調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スーパーマーケット

「スーパーマーケット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2017年7月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年7月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.08% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年08月10日 ~上昇率が最も大きいのは60~79歳・男性で0.40%、最も小さいのは20~39歳・女性で-0.37%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活

2017年6月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年6月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.16% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年07月10日 ~上昇率が最も大きいのは60~79歳・男性で0.52%、最も小さいのは20~39歳・女性で-0.25%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活

2017年5月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年5月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.55% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年06月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・女性で0.68%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.38%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年5月28日勝手にランキング★フィードバック数:0ライフスタイル

お一人様出来る? 焼き鳥食べる頻度はどのくらい?

お一人様出来る? 焼き鳥食べる頻度はどのくらい?お一人様出来る? 焼き鳥食べる頻度はどのくらい?そのまま食べてもよし! お酒のお供としてもよし! と、多くの人に愛されている焼き鳥ですが、皆さんも食べますか?今日は、焼き鳥に関する記事を皆さんにお届けしていきたいと思います。そんな頻繁に食べない……?まずは、焼き鳥を食べる頻度を見ていきましょう。1位 2~3ヶ月に1回くらい2位 1ヶ月に1回くらい3位 それ以下皆さん月ペースで食べに行く場合が多いようですね。しかし中には、週に1回以上食べるという人達

2017年4月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年4月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.41% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年05月12日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・女性で0.51%、最も小さいのは60~79歳・男性で0.13%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年3月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年3月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.45% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年04月07日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.62%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.22%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年3月31日トクバイフィードバック数:0キャリアとスキル

プレミアムフライデー第一回目についての取り組み実態調査

スーパーの販促担当者100人に聞いた!第一回プレミアムフライデーは、結局どうだった?~初回は様子見、3月は積極的に取り組みたい小売店が75%~ 株式会社トクバイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:沖本裕一郎)は、小売店のチラシ・特売情報サービス「トクバイ」を利用するスーパーマーケットの販促担当者100名を対象に、2017年2月24日(金)のプレミアムフライデー第一回目についての取り組み実態調査を実施いたしました。 また、同時に「トクバイ」ユーザー539名にも、プレミアムフライデーに関して調査をいた

2017年2月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年2月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.58% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年03月10日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.71%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.31%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2017年1月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年1月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.53% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年02月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.69%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.35%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2016年12月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年12月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.77% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年01月13日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.84%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.49%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2016年11月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年11月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.58% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年12月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.74%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.25%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2016年10月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年10月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.60% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年11月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.78%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.40%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2016年9月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年9月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.86% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年10月07日 ~全ての年代において前年同月比の物価指数がプラスに~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用した新たな物価指数「T-POINT Price In

2016年8月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年8月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.49% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年09月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.75%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.12%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2016年9月7日コズレフィードバック数:0大型消費/投資

子育て世帯の約80%は車でおでかけ! 家族のおでかけ徹底比較~移動編~

[] 子育てに楽しさと新たな価値を提供する株式会社コズレ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中 穣二郎、以下コズレ)は、全国のパパママに「旅行に関するアンケート」を実施(期間:2016年6月29日~7月4日、有効回答数:1568質問方法:webアンケート)、「おでかけに関するアンケート」を実施(期間:2016年7月6日~7月11日、有効回答数:874質問方法:webアンケート)し、その結果を本日発表しました。自分のタイミングで行動しやすい「車」移動によるおでかけが多く、「車」移動で人気スポット

2016年6月度のTポイント物価指数

ニュースリリース<2016年6月度のTポイント物価指数>前年同月比で0.56%、4カ月ぶりに上昇傾向へ CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年07月08日 ~全ての性年代で物価指数がプラスに。最も上昇したのは40~59歳・男性で0.66%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社(以下「CCCマーケティング」)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室と

2016年5月度のTポイント物価指数

ニュースリリース<2016年5月度のTポイント物価指数>前年同月比で-0.12%、3カ月連続のマイナス CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年06月08日 ~最も上昇したのは40~59歳・男性で0.20%、最も下降したのは20~39歳・女性で-0.45%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社(以下「CCCマーケティング」)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)は、東京大学大学院 経済学研究科

2016年2月のTポイント物価指数

ニュースリリース2月のTポイント物価指数は、前年同月比で0.19% カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 CCCマーケティング株式会社2016年03月10日 ~最も上昇したのは60~79歳・女性で0.56%、最も低いのは20~39歳・女性で▲0.05%~  データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社(以下「CCCマーケティング」)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとし

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム スーパーでの日用品の購入(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食品中心のスーパーマーケット利用頻度は「週2〜3回」「週1回」がボリュームゾーン。週1回以上利用者が7割強。食品中心スーパー利用者のうち、食品以外の商品購入者は8割弱、月に1回以上購入者は5割強。食品以外の商品購入理由は「価格が手頃」の他「一度に買物を済ませたい」「買おうと思っていた商品が店頭にあった」「お店が近い」などが上位 食品中心のスーパーマーケットで食品以外に購入するものは「サランラップ、ビニール袋、ゴミ袋など」「トイレットペーパー

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム スーパーでの食料品の購入(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[20805] スーパーマーケットでの食料品の購入(第5回) 食料品購入場所は「食品スーパー」が9割弱、「大型総合スーパー」が5割強、「ドラッグストア」が2割弱 最もよく食料品を買う店の選択理由は「価格が手頃」「立地がよい、便利な場所」がトップ2。「商品の鮮度」「商品の品質」「食料品の品揃え」など商品に関する項目の他、「駐車場が充実」「タイムセールや日替わりの特売」なども上位。食品コンビニ主利用者では「立地がよい、便利な場所」、食材宅配サー

2015年5月31日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

ルミネと丸井のユーザー比較です。

「ルミねえ」と「マルコ」さんを比較してみた。-データから見るペルソナ図鑑(41)-

マーケティングのはじめの一歩は消費者を理解することから。変化する消費者動向をとらえるためには仮説が大事。このブログでは消費者理解のための様々な仮説をデータに基づいてご紹介。商品開発・ブランディングのコンサルタントとして、あらゆる市場のイノベーションを目指して日々格闘している大久保惠司がお届けします。スーパーマーケットが苦しんでいます。日本チェーンストア協会の発表によると、前年の消費税率引き上げ直前の駆け込み需要の反動もあり、2015年3月のチェーンストア売上高は、前年同月比マイナス8.6%となり

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・する店舗・施設の上位は「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「家電量販店」「クレジットカード」など。過去調査と比べ「コンビニエンスストア」は増加傾向、「家電量販店」は減少傾向 ポイントサービス利用者のうち、ポイントを交換・使用したことがあるのは「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「クレジットカード」「オンラインショップ(楽天、amazonなど)」「家電量販店」など

2016年4月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2016年4月度のTポイント物価指数は、前年同月比で-0.08% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2016年05月10日 ~最も上昇したのは60~79歳・男性で0.40%、最も低いのは20~39歳・女性で-0.55%~  データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社(以下「CCCマーケティング」)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プ

2015年2月27日NTTデータ★フィードバック数:0大型消費/投資

データ分析です。

速報!2015年のバレンタインデーチョコ対決。「たけのこの里、今年はきのこの山に辛うじて勝利!」

ツイートから「今」が見えるニュースサイト 編集部員のつぶやき2015.02.24カテゴリー編集部員のつぶやき バレンタインチョコのあの対決、イマツイ編集部員Mがさらに深掘ってみた。 速報!2015年のバレンタインデーチョコ対決。 「たけのこの里、今年はきのこの山に辛うじて勝利!」 SummaryKPI(キラープレゼント指数)からみた2015年バレンタインデー“きのこの山”VS“たけのこの里”決戦の行方。 『過去のリア充イベントから学ぶ傾向と対策:バレンタイン(後編)本編』はこちら。 永遠のチョコ

スーパーマーケット販売統計調査(2014年11月実績速報パネル版・10月実績確報パネル版)

スーパーマーケット販売統計調査(2014年11月実績速報パネル版・10月実績確報パネル版)

スーパーマーケット販売統計調査(2014年10月実績速報パネル版・9月実績確報パネル版)

スーパーマーケット販売統計調査(2014年10月実績速報パネル版・9月実績確報パネル版)

2014年11月21日アイブリッジ★フィードバック数:0ライフスタイル

スーパーについての調査です。

スーパーマーケットに関する意識調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施したスーパーマーケットに関する意識調査結果。 企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。 スーパーマーケットに関する意識調査2014年11月17日スーパーマーケットに関する意識調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネットリサーチサービス“リサーチプラス”では、約160万人の自社モニター会員を活用し、全国、女性、1000人を対象に、スーパー

【幼稚園児&保育園児ママ】店舗での買い物(2013年/全国)

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 【幼稚園児&保育園児ママ】店舗での買い物(2013年/全国)  スーパーマーケットでの買い物は週に3〜4回(40.6%)が最も多く、次いで週1〜2回(39.9%)と続く。ショッピングモールは月平均2.8回、百貨店は同0.9回、コンビニエンスストアは同4.9回だった。食品・日用品など、普段の買い物をする場所を聞いてみると、スーパーマーケットが96.0%と圧倒的1位で、ドラッグストア69.0%、100円ショップ40.9%がそ

2014年7月9日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

豪州における低価格PB牛乳の販売競争と乳業メーカーの動向

豪州では、2011年以降、2大スーパーマーケット(コールズ(Coles)とウルワース(Woolworths))による低価格のプライベートブランド(PB)牛乳の販売競争が活発化している。これは、豪州の堅調な牛乳消費と、低価格牛乳を販売の目玉商品とするスーパーマーケットの戦略が背景にあり、現地では「Milk Price War(牛乳価格戦争)」といわれている。PB牛乳はおおむね1リットル当たり1豪ドル、つまり約100円で販売されており、ナショナルブランド(NB)牛乳との価格差は1豪ドル、乳飲料におい

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.77 ミネラルウォーターに関する調査(2013/8)

ミネラルウォーターに関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.77 ミネラルウォーターに関する調査調査日時:2013年8月15日(木)~8月17日(土) 海外では、水は買わないと飲めないところが存在します。海外旅行をしたことがある人の中には経験した人もいるのではないでしょうか。比べて日本の水は安全といわれています。水が飲みたいと思えば蛇口をひねってその場でお金を払わずとも飲むことができます。 そんな中、たくさんの種類の水が市場に出回っています。 実際、どのくらい

2013年11月11日バルクフィードバック数:0マーケティング

VOL.75 限定商品に関する調査(2013/8)

限定商品に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.75 限定商品に関する調査調査日時:2013年8月15日(木)~8月16日(金) みなさん、『限定もの』と聞くと、つい買ってしまった経験はありませんか? よく観察してみると、様々な場所で、様々な限定ものを見かけます。 そこで数ある限定ものの中から、今回は食品と飲料に絞って調査しました! どのような限定商品が多く買われているのか?みんなが惹かれるOO限定とは? 20代~60代のバルクルーメンバーに「限定商品」につ

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.73 お菓子に関する調査(2013)(2013/7)

お菓子に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.73 お菓子に関する調査(2013)調査日時:2013年7月11日(木)~7月18日(木) 皆さん、口さびしい時や小腹がすいた時、何を食べますか? ふと空いた時間に口にしているのは、お菓子ではないですか? いろんな場所で買うことができ、たくさんの種類があるお菓子。 そんなたくさん種類があるお菓子を、どのように選んで食べていますか? 今回は10代~60代のバルクルーメンバーに、お菓子について聞いてみました。※本調査

2013年10月7日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

スーパーマーケットの将来顧客の育成

高齢化社会の進展に伴い、スーパーマーケットを利用する客層も高齢化が進んでいる。このため、シニアに対応した品揃えや売場づくりに工夫を凝らす店舗も増えている。マーケティング視点で考えれば、現在の顧客のニーズをターゲットとした施策を展開していくことは戦略としては王道である。一方で、少し先の将来を考えたとき、スーパーマーケットの成長戦略としては十分と言えないだろう。客層が高齢化するということは、若年層の割合が低くなるということである。日本全体でみると若年人口は少子化の影響で減少しているのだから当然ではあ

2013年8月19日流通経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

購買履歴データ集で見る、ペットオーナーの購買特性

購買履歴データ集で見る、ペットオーナーの購買特性松本 敬介 公益財団法人流通経済研究所 研究員 近年、ペット産業が成長産業として注目を受けている。一般社団法人ペットフード工業会の「平成24年度犬猫飼育実態調査」によると、世帯単位の犬飼育率は16.8%、猫飼育率は10.2%となった。また非飼育世帯へのアンケートによると、犬では30.4%、猫では18.2%の世帯が、将来の飼育を希望している。このことから考えて、現在既に2600億円以上あるペットフード市場は、今後さらに大きく拡大する可能性があるといえ

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

どこでお酒を買いますか?(2003/10)

【第5回】アンケート結果:2003年10月8日〜10月14日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)6,608人 1998年から酒類販売の規制緩和が段階的に進み、国税庁の調べでは、現在、日本全国で一般酒類小売業免許を有する販売場所は、約15万店といわれています。お酒の取扱店が多様化する中で、皆さんはどこでお酒を購入しているのでしょうか?「普段時」と、親しい友人が集まる「ホームパーティ時」(以下、「パーティ時」)について、お酒の購入場所を聞いてみました。 1位は、「普段時」「パーティ

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

ポイント生活してますか?(2008/07)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査ひと昔前までスタンプカードが主流でしたが、ここ最近ではICカードや磁気カードを利用したポイントカードが随分増えてきました。もともと、商店街のおまけ感覚のものがメインでしたが、昨今では大手百貨店や量販店でもキャッシュバック、マイレージポイントの加算など、マル得なポイントサービスが次々に登場し、

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

あなたは100円ショップを利用しますか?(2005/07)

【第91回】アンケート結果:2005年6月29日〜7月5日 バス・トイレタリー用品(ティッシュ、歯ブラシ、シャンプー等) 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)2.152人 ここ数年、「99円」「100円」といった低均一価格のお店が急速に増えてきました。激安店と聞くと、どうも「安かろう悪かろう」というイメージが先立ちますが、最近では、品質の向上、デザインバリエーションも豊富になり、とても100円とは思えない商品が店頭を賑わせています。そこで今回は、皆さんに日頃の「1

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

あなたが秋を感じる時は?(2007/10)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査猛暑が嘘だったかのように、急に肌寒さを感じる季節になりました。と同時に、ひと足早く秋のファッションできめてみたり、スポーツに汗を流したり、さらに美味しい秋の味覚に舌鼓を打つ・・・等々、秋ならではの楽しみが盛りだくさん。そこで今回は「秋」のイメージや、「秋」をしみじみと感じる瞬間について聞きま

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・所有している店舗・施設の上位は「家電量販店」「スーパーマーケット」「ドラッグストア」が上位3位。「コンビニエンスストア」「クレジットカード」「オンラインショップ」の順で続く ポイントサービス利用者のうち、ポイントを交換したことがある上位3位は「スーパーマーケット」「家電量販店」「ドラッグストア」。「コンビニエンスストア」は、所有・利用サービス(4位)に比べ下位(6位) ポイントカード所有者が利用しているポイントカード

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2007.01 スーパーマーケットの顧客満足(2)

2007.01 スーパーマーケットの顧客満足(2)

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0ライフスタイル

2006.12 スーパーマーケットの顧客満足(1)

2006.12 スーパーマーケットの顧客満足(1)

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム スーパーでの日用品の購入

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食品中心のスーパーマーケット利用頻度は「週2〜3回」「週1回」がボリュームゾーン。食品中心のスーパー利用者のうち、食品以外のものを買う人は8割弱、月に1回以上買う人は半数強。食品以外の商品購入理由は「価格が手頃」の他「一度に買物を済ませたい」「買おうと思っていた商品が店頭にあった」「お店が近い・行きやすい」などが上位 食品中心のスーパーマーケットで食品以外に購入するものは「サランラップ、ビニール袋、ゴミ袋など」「トイレットペーパー、ティッシ

2012年12月3日マイボイスコムフィードバック数:4ライフスタイル

マイボイスコム スーパーの食料品の購入(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[17206]スーパーマーケットでの食料品の購入(第4回) 食料品購入場所は「食品スーパー」が9割弱、「大型総合スーパー」が6割弱 最もよく食料品を買う店の選択理由は「価格が手頃」「立地がよい、便利な場所にある」がトップ2。「食料品の品揃え」「商品の鮮度」「商品の品質」など商品に関する項目の他、「駐車場が充実」「タイムセールや日替わりの特売」なども上位 スーパーマーケットでの食料品購入頻度は「週2〜3回」が4割強。1回あたり購入金額は「10

2012年6月21日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・所有している店舗・施設は「家電量販店」「スーパーマーケット」「ドラッグストア」が上位3位。「コンビニエンスストア」「クレジットカード」「オンラインショップ」が続く ポイントカード所有者が利用しているポイントカードの枚数は「3〜4枚」「5〜7枚」がボリュームゾーン ポイントを換算する金額は「501円〜1000円」「1001円〜1500円」がボリュームゾーン 持ち歩いている共通ポイントカードの1位は「Tポイント」で全体の

2011年6月6日アイランドフィードバック数:2ライフスタイル

「スーパーマーケットでのお買い物」に関する意識調査

この度、レシピブログが運営するレシピとお買い物クチコミのコミュニティ『わくわくお買い物部』では、女性主婦層を中心としたサイト利用ユーザーを対象に、 「スーパーマーケットでのお買い物」に関する意識調査を実施いたしました。「エコバッグの利用」「毎月の購入金額」「スーパーマーケットに求めるサービス」など、たくさんの方々からいただいた興味深い回答を、アンケート結果として発表いたします!(有効回答数630名、2011年実施、レシピブログ上でのオンライン調査)〒150-0013 東京都品川区西五反田8-3-

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ