調査のチカラ TOP > タグ一覧 > セキュリティ侵害

「セキュリティ侵害」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月24日Nuixフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

THE BLACK REPORT 2018

Decoding the Minds of HackersThe second annual Nuix Black Report gets into the mind of hackers to help organizations anticipate, detect, and prepare for cybersecurity threats. 調査でわかったのは...今回は、セキュリティの脅威の情勢を把握するためプロのハッカー、侵入テスター、インシデント対応者を調査対象としまし

2017年10月29日Cylanceフィードバック数:0企業情報システム

AI(人工知能)の投資調査

サイランス、AI(人工知能)の投資調査を実施 人工知能の投資回収を2年以内に達成できると64%が回答 Press + Media Contact<本件に関するお客様からの問い合わせ先>Cylance Japan株式会社担当:三浦電話:03−6386−0061prjapan@cylance.com IT部門の意思決定者の77%が、AI(人工知能)を活用したツールの導入によって、より多くのセキュリティ侵害を予防できるようになったと回答し、81%が自社のセキュリティチームよりも早く脅威を検出してい

2016年6月3日Tripwire★フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響をITプロフェッショナルは軽視

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > Tripwire 調査:ビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響を IT プロフェッショナルは軽視 Tripwire 調査:ビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響を IT プロフェッショナルは軽視 オレゴン州ポートランド – 2016 年 4 月 21 日 – エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc. は、Tripwire の依頼により

Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)

サイバー攻撃者視点での調査結果発表2日侵入を防げば攻撃者は思いとどまる 次世代セキュリティ企業であるPalo Alto Networks (NYSE: PANW) は、独立調査機関であるPonemon Instituteが実施したサイバー攻撃者の経済的価値を研究するための調査の結果を公開しました。本調査はPalo Alto Networksが後援したものとなります。「Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)」と題されたレポート(英語・ダウ

2016年2月18日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃の検知に関し自信過剰なITプロフェッショナル

Tripwire による調査:サイバー攻撃の検知に関し自信過剰な IT プロフェッショナルエンドポイントにおけるサイバー攻撃の検知に必要な7 つの重要なセキュリティコントロールに関する自信度を評価米オレゴン州ポートランド - 2016年2月11日 - エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc.は本日、Tripwireの依頼により Dimensional Research 社が実施した調査の結果を発表しました

2015年10月19日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データ窃盗犯の最も一般的な攻撃方法が調査によって明らかに

HOME Corporate データ窃盗犯の最も一般的な攻撃方法が調査によって明らかにデータ窃盗犯の最も一般的な攻撃方法が調査によって明らかに攻撃者についてより深く知ることが、お客様のセキュリティプロファイルを改善し、侵入の可能性を減らすのに役立ちます。最近のセキュリティ侵害には、そのほとんどの背後に高度な技術を使用する洗練された犯罪者たちが存在し、最新技術でさえも脆弱性から逃れられない、ネットワークの小さな穴やユーザーの弱点をターゲットにしています。セキュリティ業務は、さまざまなセキュリティ製

2015年6月30日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答 エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答Tripwire、400 名のエネルギー会社役員および IT プロフェッショナルのサイバーセキュリティに対する意見を比較ポートランド州オレゴン、2015 年 6 月 25 日発 -

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ