「音楽再生アプリ」、女子大生「LINE」「Twitter」「Instagram」、独身女性「LINE」「Facebook」「Twitter」、既婚女性「LINE」「ゲームアプリ」「ショッピングサイト」 スマートフォンで定期的に使うアプリ・サイト上位は女子

2017年1月3日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

4歳~12歳のスマートフォン利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 子どもが母親のスマートフォンで利用しているアプリジャンルは「動画」、うちYouTubeが98.9% 子どもが母親のスマートフォンで利用しているアプリジャンルは「動画」、うちYouTubeが98.9% MMD研究所は4歳~12歳の子を持つ20歳~49歳のスマートフォンを所有する女性1,061人(子どもには携帯電話・スマートフォンを持たせてい

2016年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)

10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)』10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増動画広告からのアプリDL経験は、インスタが3割、YouTubeは1割強調査結果サマリー10代の3割が「テレビ視聴アプリ」を利用し、1年間で利用率が倍増スマートフォンを使用している人のうち、「テレビ視聴アプリ」を現在利用している人は18.6%で、2015年11月度調査時の11.4%から増加していました。また、年代

2016年9月25日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

高校生のスマートフォン利用実態調査/高校生のスマートフォンホーム画面分析調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 高校生のスマートフォン所有率は93.0%、2014年より13.5ポイントアップ 高校生のスマートフォン所有率は93.0%、2014年より13.5ポイントアップ MMD研究所は、インテル セキュリティと共同で、2016年8月26日~8月31日に、高校生921人を対象に「高校生のスマートフォン利用実態調査」を実施いたしました。また、高校生の所

2016年6月28日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年シニアのスマートフォン利用に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > シニアが利用しているSNS上位は「Facebook、Twitter」、利用状況Facebookは「近況投稿」Twitterは「閲覧のみ」が最多 シニアが利用しているSNS上位は「Facebook、Twitter」、利用状況Facebookは「近況投稿」Twitterは「閲覧のみ」が最多 MMD研究所は、60~79歳の男女884人を対象に「

2016年6月27日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンの新しい料金プランに関する実態調査

格安SIMに興味を持たない理由1位は、「やはり大手キャリアを信頼」 スマートフォンの新しい料金プランに関する実態調査格安SIMに興味を持たない理由1位は、「やはり大手キャリアを信頼」新「低価格プラン」に、7割以上が「自分には意味がない」調査結果サマリー格安SIMに興味を持たない理由1位は、「やはり大手キャリアを信頼」格安SIMに興味を持たないと答えた人にその理由を聞いたところ、「大手キャリアの方がなんとなく信頼性がある」と回答した人が最も多く(46.6%)、次いで格安SIMでは「通信速度や通話品

2016年5月30日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

「iOS」と「Android」、アプリでのショッピングが多いのはどっち?

「iOS」と「Android」、アプリでのショッピングが多いのはどっち? アプリの位置情報が「すべてオフ」のAndroidユーザーは、iOSの約2倍「iOS」と「Android」、アプリでのショッピングが多いのはどっち?ストアから音楽をダウンロードするAndroidユーザーは、iOSの3分の1調査結果サマリーiOSユーザーは、Androidユーザーよりも「アプリ」でショッピングをするスマートフォンでネットショッピングする人のうち、「Webで買う場合が多い」人は44.1%、「アプリで買う場合が多い

2016年5月10日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】

スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】 約半数が「スマホを使うようになって、テレビの視聴時間が減った」スマートフォンは私たちの生活をどう変えたのか?【2016年版 前編】スマホ利用前と比べ、3割以上が「紙のチケットを利用しなくなった」調査結果サマリー約半数が、スマートフォンを利用するようになって「テレビの視聴時間が減った」スマートフォンを利用するようになる前と比べて、視聴時間が減ったメディアは「パソコン」と回答する人が最も多く(52.3%)、次いで「雑誌」(50.6

2016年5月10日MM総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SIMフリースマートフォンの購入実態・満足度調査(2015年12月)

SIMフリースマートフォンの購入実態・満足度調査(2015年12月) 2016年04月26日■SIMフリースマートフォンに挿入するSIMカードはMVNO 54.0%、大手キャリア SIM 38.9% ■SIMフリースマートフォンの平均購入価格は32,418円 ■SIMフリースマートフォンの総合満足度は61.1%。他人への推奨度は52.3% ■SIMフリースマートフォン出荷台数比率5%から今後は更なる拡大が予測される  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は4月26日、SIMロックフリースマ

2016年4月7日MMDLaboフィードバック数:0社会/政治

乳幼児のスマートフォン利用実態に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 乳幼児(0~6歳児)のスマートフォン利用の実態「子どもひとりで使用」が約半数 乳幼児(0~6歳児)のスマートフォン利用の実態「子どもひとりで使用」が約半数 MMD研究所はインテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、代表取締役社長:ジャン・クロード・ブロイド)と共同で、2016年3月10日~3月12日に、0~6歳(未就学児

2016年3月31日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】

2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍にスマホ利用後、最も接触頻度が変わったのは「雑誌」。4割以上が「減った」調査結果サマリー2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に「フリマアプリ」の利用率は2014年から2015年にかけて大幅に伸びました。特に20代女性の利用増が顕著

2016年1月25日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

カップル専用SNS利用実態調査

従来のSNSの利用時間を奪う!カップル専用SNS利用実態調査 カップル専用SNS利用率は、スマホユーザーの2割従来のSNSの利用時間を奪う!カップル専用SNS利用実態調査交際開始直後は9割が毎日起動するが、半年後は4割に調査結果サマリーカップル専用SNS利用率はスマホユーザーの2割。10代では3割事前のスクリーニング調査で、「現在、恋人がいる」と答えたスマートフォンユーザーにカップル専用SNSを利用しているかを聞いたところ、18.1%が利用中と回答しました。性別・年代別で見ると特に10代の利用が

2015年12月21日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

クリスマスの情報収集に関する調査

スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか? 20代女性の4人に1人は、思い出を「Instagram」に投稿スマホは若者の「クリスマス」をどう変えたのか?3割近くがクリスマス時期になると、SNS投稿をより意識する調査結果サマリー20代女性の4人に1人は、クリスマスの思い出を「Instagram」に投稿パーティやイベント、デートなどクリスマスの思い出を投稿するSNSとして「Twitter」を挙げる人が最も多く(33.0%)、次いで「Facebook」(23.3%)、「LINEのタイムライン」(2

2015年10月2日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)

スマホでよく使う機能をひとつに集約するなら、2位「LINE」、3位「楽天市場」で、1位は? モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)スマホでよく使う機能をひとつに集約するなら、2位「LINE」、3位「楽天市場」で、1位は?3人に1人が、「個人情報の登録を求めたスマホアプリは削除」調査結果サマリースマートフォンでよく使う機能を集約するなら、1位「Yahoo!」、2位「LINE」、3位「楽天市場」スマートフォンでよく使うニュースやショッピングなどの機能をひとつのアプリに「集約した

2015年6月29日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年シニア世代の携帯電話端末に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > シニア世代のスマートフォン所有率は27.8% MMD研究所は、60歳以上の男女4,406人を対象に「2015年シニア世代の携帯電話端末に関する調査」を実施致しました。尚、今回はシニア世代の携帯電話の利用動向の詳細を追うため、大規模な調査を実施いたしました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ シニア世代のスマートフォン所有率は27.8%

2015年5月28日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

スマートフォンカメラに関する実態調査

スマホカメラの写真共有は、10代は「LINE」、50代は「Eメール」 カメラもスマホシフト?スマートフォンカメラに関する実態調査スマホカメラの写真共有は、10代は「LINE」、50代は「Eメール」自撮り棒所有者の4割以上は、「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯」調査結果サマリー自撮り棒所有者の4割以上は「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯」スマートフォンのカメラ機能を利用する人のうち、自撮り棒を所有しているのは7.1%でした。自撮り棒所有者の44.4%が「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯している」と回答しました※1。※1

2015年5月15日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 営業パーソンの名刺管理満足度、デジタル管理の人は6割、アナログ管理は3割が満足と回答 営業パーソンの名刺管理満足度、デジタル管理の人は6割、アナログ管理は3割が満足と回答 MMDLabo株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:吉本浩司)とキングソフト株式会社(東京都港区、取締役社長:馮達)は共同で「営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に

2015年5月13日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

スマホ依存に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 「スマホ依存」の自覚は8割、特に20代の4割が「かなり依存している」と回答 「スマホ依存」の自覚は8割、特に20代の4割が「かなり依存している」と回答 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女562人を対象に「スマホ依存に関する調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 「スマホ依存」の自覚は8割、

2015年4月26日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

動画インフォグラフィックです。

【動画】スマートフォンとライフスタイルの変化

~ ヤフー発のデジタルマーケティング情報をお届けします ~ 【動画】スマートフォンとライフスタイルの変化 2015年04月21日日本初のポータブル電話機の登場から30年。時代の流れは携帯電話からスマートフォンへと移り変わりつつあります。スマートフォンを手にし、人々のライフスタイルはどう変化したのでしょうか。愛の告白や待ち合わせに使われるスマートフォンの現状から、スマートフォンユーザーのYahoo! JAPAN利用状況まで、縦画面に最適化された動画で紹介します。ぜひスマートフォンからご覧ください

ペットとスマホです。

ペットオーナーのスマートフォン利用実態調査

ペットオーナーのスマートフォン利用実態調査

『スマートフォンの利用』に関する意識実態調査

新生活シーズンはスマホ代見直しのタイミング!?年間節約金額で、高級レストランも夢じゃない!!スマホユーザーの9割が「今のスマホ代は高い」の嘆き 格安スマホ「mineo」をスマホユーザー7割が支持! 2015年3月16日株式会社ケイ・オプティコム「データ通信」・「音声通話」・「スマホ端末」の中から必要な機能を自由に選んでいただける携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」を提供する株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)では、新生活シーズン

2015年3月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年2月度)

テレビ視聴しながらの「ながらスマホ」を、4割以上が習慣に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年2月度)テレビ視聴しながらの「ながらスマホ」を、4割以上が習慣に3人に2人が、Webで調べて店舗で買う“Webルーミング”で、買い物が「より楽しくなる」調査結果サマリーテレビ視聴しながらの「ながらスマホ」を、4割以上が習慣にテレビを視聴しながらスマートフォンでSNSなどの別のコンテンツを視聴する「ながらスマホ」を「頻繁にする」人は14.5%、「ときどきする」人は28.1%でした。4割以上

2015年1月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2014年12月度)

2014年、自身の行動や考え方に最も影響を与えたメディアは、10代の半数以上が「スマートフォン」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2014年12月度)2014年、自身の行動や考え方に最も影響を与えたメディアは、10代の半数以上が「スマートフォン」20代の13.4%が、2015年はフリマアプリに関心あり調査結果サマリー2014年、自身の行動や考え方に最も影響を与えたメディアは、10代の5割以上が「スマートフォン」2014年に各メディアが自身の行動や考え方に影響を与えた度合いを聞いたとこ

2014年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート

スマートフォンは私たちから、どのような時間を奪ったのか?スマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識スマートフォンは私たちから、どのような時間を奪ったのか?約3割がスマートフォン利用前と比べ、「パソコンの利用時間が減った」株式会社ジャストシステムは、2014年12月9日(火)~12月10日(水)まで、「スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート」を実施いたしました。詳細をまとめた全64ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。調査概要実施期間:

2014年12月11日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年11月度)

10代女性の平均的な1日あたりのPC利用時間は約95分、スマートフォンは約200分 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年11月度)10代女性の平均的な1日あたりのPC利用時間は約95分、スマートフォンは約200分スマートフォンでのインターネット検索は、4割以上が「キーワード候補」から選ぶ調査結果サマリー10代女性の平均的な1日あたりのPC利用時間は約95分、スマートフォンは約200分1日の平均的なスマートフォン利用時間は122.6分であることが分かりました。特に多いのは10代女性

2014年12月11日カスペルスキー★フィードバック数:0モバイル

小さな子どものスマホ利用です。

未就学児のスマートフォン利用調査

~ 32.5%の幼児が親同様の1日30分以上のスマホ利用習慣を持つ ~【本プレスリリースは、NPO 法人 e-Lunch、株式会社カスペルスキー、株式会社サンロフトの共同ニュースリリースです。重複して配信される場合がありますのでご了承ください】母親目線で教育現場でのネット利用安全教育を実施している NPO 法人 e-Lunch(以下、イーランチ)は、1歳から6歳の幼児の保護者1,158人を対象に「幼児のスマートフォン・タブレット利用調査」(期間:2014年9月10日から9月30日)を実施しました

スマホ・タブレット向けサービスの市場展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマホ・タブレット向けサービスの市場展望 2020年までのスマホ・タブレット向けサービスの市場は、• スマートフォン市場の分化廉価版スマートフォン(*)が加入契約数で3,500万台、スマートフォン加入契約数全体の30%を占める• 注目サービス、伸長するサービスは、「廉価版スマートフォン」 「アプリストア」 「SNS系サービス」 「動画利用」「複数台利用」 「決済」 「Wi-Fi利用」 「アクセサリー」 など (*) 廉価版スマートフォン現行6万〜8

2014年12月7日Yahoo!★フィードバック数:0モバイル

スマホ利用についての調査です。

スマートフォン利用動向調査2014(地域別)

【業界情報】スマートフォン利用動向調査2014(地域別)地域別にみる、スマートフォン利用動向2014更新日:2014.12.02 いつでもどこでも利用できるのが魅力のスマートフォン。住んでいる場所によって利用傾向に違いがあるか、気になりませんか?今回、デバイスの利用状況について行った調査のうち「スマートフォン」に関する調査結果を抜粋し、地域別に考察してみました。スマートフォン特有の使い方ともいえる「ながら利用」についての回答をみると、ある地域の「ながら利用」率がとりわけ高い傾向が明らかとなりまし

2014年12月4日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

ICTの各分野ごとの状況です。

2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2014年11月18日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

2014年ネットショッピングに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォンでのネットショッピング利用経験、2年前と比べ8.3ポイント増 スマートフォンでのネットショッピング利用経験、2年前と比べ8.3ポイント増 MMD研究所は、スマートフォンを所有する20歳以上の男女565人を対象に「2014年ネットショッピングに関する利用実態調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ ネット

情報通信白書についての記事です。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む

現代のICTは生活や仕事をどう変えるのか 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、後編ではますます社会や生活に浸透するICTの現在について取り扱う。スマートフォンやタブレットの現状 スマートフォン、タブレットなどが普及して久しいが、これらはライフスタイルやワークスタイルをどう変えているのだろうか。国内ではスマートフォンの普及率は平成25年末で62.6%、タブレットは21.9%と伸びている。また、ソーシャルメディアもLINEが幅広い年代でのユーザーを獲得してい

2014年10月6日ジェーディーエス★フィードバック数:0マーケティング

用途ごとの使用デバイスです。

インターネット接続のスマートフォン利用に40歳の壁 20代はスマートフォンでパソコンを代用するが、40代以上はパソコン派が優勢

インターネット接続のスマートフォン利用に40歳の壁 20代はスマートフォンでパソコンを代用するが、40代以上はパソコン派が優勢

2014年10月1日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

アプリの利用時間を分析しています。

スマホ利用は27個のアプリで利用時間の72%を占める~ニールセン スマホアプリ利用状況を発表~

2014/10/01 [データ] スマホ利用は27個のアプリで利用時間の72%を占める~ニールセン スマホアプリ利用状況を発表~アプリはスマホの利用時間の72%を占め、WEBブラウザの2.5倍月に1回以上利用するアプリは27個、10回以上利用するアプリは9個- アプリはスマホの利用時間の72%を占め、WEBブラウザの2.5倍- 月に1回以上利用するアプリは27個、10回以上利用するアプリは9個視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智清

2014年9月10日価格.com★★★フィードバック数:0モバイル

カカクコムがスマホについての調査結果を公表しました。

スマートフォン利用状況調査

価格.comリサーチ第80回のテーマは、「スマートフォン」!ユーザーの使用機種やアプリから、話題の「iPhone 6※」や低価格SIMカードについてまで、幅広くお聞きしました。3年前の調査と比べて変化はあったのか?気になる結果を要チェック! (※2014年8月12日〜18日に行ったアンケートでは、「次期iPhone」「新型iPhone」という名称を用いて調査を実施) 所有率:「スマートフォンを所有している」62.6%、前回調査(2011年8月)から20.7ポイント上昇。若年層では7割超、60歳以

2014年8月31日Yahoo!★★★フィードバック数:0マーケティング

世代別の比較です。

年代による違いに注目!インターネットの利用目的

【業界情報】最新スマートフォン利用実態調査年代による違いに注目!インターネットの利用目的更新日:2014.08.26 スマートフォンの所有率はうなぎのぼり。これに伴い、スマートフォンでのインターネット利用率も増加傾向です。ここで気になるのが、スマートフォンでのインターネット利用目的。これを年代別にひも解いてみると、10代と20代以上の年代で異なる傾向がみられました。これからの時代を担う世代のスマートフォン活用実態とは?学んだ内容を広告運用に生かしましょうスタッフが操作を無料でご案内します。 お気

2014年8月29日日経BPフィードバック数:0モバイル

携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2014

スマートフォンの国内普及率は36.9% スマホ満足度はソフトバンクが4年連続1位、携帯電話を含めるとKDDI(au)が8年連続1位に! ~「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2014」より~2014年08月29日日経BPコンサルティング(東京都港区、戸田雅博社長)はこのほど、「携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2014」の調査結果をまとめた。この調査は、2000年から実施しており今年で20回目。今回は携帯電話とスマートフォンの利用状況、携帯電話・スマートフォンの満足度など13

2014年8月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年7月度)

LINEユーザの半数近くが、スタンプ欲しさから、企業と「友達」に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年7月度)LINEユーザの半数近くが、スタンプ欲しさから、企業と「友達」に話題の「YouTuber」の認知率は4割以上。10~20代男性は7割が認知調査結果サマリー話題の「YouTuber」の認知率は4割以上。10~20代男性は7割が認知YouTubeに動画を数多くアップし、なかには広告収入を得ている人もいる「YouTuber(ユーチューバ―)」について、「存在を知っており、その動

2014年8月10日Yahoo!フィードバック数:0マーケティング

お盆休み中の「夏関連キーワード検索」はスマートフォンで伸びる!

【スタッフブログ】まだ間に合う! 夏休み対策は「スマートフォン」が欠かせないお盆休み中の「夏関連キーワード検索」はスマートフォンで伸びる!更新日:2016.03.15 梅雨が明けた途端に厳しい暑さとなり、まさに夏真っ盛り。間近に迫るお盆休みに向けて、Yahoo!プロモーション広告の対策は万全ですか?昨年のお盆期間中の検索傾向を参考に、この夏、他社と差をつけるYahoo!プロモーション広告の夏休み対策をご案内します。お盆期間中は「スマートフォン」の検索数が平日よりも増加!検索数の増加割合では「パソ

2014年6月10日アイティメディア★フィードバック数:0ビジネス

キーマンズがスマートフォンについての調査結果を公開しました。

業務用スマートフォンの導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年3月12日〜2014年3月19日にかけて「業務用スマートフォンの導入状況(2014年)」に関するアンケートを実施した(有効回答数:439)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の40.1%、一般部門が51.5%、ベンダ・SIerが8.4%という構成比であった。今回お聞きしたのは、導入・検討している業務用スマートフォンの「導入状況」「BYODの認可状況」「セキュリティ対策状況」「満足度」「導入しない理由」など、業務用スマートフォンの導入状況を把握するための質問。

5割強のスマホ所有率はキャリアの新料金プランで変わるか?―定期調査「新スマホへの移行」(1)

5割強のスマホ所有率はキャリアの新料金プランで変わるか?―定期調査「新スマホへの移行」(1) このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「スマホへの移行」について調査した第1回である。 このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「スマホへの移行」について調査した第1回である。調査

2014年4月16日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

ママのスマホ利用です。

ママのスマートフォン利用実態調査

ママのスマートフォン利用実態調査

2014年3月12日インタースペースフィードバック数:0モバイル

子どものスマートフォン利用調査

株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122)は、当社が運営するママ向けコミュニティサイト『ママスタジアム』(URL: )にて、「子どものスマートフォン利用※」を調査するアンケート企画を実施しました。 ※タブレット利用を含むこの数年で急速に普及が進んだスマートフォンと小さな子ども達がどのように接触しているかについて、子どもを持つママ達に回答してもらい、利用実態を明らかにすることを狙いました。【調査結果】 ■1歳児の74%、2歳児の85%がスマー

2014年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム スマートフォン(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスマートフォン所有率は46.4%で2013年2月調査時より約11ポイント増。男性10・20代は7割弱、女性10・20代は8割。「持っていた携帯電話と同じ携帯電話会社のスマートフォンに機種変更」はスマートフォン所有者の6割強で、NTTドコモ所有者で多い。「前の携帯電話を解約し違う携帯電話会社のスマートフォンに買い替え」は15.2%でiPhone所有者で多い スマートフォンで利用している機能・サービスは「通話」「携帯電話のメールアドレスでのメー

2014年1月15日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

スマートフォンのスケジュールアプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スケジュールを「スマートフォン」で管理している人が50.2% スケジュールを「スマートフォン」で管理している人が50.2% MMD研究所は、2013年12月18日~12月21日にかけて、スマートフォンを所有している20歳以上の男女560人を対象に「スマートフォンのスケジュールアプリに関する利用実態調査」を実施致しました。【 調査結果サマリ

2013年12月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度) 1日の平均プレイ時間No.1のスマホゲームは「魔法使いと黒猫のウィズ」モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度)クリスマスプレゼントをスマホで購入予定の人は、20代女性でも2割に届かず調査結果サマリー1日の平均プレイ時間No.1のスマホゲームは「魔法使いと黒猫のウィズ」クリスマスプレゼントをスマホで購入予定の人は、20代女性でも2割に届かず来年の年賀状、10代の2割は「LINEで連絡」iPhone利用率、2012

2013年11月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度) 10 代は1 日平均80 分間以上「SNS アプリ」を利用するモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。調査結果サマリー10代は1日平均80分間以上「SNSアプリ」を利用する10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。App Storeの値上げで、半数近くが既に利用中のアプリ課金にも消極的iPhoneユーザ

2013年10月15日SURVEY MYフィードバック数:0モバイル海外

中国・インドネシア スマートフォンユーザー調査 2011. 11

2011年11月:[自主調査企画]中国とインドネシアのスマートフォンユーザーに対して、利用意識についての調査を実施しました。調査概要は以下の通りです。・調査対象:該当国に居住している18歳以上のスマートフォンユーザー・調査手法:インターネット調査・回収サンプル数 :285サンプル(中国149サンプル、インドネシア136サンプル)・調査期間:2011年9月26-28日・調査実施主体:合同会社サーベイマイ詳細は、下記のPDFレポートをご覧下さい。自主調査~中国とインドネシア:スマートフォン利用意識

2013年10月10日リビジェンフィードバック数:0マーケティング

「インターネットショッピング」についての調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】「スマホでインターネットショッピングをしている」 約5割が回答スマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、セルフ型スマホリサーチ「Smart Survey(スマートサーベイ)」を利用して、全国の10代〜30代のうち、ここ1年間でインターネットを利用して買い物をした男女582人に「インターネットショッピング」についての調査を実施しました。詳細をまとめた全10

2013年10月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年9月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年9月度) スマートフォンで最も長い時間を費やすのは「目的のない暇つぶし」モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年9月度)「ネットショッピング」「コンテンツ視聴」はスマートフォンより“タブレット”調査結果サマリースマートフォン利用時間の中で、最も長く費やすのは「目的のない暇つぶし」「ネットショッピング」「コンテンツ視聴」は、スマートフォンより“タブレット”10代女性の半数以上は、テレビを観ながら「Twitter」や「LINE」をする2

2013年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム スマートフォン(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスマートフォン所有率は42.1%で2013年2月調査時より約7ポイント増。10代では8割強、20代は7割弱、50代以上は3割弱。「以前持っていた携帯電話と同じ携帯電話会社のスマートフォンに機種変更した」はスマートフォン所有者の6割強で、NTTドコモのスマートフォン所有者で多い。「前の携帯電話を解約し、違う携帯電話会社のスマートフォンに買い替えた」は15.2%でiPhone所有者で多い スマートフォンで利用している機能・サービスは「通話」「携

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ