調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ソーシャルゲーム

「ソーシャルゲーム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年5月14日AppBroadCastフィードバック数:0エンタテインメント

リアルスマホゲームユーザー動向調査

[株式会社AppBroadCast] ,KDDI ソーシャルゲーム スマホ ゲーム スマートフォン アプリ 調査データ AppBroadCast ユーザー動向

2013年11月2日総務省★フィードバック数:0モバイル

論文です。

モバイルコンテンツへの支払い行動決定要因と依存性―ソーシャルゲームの実証分析と政策的含意―

モバイルコンテンツへの支払い行動決定要因と依存性―ソーシャルゲームの実証分析と政策的含意―

2013年5月30日ワークポートフィードバック数:4キャリアとスキル

2013年4月インターネット業界採用動向

[] <要旨> 好調が続くEコマース関連では、ECプラットフォームを運営する企業や自社ECサイト運営企業、ネット決済関連企業の求人が目立ちました。職種別ではエンジニア系が全体の2割程度、WEBディレクター・デザイナーなどのクリエイティブ系が7割、マーケティング・運営などの求人が1割程度となっています。日本政策投資銀行のレポートでは、Eコマース関連の新規需要は今後4年間で4割程度拡大する見通しとなっており、今後も安定的な成長が見込めるでしょう。また、ソーシャルゲーム関連も、依然として積極的な採用活

2013年4月23日Yahoo!フィードバック数:35エンタテインメント

最もソーシャルゲームをやっている人が多いのは、「愛知県」だった!?

最もソーシャルゲームをやっている人が多いのは、「愛知県」だった!?愛知県出身の舘ひろしさんも、ハンコをねだるようにフレンド登録をお願いしている!? イラスト/藤田マサトシスマートフォンの普及とともに、ソーシャルゲームで遊ぶ人もどんどん増えている昨今。ハマる人、ちょっとだけ遊ぶ人、まったく手を出さない人がいますが、ソーシャルゲームで遊んでいる人と県民性って関係あるのでしょうか? そこで今回は、ソーシャルゲームをやっている人が多い都道府県を検索率から調査。調査結果からは、「最もソーシャルゲームをやっ

2013年4月10日MM総研★フィードバック数:14モバイル

コミュニケーションアプリやソーシャルゲームについての調査です。

IP電話、ソーシャルゲーム利用に関するユーザー調査

IP電話、ソーシャルゲーム利用に関するユーザー調査 2013年04月10日■スマートフォン利用者のIP電話・メールアプリの利用率上位は「LINE」、「Facebook」、「Skype」 ■通話時間全体に占めるIP電話の割合は28% ■ソーシャルゲーム利用者のうち、有料コンテンツ購入者は12% ■ゲームのプレイ時間全体に占めるソーシャルゲームの割合は36%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は4月10日、IP電話・メールアプリ(LINE、Facebook、Skypeなど)、ソーシャルゲー

2013年4月4日消費者庁フィードバック数:112セキュリティ/ネットワーク

消費者が実行すべきポイント~「ソーシャルゲーム」、「口コミ(サイト)」、「サクラサイト」について~

消費者が実行すべきポイント~「ソーシャルゲーム」、「口コミ(サイト)」、「サクラサイト」について~

2013年3月1日CyberZ★フィードバック数:1モバイル

新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「今、遊んでいるソーシャルゲーム内の広告を見て」が1位でした。

スマートフォンにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第三弾)

家庭用ゲーム機よりスマホゲームでよく遊ぶ約6割、新しいソーシャルゲームを始めるきっかけは「ゲーム内広告」 スマホにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第三弾) 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、ソーシャルゲーム市場の拡大(*1)を背景として、全国の普段ソーシャルゲームで遊んでいる15?69歳の男女1,018名を対象に、「ソーシャル

2013年3月1日ワークポートフィードバック数:2キャリアとスキル

2013年1月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界が新規タイトル投入に向けた戦略的な採用活動を展開し、業界全体を牽引しています。当月のゲーム業界における求職者が就業を決定した企業及び職種に注目してみると、就業決定企業は全体の約80%がソーシャルゲーム企業であり、コンシューマゲーム企業は約12%、オンラインゲーム企業は8%でした。職種別では、デザイナー職が約23%、プログラマー職が約21%、プロデューサー・ディレクター職が約18%となり、この3職種で全体の約62%を占めています。しかしながらプランナー職、マーケ

2013年2月25日CyberZ★フィードバック数:18モバイル

ソーシャルゲームでのお金の使い方についての調査です。

ソーシャルゲーム利用実態調査(第二弾)

スマートフォンにおけるソーシャルゲーム利用実態調査(第二弾)を実施。課金経験有ユーザー過半数、一人当り平均月間課金額「2,700円」 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、ソーシャルゲーム市場の拡大(*)を背景として、全国の普段ソーシャルゲームで遊んでいる15?69歳の男女1,018名を対象に、「ソーシャルゲームの利用実態調査(第二弾

2013年2月1日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2012年12月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界は依然として活発な採用活動を展開しており、戦略的ポジションからポテンシャル層まで幅広いニーズがあります。戦略的ポジションは求められる要件レベルも高めである分、報酬も良い求人が目立ちました。職種別に見ると、ディレクター・プランナーの求人が好調です。業界は来年以降の新規タイトル投入に向けた下準備の期間に戦力強化を図っていると考えられ、これから多くの企業が採用目標を掲げて一気に採用を活発化させるものと思われます。<今後の見通し> ソーシャルゲーム業界は、決算報告など

2012年11月22日ワークポートフィードバック数:2キャリアとスキル

2012年10月ディレクター・プロデューサー職採用動向

[] <要旨> Webディレクター・プロデューサーは、前月に続き20~30%増となりました。特に増えてきているのが、ECサイト関連のディレクター職です。募集背景としては、自社ECサイトの好調のほかクライアントのECサイトの売上向上を目的としたコンサルティングなどが多く見られました。また、ECの活性化やスマホの普及はWebマーケティング関連の職種にも影響を与えており、求人は活発な状況となっています。今後も様々な案件が派生していくことが予想され、好調は続くでしょう。 一方、業績好調なソーシャルゲーム

2012年7月31日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2012年6月ゲーム業界採用動向

[] <要旨>ソーシャルゲーム業界の求人数は、その他ゲーム業界(コンシューマ、オンライン)を抑えて順調に増加しています。これを追撃する形で、アミューズメント業界(パチンコ、パチスロ)もグラフィックデザイナー、映像編集といった職種を中心に求人数を伸ばし好調でした。案件の比率は前月とほぼ変わらず、エンジニア(プログラマ)約25%、デザイナー15%、ディレクター(プロデューサー)10%強、マネージャー(リーダー)5%、プランナー5%となりました。当月目立った点として、3DCGデザイナーの増加が挙げられ

2012年7月31日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年6月営業・その他職種採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界の求人数は、その他ゲーム業界(コンシューマ、オンライン)を抑えて順調に増加しています。これを追撃する形で、アミューズメント業界(パチンコ、パチスロ)もグラフィックデザイナー、映像編集といった職種を中心に求人数を伸ばし好調でした。案件の比率は前月とほぼ変わらず、エンジニア(プログラマ)約25%、デザイナー15%、ディレクター(プロデューサー)10%強、マネージャー(リーダー)5%、プランナー5%となりました。 当月目立った点として、3DCGデザイナーの増加が挙げ

2012年6月29日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年5月モバイル業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界の求人は、新たな企業が新規求人を打ち出すという動きこそ見られなかったものの、高い水準を維持して順調に推移しています。前月比5%アップという低い伸び率に反して、採用活動は積極的に展開されていました。多くを占めているのはWeb系エンジニアの求人ですが、これに次いでデザイナーなどのクリエイティブ関連の求人も伸びてきています。エンジニアに比べるとまだまだ数自体は少ないものの、伸び率は同等あるいはそれ以上でした。職種としては、WebデザイナーはもちろんUI/UX、マーク

2012年5月30日ワークポートフィードバック数:5キャリアとスキル

2012年4月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界の求人は、コンシューマ、オンラインなどを抑えて依然として好調です。ゲーム関連のエンジニア職種を比較すると、ソーシャルゲームの求人数はコンシューマゲームの求人数の約2.4倍となりました。ディレクター関連についても2倍以上の水準となっています。WEB関連での経験だけでなく、コンシュマゲーム経験のみでも可とする求人が増加するなど、求人の間口も広がっていることがわかります。採用スピードの加速も目立ち、1回だけの面接で結果を出す企業や、会社説明会兼面接会を実施する企業、

2012年5月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年4月PG・SE職採用動向

[] <要旨>Web系・業務系エンジニアでは、前月に続きスマートフォン向けアプリやソーシャルアプリ開発の求人が増加し、新年度の採用計画に基づく求人も目立ちました。特に大手プラットフォーム向けソーシャルゲームを自社開発する企業の求人増が顕著で、創立間もない企業では将来のコアメンバーとなり得る人材を求めています。開発言語としてはPHPやJava、Objective-Cの経験を挙げる企業が多い中、業界経験やWeb系言語での開発実務経験がなくても応募可とする求人も増え始めました。こういった求人に関しては

18歳以上を対象とした調査です。

ソーシャルゲームに関する実態調査

ソーシャルゲームに関する実態調査

2012年2月21日インプレスフィードバック数:14モバイル

スマートフォン時代の世界のアプリ市場調査報告書2012

有料アプリダウンロード経験、スマートフォンで38.4%、タブレット端末で44.1% 『スマートフォン時代の世界のアプリ市場調査報告書2012』[App Store、Android Marketからソーシャルゲームまで ユーザーの利用実態と業界動向] 発売―有料アプリダウンロード経験、スマートフォンで38.4%、タブレット端末で44.1%スマートフォン1707人/タブレット端末ユーザー888人への調査を実施―『スマートフォン時代の世界のアプリ市場調査報告書2012』 [App Store、Andr

MobageとGREEのスマホゲーム利用実態調査結果(速報)

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングMobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動分析調査 ◆ Mobage、GREE利用のきっかけは、①「以前の携帯電話で利用」②「友人の招待」③「テレビCM」◆ Mobage、GREE利用者の8%程度は、1カ月1,000円以上支払って遊ぶ◆ Mobage、GREEの有料ゲーム利用者の約半数は「その他趣味・レジャーの支出への影響がない」市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード

2011年12月19日MMDLaboフィードバック数:48モバイル

スマートフォンのプリインストールアプリに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォンユーザーの約9割が「プリインストールアプリが便利」と回答 スマートフォンユーザーの約9割が「プリインストールアプリが便利」と回答 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「スマートフォンのプリインストールアプリに関する実態調査」を実施致しました。【 調査結

2011年10月19日プラニディアフィードバック数:1マーケティング

スマートフォンを基軸としたモバイル広告市場ビジネスモデルの展望

リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート 気になる商品・記事をクリップしておくことができます。各記事ページのボタンをクリックすると、ここに追加されます。 会員登録すると、MYページで整理・保存しておくこともできます。 レポートを発行している方へ [SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。スマートフォンを基軸とした

2011年9月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年8月デザイナー職採用動向

[] <要旨> 新規求人は前月比で10%程度減少したものの、勢いは持続しています。自社メディア系求人の積極的な採用活動が目立ちました。全体の内訳では自社メディア・自社サービスの求人が65%、クライアントワークが35%と、前月とほぼ同じ比率となっています。また、当月および前月に募集を開始した求人のうち50%が当月中にクローズとなり、募集期間が短い傾向は続いています。なお、SAPはソーシャルアプリ・ソーシャルゲームの黎明期をいかに戦ってきたかで明暗が分かれ、デザイナーの求人数にも偏りが出始めました。

2011年9月27日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年8月ディレクター・プロデューサー職採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム・オンラインゲームでは採用ニーズの高い状態が続いており、10%増加となりました。早い段階からソーシャルゲームへと事業の舵を切った企業の上場発表、モバイルコンテンツプロバイダーによるソーシャルゲーム関連の追加増員などが好調を後押ししています。一方、ソーシャルゲームのサービスが軌道に乗らず苦戦するSAPからの人材流出も見られるなど、企業間の差も顕著になりました。また、WEB(PC)、モバイル、スマートフォンディレクター・プロデューサー職では、自社サービスを行う企業でソ

2011年7月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年6月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> 求人数、転職希望者数、共に前月を上回りました。特にオンラインゲームやソーシャルゲームにおいて、ゲーム運営に纏わる企画からカスタマーサポートまでを担う運営職の求人増加が顕著です。継続的なビジネスであるオンラインゲームやソーシャルゲームでは非常に需要なポジションですが、スタマーサポートは業界外の経験者でもメールや電話でのサポート経験があれば可とする傾向にあり、異業種からの転職成功例も見られました。また、デジタルコンテンツの生産が急務であるアバターやアイテムへの課金ビジネスでは、デザイ

2011年6月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年5月ディレクター・プロデューサー職採用動向

[] <要旨> ソーシャールゲーム・オンラインゲームの求人数は、ディレクター・プロデューサー共に5%増加しています。継続募集のみならず新規参入企業の求人も多く見られました。WEB(PC)・モバイル・スマートフォンも、PC向け・スマートフォン向けを中心に好調が続いています。一方でガラケー向けの新規求人はほとんどなく、市場の変化が顕著に表れています。 コンシューマーゲームプランナー・ディレクター・プロデューサーは、プランナーやディレクターの新規増員と継続募集が大きく貢献する形で久しぶりに増加しまし

2011年5月23日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年4月ディレクター・プロデューサー職採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム・オンラインゲーム業界では前月ストップした新規求人が10%程度増加し、再び求人数の増加が見られました。4月に入って年間の採用計画が立ち、募集を開始する企業が増えています。WEB(PC)・モバイル・スマートフォン関連の求人も全体で5%増加し、特にWEBでは、インターネット業界全体の活性化に伴って自社サイト運営企業のみならず代理店や制作会社の求人も目に付くようになりました。モバイルに関しては、スマートフォン関連か、スマートフォン関連にガラケー向けを加えた求人が増加傾

2011年2月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年1月 ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲーム業界の活況と共に急増した求人数は横ばいに転じました。人材が充足したことによる採用終了と、新規採用の数が同程度で推移しています。コンシューマー向け、オンライン向けの入れ替わりはあまりなく、ソーシャルゲーム系求人に入れ替わりがありました。 特筆すべきは、大手パブリッシャーが大量採用に動いたことでしょう。ソーシャルゲーム業界進出に出遅れたことから採用活動も後手に回っていましたが、ソーシャル系人材に加えてWEB系、モバイル系人材をも採用するなど一気に巻き返しを図った形で

2011年2月18日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2010年1月 ディレクター・プロデューサー採用動向

[] <要旨> モバイルではソーシャルゲーム・アプリの好調が持続していることに加え、Androidやi Phoneなどスマートフォン向けの新規求人が目立つようになりました。特にゲームジャンルの人気が高く、ゲームやエンタメのサイト・コンテンツの経験者が優遇されています。 WEB業界でもガラケーやスマートフォンなどモバイル関連への進出を目論む企業が多いため、WEB以外の幅広い経験がある方を優遇する傾向にあります。WEB業界では、新規メディアの立ち上げやリニューアルに伴う求人が目を引きました。ソーシ

ソーシャルゲームの世界市場動向とビジネスモデル分析調査

ソーシャルゲームの世界市場動向とビジネスモデル分析調査 シード・プランニング オンラインショップ 市場調査レポートソーシャルゲームの世界市場動向とビジネスモデル分析調査 ソーシャルゲームの市場概況(日本、米国、中国、韓国)SNSプラットフォーム、SAP(ソーシャル・プリケーション・プロバイダー)のビジネスモデルボーダレス化する市場について、アメリカ、中国、韓国の事業者動向を踏まえた分析 FacebookなどSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を中心に世界中で急成長しているソーシャルゲ

2010年8月31日セレス★フィードバック数:11デジタル家電

ソーシャルゲームの利用実態です。

SNSソーシャルゲーム利用実態調査(1)

◆「バトルゲーム」「カード・テーブルゲーム」の利用経験率が高いのは「モバゲー」◆今いちばんハマっているゲームを始めたきっかけ、「モバゲー」「GREE」は「サイト内のバナーから」、「mixi」は「招待されて」◆「mixi」のソーシャルゲーム利用者のうち、9割以上が課金をしていない調査概要・調査手法: モバイルリサーチ・調査地域: 全国・調査対象: 13?59歳の男女(モッピーモニター): SNSのソーシャルゲームを利用している人・調査期間: 2010/8/24・有効回答数: 1,063サンプル(年

2010年3月15日スパイア★フィードバック数:0デジタル家電

携帯ソーシャルゲームに関する利用実態/意識調査です。

「モバイルにおけるソーシャルゲーム」に関する共同調査

「モバイルにおけるソーシャルゲーム」に関する共同調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ