調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマートフォン広告

「スマートフォン広告」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年2月2日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

2016年1月フリマアプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > フリマアプリをダウンロードしたきっかけ「TVCM、クチコミ、スマートフォン広告」クチコミがスマートフォン広告を抜く フリマアプリをダウンロードしたきっかけ「TVCM、クチコミ、スマートフォン広告」クチコミがスマートフォン広告を抜く MMD研究所と、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー

2014年7月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

スマートフォン広告に関する調査

今、話題のネイティブ広告は、「騙された気分になる」 スマホユーザーに受け入れられやすいのは、画面下部の「定番広告」今、話題のネイティブ広告は、「騙された気分になる」広告のミスクリックを誘導していると感じた場合、約2割がそのアプリを削除調査結果サマリー今、話題のネイティブ広告は「騙された気分になる」ネイティブ広告のクリック経験があるユーザーに、ネイティブ広告は騙された気分になるかを聞いたところ、46.9%が「あてはまる」、30.4%が「ややあてはまる」と回答し、約8割のユーザーが騙された気分になっ

2013年3月1日CyberZ★フィードバック数:1モバイル

新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「今、遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」が1位でした。

スマートフォンにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第三弾)

家庭用ゲーム機よりスマホゲームでよく遊ぶ約6割、新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「ゲーム内広告」 スマホにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第三弾)株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、ソーシャルゲーム市場の拡大(*1)を背景として、全国の普段ソーシャルゲームで遊んでいる15?69歳の男女1,018名を対象に、「ソーシャルゲ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ