調査のチカラ TOP > タグ一覧 > セブン-イレブン

「セブン-イレブン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月30日日経リサーチフィードバック数:0マーケティング

「ストア戦略サーベイ」2017年版レポート

セブン-イレブンが総合首位、来店者ランキング1位は千疋屋総本店「ストア戦略サーベイ」2017年版レポートを発売! 2017.05.22  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅誠一)は5月22日、全国23万人規模の生活者に対する調査データを基に、小売業・飲食業の店舗/施設の魅力度を総合的に評価し、その魅力を高めるのに有効な具体的ヒントを提供する「ストア戦略サーベイ」の2017年版レポートを発売しました。同時に、2017年調査の結果をランキング形式で発表しました。ストア戦

2017年4月15日東洋経済新報社フィードバック数:0ライフスタイル

セブン・マック…、これが「FC店増減」の全貌だ

セブン・マック…、これが「FC店増減」の全貌だ消費の栄枯盛衰は主要チェーンの動向が映す 東京・吉祥寺駅前に並ぶチェーン店の数々。大手チェーンの進出で日本全国の駅前や郊外には似たような風景が広がる マクドナルド、セブン-イレブン、TSUTAYA、ダスキン――。コンビニエンスストアやカフェ、居酒屋、その他のサービスなど、街でよく見かけるチェーン店の多くがフランチャイズ(FC)チェーンという方式を一部または全部で採っている。本社(本部)が運営する「直営店」のほかに、個人や法人から成る加盟店から加盟

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

10~20代に好感度が高い企業・ブランド100

10~20代に好感度が高い企業・ブランド100LINEや任天堂、コカ・コーラなど強い 総合53位のLINEが10~20代ランキングでは上位に(撮影:梅谷 秀司) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。それを提供している企業やブランドを「認識」しているだけではなく、「好感を持っている」いう観点で見ると、意外な傾向も見て取れたはずだ。前回のランキングは13~69歳の幅広い年代を総合した内容だったが、今度は10代、20代のそれぞれに絞った好感度ランキングをお届けしよう

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

30~40代に好感度が高い企業・ブランド100

30~40代に好感度が高い企業・ブランド100やはりあのコンビニ大手、モスが強い モスバーガーはセブン-イレブンと同じく幅広い年代で好感度が高い(撮影:今井 康一) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。それを提供している企業やブランドを「認識」しているだけではなく、「好感を持っている」いう観点で見ると、意外な傾向が見て取れる。東洋経済オンラインがJNNデータバンクの協力を得て作成した「好感度が高い企業・ブランド『トップ200』」(10月23日配信)、「10~

2016年11月1日東洋経済新報社★★フィードバック数:0マーケティング

好感度が高い企業・ブランド「トップ200」

好感度が高い企業・ブランド「トップ200」1位はセブン-イレブン、2位トヨタ 1位はあのコンビニ大手(撮影:梅谷 秀司) 日常生活を送っていく中で、人はさまざまな商品やサービスを利用している。意識するにせよ、しないにせよ、その裏側にはそれらを提供している企業がいる。テレビやネット、新聞、雑誌などで取り上げられていたり、広告を出していたりする企業・ブランドほど、消費者には認識されているだろう。一方、「認識」されているだけではなく、「好感を持っている」という観点で見るとどうだろうか。東洋経済オン

2016年5月18日日経リサーチフィードバック数:0ビジネス

「ストア戦略サーベイ」2016年版レポート

総合首位はセブン-イレブン2連覇、ザ・ダイソーが2位、3位にGODIVAが上昇「ストア戦略サーベイ」2016年版レポートを発売! 2016.05.16  株式会社日経リサーチは5月16日、全国26万人の消費者に対する調査データを基に、小売業・飲食業の店舗/施設の魅力度を総合的に評価し、その魅力を高めるのに有効な具体的ヒントを提供する「ストア戦略サーベイ」の2016年版レポートを発売しました。 ストア戦略サーベイは実際の来店者と非来店者という両方の視点から、店舗/施設の魅力を評価する年1回の調査で

2016年3月10日アイティメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニで売れているのは? 「中華まん」購入ランキング

データからみるお買い物リアル: マーケティングアプリケーションズで購買データを扱う部署にいる「ひな」です。マーケティング界隈では、実購買データを使ったマーケティング戦略立案について盛んに議論されています。実購買データというと、なんだか難しそうな響きがしますが、「日々のお買い物の情報」と考えていただければ。誰が・いつ・どこで・どのくらいの量を・いくらで買ったのかを「大きなデータ」として蓄積し、実際の購買行動がどうなっているのかの分析を行います。 本連載では、当社で運用しているレシートがお小遣いに換

2016年1月6日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニの「おでんダネ」売れ筋ランキング

データからみるお買い物リアル:コンビニの「おでんダネ」売れ筋ランキング (1/3)寒くなってきたので「おでんを食べたいなあ」と思っている人も多いのでは。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」で、コンビニ大手3社でよく売れている「おでんダネ」を調べたところ……。[ひな(マーケティングアプリケーションズ),ITmedia]データからみるお買い物リアル: マーケティングアプリケーションズで購買データを扱う部署にいる「ひな」です。マーケティング界隈では、実購買データを使ったマ

2015年11月25日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

コンビニのおにぎりで人気なのは? データを分析しました

データからみるお買い物リアル: マーケティングアプリケーションズで購買データを扱う部署にいる「ひな」です。マーケティング界隈では、実購買データを使ったマーケティング戦略立案について盛んに議論されています。実購買データというと、なんだか難しそうな響きがしますが、「日々のお買い物の情報」と考えていただければ。誰が・いつ・どこで・どのくらいの量を・いくらで買ったのかを「大きなデータ」として蓄積し、実際の購買行動がどうなっているのかの分析を行います。 本連載では、当社で運用しているレシートがお小遣いに換

コンビニエンスストア 人気ランキング

コンビニエンスストア人気ランキングいつでも開いてる、便利なコンビニ。みんなのお気に入りは?2015年10月7日(水)~10月13日(火)実施、有効回答数680この調査では・・・セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、6つのチェーンストアについて、商品の品揃え、店内の雰囲気、アクセスの良さ、企業のイメージ、商品の品質、商品以外のサービスという6つの指標で、皆さんに評価して頂きました。☆の数は、各商品ごとに、6つの指標をそれぞれ5段階で評価し

2015年8月20日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

セブンのドーナツ、最も売れているのは? データから見えてきたこと

初めまして。マーケティングアプリケーションズで購買データを扱う部署にいる「ひな」といいます。この会社で働き始めて約4カ月の新卒社員です。このたび、実購買データを使ったコラムを書くことになりました。よろしくお願いいたします。 近年、マーケティング界隈では、実購買データを使ったマーケティング戦略立案について盛んに議論されています。実購買データというと、なんだか難しそうな響きがしますが、「日々のお買い物の情報」と考えていただければと思います。誰が・いつ・どこで・どのくらいの量を・いくらで買ったのか、を

2014年12月9日おにぎり協会フィードバック数:0ライフスタイル

2014年のコンビニエンスストアにおけるおにぎりの人気

知るおにぎりのクイズ、雑学、歴史 >> 2014年 おにぎり調査、コンビニおにぎりトレンドは「こだわり・高級」通年で共通して「昆布・鮭・シーチキン」が人気 2014年 おにぎり調査、コンビニおにぎりトレンドは「こだわり・高級」通年で共通して「昆布・鮭・シーチキン」が人気2014.12.09一般社団法人おにぎり協会(本社:東京都渋谷区、代表理事:中村 祐介)は、2014年のコンビニエンスストアにおけるおにぎりの人気を株式会社セブン&アイ・ホールディングス、株式会社ファミリーマート、株式会社ローソン

第2回:コンビニエンスストアのイメージ(2006)

ブランドなんでもランキング第2回:コンビニエンスストアのイメージ出店数の争いから、業務提携、ホールディングス化でサービスの争いへと展開を続けるコンビニエンスストア業界。今の世の中、コンビニさえあれば、たいていのことは事足りる、といっても過言ではないでしょう。なんでもランキング、第2回は、どこにもあっていつでも便利なコンビニを取り上げました。店舗数とランキング結果の関係は?まずは各社の店舗数からご覧ください(【図1】)。さすが老舗のセブン-イレブン。圧倒的な数を誇っていますね。この店舗数(=認知度

2013年9月3日Yahoo!フィードバック数:0ライフスタイル

買い方がわかりにくい? あのコンビニエンスストアの本格コーヒー

買い方がわかりにくい? あのコンビニエンスストアの本格コーヒーコーヒーが好きな日本人。調査結果によると16歳以上の64%が毎日コーヒーを飲んでいるそうです セブン-イレブンが販売しているセルフ式ドリップコーヒー「SEVEN CAFE(セブンカフェ)」。今年の7月中旬に販売数が1億杯を突破し、ヒット商品となっています。 ◆検索数は他社を圧倒検索数推移をみると、「セブンカフェ」の全国展開が始まった今年1月下旬から検索数は急上昇。コンビニエンスストア各社がコーヒーの店頭販売を始めるなか、セブン-イレブ

2012年4月17日日経BP★フィードバック数:19ライフスタイル

中華まんにフォーカスした調査です。

「コンビニ中華まん調査」、セブン、ローソンが高評価

前編では、食べたことのある「中華まん」の具材や、世代別の嗜好などについて紹介した。後編では、主要なコンビニエンスストアごとの中華まんのイメージや、スーパーなどで売られるチルドの肉まんの購入状況などについて紹介したい。日経BPコンサルティング 横尾 晴美食材にこだわり感じる「セブン-イレブン」 主要なコンビニの中華まんについて消費者が抱くイメージをまとめたのが【図1】だ。各コンビニ間で得票率に差がついたのは「味がよい」「親しみを感じる」「外れ商品がない」「商品が豊富である」の4項目。「セブン-イレ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ