調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマートフォン需要

「スマートフォン需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月18日アクセンチュア★フィードバック数:0モバイル

Dynamic Digital Consumers

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月9日アクセンチュア最新調査――スマートフォン、今年は消費者需要に回復の兆し 人工知能(AI)を活用したサービスの普及が進む半面、 価格とセキュリティへの懸念からスマートウォッチとフィットネストラッカーの需要は低迷【ニューヨーク発 2017年1月4日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、2016年に過去3年間で最低水準にまで落ち込んだスマートフォンに対する消費者需要が、セキュ

InfoCom ICT経済報告 2016年4-6月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年9月21日ICT経済を下支えするサービス利用の活発化(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、IC

InfoCom ICT経済報告 2015年4-6月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年8月28日ICT経済、輸出中心に足踏み状態(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、ICT経済概況

2013年2月1日矢野経済研究所★フィードバック数:14モバイル

スマートフォン、タブレットについての市場データです。

国内スマートフォン・タブレットに関する調査結果 2012

2013年02月01日 国内スマートフォン・タブレットに関する調査結果 2012 ~当面はスマートフォンが市場を牽引、タブレットは今後も拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて携帯電話国内市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2012年9月~12月2.調査対象:国内携帯電話メーカー、海外携帯電話メーカー(日本法人)、国内移動体通信サービス事業者、国内携帯電話メーカー、国内部品メーカー、業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングならびに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ