調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマートフォン市場

「スマートフォン市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2017年11月8日GfKフィードバック数:0モバイル

2017年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向

「GfK調べ:2017年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・平均価格は、四半期で過去最高の上昇 ・中南米、中央・東ヨーロッパがグローバルの市場成長をけん引 2017年第3半期(7-9月)におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比3%増の3億6700万台。成長は緩やかになったものの、第3四半期としては過去最高の販売台数となった。中南米が台数前年比11%増、中央・東ヨーロッパが同9%増と成長をけん引した。スマートフォンの平均販売価格は上昇を続け、グローバルでは

2017年5月30日BCN RETAILフィードバック数:0モバイル

規制強化でスマートフォン市場は鈍化、ただしSIMフリーは4分の1に拡大

3キャリアの契約者数の伸びは緩やかに鈍化。また、家電量販店でも「0円販売」禁止の規制強化により売り上げが伸び悩み、前年割れとなる量販店も多い ――。家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」でスマートフォン市場の動きをみると、キャリア主導であった市場は様変りし、SIMフリー端末が4分の1を占めるまでに成長していることが分かった。消費増税により落ち込んだ2014年4月のスマートフォンの販売台数を「1.00」として台数指数を算出したところ、16年1月までは回復傾向をみせてい

2017年5月28日MM総研フィードバック数:0モバイル

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況SIMフリー拡大でスマートフォンは年間初の3,000万超出荷 2017年05月18日■ 2016年度通期の総出荷台数は前年度比0.3%減の3,648.6万台で5年連続減少■ スマートフォン出荷台数は前年度比3.3%増の3,013.6万台で、過去最高■ SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比63.5%増の281.6万台■ フィーチャーフォン出荷台数は前年度比14.4%減の635万台で、過去最低を更新■ 2017年度の総出荷台数は3,650万台、スマート

2017年2月19日MM総研フィードバック数:0モバイル

16年国内携帯電話端末出荷概況

2016年国内携帯電話端末出荷概況SIMフリースマートフォン好調でスマホ出荷は過去2番目 2017年02月09日■ 2016年1-12月期の総出荷台数は前年比3.0%減の3,606.1万台■ スマートフォン出荷台数は前年比1.5%増の2,942.1万台で過去2番目の記録■ Appleが前年比7.3%増の1,591万台(シェア44.1%)で5年連続1位と好調■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比18.9%減の664万台で過去最低を更新  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2016年暦年(

2016年5月17日MM総研フィードバック数:0モバイル

2015年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2016年05月12日■2015年度通期の総出荷台数は前年度比5.6%減の3,658.5万台で4年連続減少 ■スマートフォン出荷台数は前年度比2.9%増の2,916.5万台 ■SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比2倍の170.5万台 ■フィーチャーフォン出荷台数は前年度比28.7%減の742万台 ■2016年度の総出荷台数は3,420万台、スマートフォン出荷台数2,770万台と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2015年度通期(2015年4月~2016年3月)の国内携帯

TMT業界のグローバルトレンド2016 TMT Predictions 2016

『TMT Predictions 2016』では、2016年のテクノロジー・メディア・通信業界において予見されるトレンドを取り上げています。今年はグラフェンやコグニティブ(認知)技術、バーチャルリアリティ(仮想現実)、VoLTE/VoWiFiなど合計17のトピックスについての分析や市場予測を行っています。 TMT業界のグローバルトレンド2016『TMT Predictions 2016』では、2016年のテクノロジー・メディア・通信業界トレンドとして合計17のトピックスについて、予見される

2015年10月13日日経BP★フィードバック数:0モバイル

一人勝ちのiPhone、企業が選ぶ「最適な携帯キャリア」を調査した

一人勝ちのiPhone、企業が選ぶ「最適な携帯キャリア」を調査した 記者の眼 一人勝ちのiPhone、企業が選ぶ「最適な携帯キャリア」を調査した  2014年9月に「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発売して以降、スマートフォン市場で米アップルがかつての勢いを取り戻している。2015年9月25日に発売された後継機種の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」も、発売直後の週末3日で過去最高の1300万台を出荷する好調な滑り出しだ(写真1)。 特に日本市場ではiPhon

2015年7月6日IDC★フィードバック数:0モバイル

2015年第1四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場実績値

2015年第1四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場実績値を発表 携帯電話出荷台数は前年同期比0.4%増、917万台 スマートフォンは携帯電話の76.0%を占め、同比7.0%増の697万台 スマートフォンの中でファブレットは、9.9%を占める IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2015年第1四半期(1~3

2014年10月2日MM総研フィードバック数:0モバイル

中古端末市場の推移・予測(2014年10月)

2014年10月02日■2013年度の中古携帯電話市場(FP・SP)は141万台 ■タブレットを含めた2013年度中古端末市場は179万台 ■2018年度の中古携帯電話市場は326万台。中古端末市場は465万台と予測 ■2013年度のSIMロック解除端末は30万台 ■キャリアの下取り施策がマイナス影響、MVNOがプラスの影響に  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)はユーザー調査と中古端末販売事業者の取り組み動向に関するヒアリングおよび独自に分析する端末出荷台数・契約数を基にした、中古携帯電

2014年8月20日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン」における携帯ショップに関する共同調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > MMD研究所、OKWave総合研究所との共同調査を開始 MMD研究所、OKWave総合研究所との共同調査を開始 MMDLabo株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:吉本 浩司)が運営するスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を公開する「MMD研究所」()は、株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都渋谷区、代表取締

2013年1月23日アイティメディアフィードバック数:29マーケティング

日本のスマートフォン市場を眺めてみた。-消費者データから見るブランドポジション(2)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。日本のスマートフォン市場を眺めてみた。-消費者データから見るブランドポジション(2)-日本のスマートフォン市場を眺めてみた。-消費者データから見るブランドポジション(2)-株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。Mac大好き

2012年5月9日MM総研★フィードバック数:73モバイル

携帯電話、スマートフォンの市場データです。

2011年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2012年05月09日■ 2011年度通期出荷台数は前年比13.5%増4,274万台 ■ 富士通が東芝との統合効果により初の首位獲得 ■ スマートフォン出荷台数は前年比2.8倍の2,417万台、総出荷台数の56.6%を占める ■ 2012年度は総出荷台数4,060万台(前年比5.0%減)と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は9日、2011年度通期(11年4月~12年3月)の国内携帯電話端末の出荷状況を調査して結果を発表した。総出荷台数は前年比13.5%増の4,274万台となった。

2011年10月28日MM総研フィードバック数:53モバイル

2011年度上期国内携帯電話端末出荷概況

2011年10月27日■ 2011年度上期出荷台数は前年比6.0%増2,028万台 ■ 2011年度上期スマートフォン出荷台数は1,004万台、うちAndroidが799万台(79.6%) ■ 2011年度通期出荷台数は10.5%増の4,160万台、スマートフォンは2,330万台と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は27日、2011年度上期(11年4月~9月)の国内携帯電話端末の出荷状況を調査し、結果を発表した。総出荷台数は前年比6.0%増の2,028万台となった(表1)。半期別

2011年10月14日BCNフィードバック数:0モバイル

2年で10倍増と急拡大しているスマートフォンアクセサリ市場

2年で10倍増と急拡大しているスマートフォンアクセサリ市場2011年10月13日2年で10倍増と急拡大しているスマートフォンアクセサリ市場――スマートフォンの活況が関連市場を活性化、無線LAN市場も伸び続く前年同月比で207.1%(2011年9月現在)と大きく伸びているスマートフォン市場だが、この影響で関連アクセサリや無線LANといった周辺市場も活況を呈している。特にケースや保護フィルムといったスマートフォンのアクセサリ市場の伸びは大きく、この2年で10倍以上に急拡大した。全国主要家電量販店の実

2011年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:20モバイル

スマートフォンの市場予測です。

スマートフォン市場に関する調査結果 2011-スマートフォンは本格的な普及期へ-

2011年07月26日 スマートフォン市場に関する調査結果 2011調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてスマートフォン市場の調査を実施した。1.調査期間:2011年3月~6月2.調査対象:国内移動体通信サービス事業者、国内携帯電話メーカー、海外携帯電話・スマートフォンメーカー、海外製造受託企業、海外PCメーカー、国内部品メーカー、業界団体他3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<本調査におけるスマートフォンとは>本調査では「ス

2011年5月10日MM総研★フィードバック数:48モバイル

携帯電話・スマートフォンの出荷状況です。

2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況

2011年05月10日■2010年度通期出荷台数は前年比9.3%増3,764万台 ■スマートフォン出荷台数は前年比3.7倍の855万台。OS別ではAndroidがiOSを逆転 ■2011年度通期出荷台数は3.3%増の3,890万台と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は10日、2010年度通期(10年4月~11年3月)の国内携帯電話出荷状況を調査し、結果を発表した。総出荷台数は前年比9.3%増の3,764万台となった。半期別でみると、上期の1,913万台(前年比12.3%増)に続い

2010年12月21日MM総研フィードバック数:56モバイル

スマートフォンの市場規模の推移・予測

2010年12月16日■ 2010年度のスマートフォン出荷台数は675万台(前年比2.9倍)に上方修正 ■ 2012年度のスマートフォン出荷台数は1,925万台で過半数を突破と予測 ■ 2015年度末のスマートフォン契約数は6,035万件で契約数の51%と予測  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2010年8月31日に発表した2015年度までのスマートフォン市場予測を上方修正した。理由としては以下3点があげられる。①おサイフケータイやワンセグといった国内独自サービスに対応したAndroi

2010年11月16日インプレスフィードバック数:3モバイル

世界のモバイルキャリア戦略調査報告書2011

『世界のモバイルキャリア戦略調査報告書2011』スマートフォンからLTEまで激動する世界の通信市場と30社の国際市場展開 を11月16日発売『世界のモバイルキャリア戦略調査報告書2011』スマートフォンからLTEまで激動する世界の通信市場と30社の国際市場展開 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門、インターネットメディア総合研究所は、財団法人マルチメディア振興セ

2010年11月4日MM総研フィードバック数:68モバイル

2010年度上期国内携帯電話端末出荷概況

2010年10月26日■2010年度上期は前年同期比12.3%増の1,913万台で回復基調 ■シャープが435万台で1位をキープ。富士通が2位に浮上 ■スマートフォン出荷台数は223万台。Appleが134万台(60.1%)で1位 ■2010年度通期は3,730万台(前年比8.3%増)と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は26日、2010年度上期(10年4月~10年9月)の国内携帯電話出荷状況を調査し、結果を発表した。総出荷台数は前年同期比12.3%増の1,913万台となった。2

2010年10月19日MMDLaboフィードバック数:76モバイル

日本国内のスマートフォン市場に関する有識者アンケート調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 日本国内のスマートフォン市場に関する有識者アンケート調査 日本国内のスマートフォン市場に関する有識者アンケート調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、IT・モバイルジャーナリスト、IT関連メディア、スマートフォン関連書籍関係者、IT・情報・工学専攻の大学教授といった、有識者の20人にご協力いただき、「日本国内のスマー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ