調査のチカラ TOP > タグ一覧 > セゾン自動車火災保険

「セゾン自動車火災保険」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

NPSベンチマーク調査【自動車保険】

2018/7/11”ダイレクト型“のコスパ評価は高いものの、改善要望は引き続き強い NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、自動車保険の利用者を対象に、顧客ロイヤルティを図る指標であるNPSのベンチマーク調査2018を実施しました。有効回答者数は6,192件でした。<調査対象企業(50音順)>あいおいニッセイ同和損保、アクサダイレクト、イーデザイン損保、AIG損保、SBI損保、セゾン自動車火災保険、ソニー損保、損保ジャパン日本興亜、チューリッヒ保険、東京海上日動火災保

2017年2月12日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

自動車保険満足度ランキング2017

今年も、総合満足度は「ダイレクト系」損保の3社が占めました。1位はSBI損害保険(昨年2位)、2位はイーデザイン損害保険(昨年4位以下)、3位はセゾン自動車火災保険(昨年1位)です。また、昨年同様、今年も上位10位のうち、7社を「ダイレクト系」損保の商品が占めています。このことは、自動車保険における「ダイレクト系」損保の人気の高さがすっかり定着していることを示しています。その背景には、対面で契約する「代理店系」損保と違って、スマートフォンやパソコンなどを活用してインターネットから簡単に商品の情報

2016年1月27日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

自動車保険 満足度ランキング(2016年)

今年も、総合満足度は「ダイレクト系」損保の3社が占めました。1位はSBI損害保険(昨年2位)、2位はイーデザイン損害保険(昨年4位以下)、3位はセゾン自動車火災保険(昨年1位)です。また、昨年同様、今年も上位10位のうち、7社を「ダイレクト系」損保の商品が占めています。このことは、自動車保険における「ダイレクト系」損保の人気の高さがすっかり定着していることを示しています。その背景には、対面で契約する「代理店系」損保と違って、スマートフォンやパソコンなどを活用してインターネットから簡単に商品の情報

2014年6月5日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

自動車保険 満足度ランキング(2014年)

総合満足度の1位には、一昨年に1位だったセゾン自動車火災保険が昨年の3位から返り咲きました。セゾン自動車火災保険は、例年、ランキング上位に位置しており、「保険料」、「補償内容」、「顧客対応」の3領域において、バランスよく高い満足度を獲得しています。2位のチューリッヒ保険会社(昨年4位以下)と、3位のソニー損害保険(昨年4位以下)は昨年より順位を上げ、上位3社以内に入りました。チューリッヒ保険会社は「保険料」満足度、ソニー損害保険は「補償内容」と「顧客対応」満足度の高さが、総合満足度の高評価につな

2014年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 損害保険会社のイメージ(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ損保会社の認知率は上位3社で70%以上。過去調査より減少傾向だが、「セゾン自動車火災保険」はやや増加傾向。加入損保は「東京海上日動火災保険」「損保ジャパン」などが上位。契約したい損保は「東京海上日動火災保険」「ソニー損保」「全労済」「損保ジャパン」の順で多い 『信頼性や安心感がある』のは、「東京海上日動火災保険」がトップで、「全労済」「三井住友海上火災保険」「JA共済」「損保ジャパン」「ソニー損保」などが続く 『商品開発力や企画力』『独自性

2013年6月27日価格.comフィードバック数:7大型消費/投資

自動車保険 満足度ランキング2013

今年も、総合満足度は「ダイレクト系」損保の3社が占めました。1位はSBI損害保険(昨年2位)、2位はイーデザイン損害保険(昨年4位以下)、3位はセゾン自動車火災保険(昨年1位)です。また、昨年同様、今年も上位10位のうち、7社を「ダイレクト系」損保の商品が占めています。このことは、自動車保険における「ダイレクト系」損保の人気の高さがすっかり定着していることを示しています。その背景には、対面で契約する「代理店系」損保と違って、スマートフォンやパソコンなどを活用してインターネットから簡単に商品の情報

2008年4月21日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

自動車保険に関するユーザーアンケートについて

今年も、総合満足度は「ダイレクト系」損保の3社が占めました。1位はSBI損害保険(昨年2位)、2位はイーデザイン損害保険(昨年4位以下)、3位はセゾン自動車火災保険(昨年1位)です。また、昨年同様、今年も上位10位のうち、7社を「ダイレクト系」損保の商品が占めています。このことは、自動車保険における「ダイレクト系」損保の人気の高さがすっかり定着していることを示しています。その背景には、対面で契約する「代理店系」損保と違って、スマートフォンやパソコンなどを活用してインターネットから簡単に商品の情報

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ