調査のチカラ TOP > タグ一覧 > セルフレジ

「セルフレジ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月23日マイボイスコム★フィードバック数:0ライフスタイル

セルフレジの利用に関するアンケート調査

■フルセルフレジ(商品スキャン・会計を客が行う)直近1年間利用経験は全体の6割弱。「設置店舗利用時はほぼ毎回利用」が1割強。セミセルフレジ(商品スキャンは店員・会計は客)直近1年間利用経験は6割強。「設置店舗利用時はほぼ毎回利用」は2割強で、フルセルフレジより多い。■フルセルフレジ利用場面は、「対面式レジが混んでいる」「セルフレジに並んでいる人が少ない・混んでいない」「買うものの数が少ない」が、直近1年間利用者の各4~5割。支払い方法は「現金」「クレジットカード」が直近1年間利用者の各5~6割、

2018年10月1日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

POSターミナル市場に関する調査

2017年度の国内POSターミナル市場は、前年度比152.8%の22万6千台、同157.3%の763億円と急拡大!~2017年度はコンビニエンスストアの大規模な機器の入れ替えが貢献~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度のPOSターミナル市場の調査を実施し、リテールソリューション動向やPOSシステム関連事業者の戦略、市場の将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内のPOSターミナル市場規模(メーカー出荷ベース)は、前年度比152.8%の226,008台

2018年9月27日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

POSターミナル市場に関する調査

2017年度の国内POSターミナル市場は、前年度比152.8%の22万6千台、同157.3%の763億円と急拡大!~2017年度はコンビニエンスストアの大規模な機器の入れ替えが貢献~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度のPOSターミナル市場の調査を実施し、リテールソリューション動向やPOSシステム関連事業者の戦略、市場の将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内のPOSターミナル市場規模(メーカー出荷ベース)は、前年度比152.8%の226,008台

2017年2月19日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

POSターミナル市場に関する調査を実施(2016年)

POSターミナル市場に関する調査を実施(2016年) ~人材不足で押し寄せるセルフ化、進展するタブレット対応~ 調査要綱 矢野経済研究所は、次の要綱にて国内のPOS市場について調査を実施した。1. 調査期間:2016年10月~12月2. 調査対象:POSターミナルメーカー、POSソフトウェアベンダ、タブレットPOSベンダ等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<POS ターミナル市場とは>POS(Point Of Sales s

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ