調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ソフトウェア市場規模

「ソフトウェア市場規模」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月12日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内テレワーク関連ソフトウェア市場予測

国内テレワーク関連ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内テレワーク関連ソフトウェア市場は、1,717億3,500万円、前年比4.4%増 2015年の国内テレワーク人口は前年比0.5%増の1,080万人と緩やかながら増加 同市場はリプレイス/新規需要により、2015年~2020年の年間平均成長率5.1%、2020年の市場規模は2,202億4,600万円と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:

2016年11月1日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場規模は4,113億円、前年比成長率5.0% 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は中期的に高成長。2015年~2020年の年間平均成長率は5.3%、2020年の市場規模は5,325億円と予測 ITサプライヤーは自身のビジネス体制をDX時代に適合したものに変化していく必要がある

2016年9月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BA(ビジネスアナリティクス)ソフトウェア市場予測

国内BA(ビジネスアナリティクス)ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内BAソフトウェア市場規模は1,921億2,100万円、前年比10.2%増の高成長 企業のデータ活用意欲は継続的に高まり、クラウド型データウェアハウス、セルフサービスBIなどのソリューションが浸透し市場成長を加速 企業のデジタルトランスフォーメーションの基盤として需要は拡大。2015年~2020年の年間平均成長率6.4%、2020年には2,617億6,200万円に達すると予測 IT専門調査

診断支援ソフトウェアの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング診断支援ソフトウェアの市場予測 ◆ 薬事法改正で、単体で流通が可能となる医療用ソフトウェアは、→2015年以降急速に伸長し、2020年には175億円と予想→中心となるのは、マンモグラフィCADのソフトウェア◆ 診断支援ソフトウエア製品全体の市場規模は、2020年時点で約770億円と予想 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、診断支援ソフトウエアの現状と今後の方向

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ