調査のチカラ TOP > タグ一覧 > セルフメディケーション

「セルフメディケーション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「風邪薬」に関するアンケート

● 風邪をひいたとき、まずは『市販薬を服用する』 6割超● 「購入しやすいから」「早く効きそうだから」「家にあったから」…市販薬を服用する理由インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「風邪薬」について アンケートを行い、風邪をひく頻度や、風邪をひいたときの対処法などをまとめました。調査は2016年12月7日〜12月19日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,004人から回答を得ています。 Tweet ● 風邪をひく頻度 3人に2人が『年間1回以上』● 

2017年2月7日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

かぜ薬に関する意識調査

3人に2人が“毎年1回以上”かぜをひく!? 自覚症状は“のどの痛み”が圧倒的、初期対策には男女差も 〜「セルフメディケーション税制」は認知度は低いが期待は高い傾向〜 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第54号としてかぜ薬に関する意識調査の結果をご紹介します。3人に2人が“年1回以上”かぜをひく 年明け早々、列島各地を強い寒波がおそいました。か

2016年5月22日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「お薬手帳と新・医療控除」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「お薬手帳と新・医療控除」について「新・医療費控除制度」9割以上が知らない。今年の4月に改定された診療報酬制度では、お薬手帳を持って同じ薬局に通うと支払う金額が少しだけ安くなるようになりました。また2017年度からは、1年間に薬局などで購入した市販薬が12,000円を超えると所得から控除できる、新・医療費控除が始まる予定です。そこで今回は、お薬手帳の利用実態と新・医療費控除制度についてベルメゾンデッセ会員のみなさんに伺いまし

2015年3月15日経済産業省★フィードバック数:0ライフスタイル

ドラッグストアについてのレポートです。

「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」報告書

「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」報告書をとりまとめました~セルフメディケーションを実現するための10 の提言~ 経済産業省は、昨年11 月から「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」を開催してきました。当研究会では、薬剤師や登録販売者等の専門人材を有するドラッグストアが、セルフメディケーション推進のためにどのような役割を果たすことができるのかを検証しており、このたび当研究会の報告書をとりまとめました。当報告書では日本再

風邪薬についての調査です。

「かぜ薬」に関するアンケート

●市販かぜ薬 認知1位は「ルル」、直近服用1位は「パブロン」、総合満足1位は「プレコール」●9.1%が「ブランド名が分からないまま服用」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、 「かぜ薬」についてアンケートを行い、 使用しているかぜ薬のブランド名や満足度、 購入する際の重視点、「セルフメディケーション」の認知などについてまとめました。調査は2015年1月16日〜2月4日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター6,308人から回答を得ています。Tweet ● 

2015年1月30日経済産業省★フィードバック数:0ライフスタイル

経産省の研究会資料です。

セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会(第3回)‐配布資料

セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会(第3回)‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2014年11月9日経済産業省★フィードバック数:0ライフスタイル

経産省の研究会資料です。

セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会(第1回)‐配布資料

セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会(第1回)‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

薬局等でのセルフメディケーションの現状と課題について -自己採血検査を中心に-

薬局等でのセルフメディケーションの現状と課題について-自己採血検査を中心にー 政府の成長戦略の下、セルフメディケーションの推進にむけた動きが加速している。そのひとつが自己採血検査である。 今回、薬局等で自己採血検査を体験してみたが、あちこちに血液が付着してしまい(あくまで筆者の例)、安全性対策がやや不十分ではないかと思われた。また、それほど簡便でも手軽でもなかったが、今後拡大する可能性はある。 薬剤師や薬局が増加しており、さらには薬局との提携を進めているコンビニが新たな市場を必要としているから

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ