調査のチカラ TOP > タグ一覧 > タイムライン

「タイムライン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月5日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

SNSでは、約6割が「ハッシュタグ検索よりも、タイムラインで情報収集」

SNSでは、約6割が「ハッシュタグ検索よりも、タイムラインで情報収集」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年11月度)SNSでは、約6割が「ハッシュタグ検索よりも、タイムラインで情報収集」60代ネット利用者の約6割は「毎日検索」。10代では半数以下調査結果サマリーSNSでは、約6割が「ハッシュタグ検索よりも、タイムラインで情報収集」スマートフォンからSNSで情報収集をする人のうち、ハッシュタグ検索やキーワード検索よりも、「タイムラインを利用して、情報収集する頻度が圧倒的に多い」と

2017年12月26日スプリックスフィードバック数:0社会/政治

中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』アンケート

スプリックス、中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』アンケー...| スプリックス、中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』 アンケート結果を公開SNSの“タイムライン型コミュニケーション”時代を反映「卍」「あーね」などSNSでの返信を意識した短ワードが上位にランクイン株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区、以下 スプリックス)は、スプリックスの運営する個別指導塾『森塾』に通う中学生生徒を対象に「『2017年の流行語』に関するアンケート」を実施いたしました。株式会社スプリックス調べ「中高生

2017年11月23日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年10月度)Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Twitter利用者の約4割は、「自らは投稿しない」調査結果サマリーFacebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Facebookを現在利用している人のうち、「頻繁に投稿するし、タイムラインも頻繁に見る」というヘビーユーザーと言える人は11.1%でした。また、「ときどき投稿する程度だが、タイムラインは頻繁に見る」

2017年11月21日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年10月度)Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Twitter利用者の約4割は、「自らは投稿しない」調査結果サマリーFacebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Facebookを現在利用している人のうち、「頻繁に投稿するし、タイムラインも頻繁に見る」というヘビーユーザーと言える人は11.1%でした。また、「ときどき投稿する程度だが、タイムラインは頻繁に見る」

2016年11月3日ADDIX★フィードバック数:0マーケティング

Instagram広告についての意識調査2016

インスタでは「広告」も「情報」!「Instagram広告についての意識調査2016」日本で、Instagram上に広告が本格的に配信されるようになって、この10月で1年が経ちました。Instagram上に広告が表示されることが当たり前となった今、女性たちは、広告に対して、どう感じているのでしょう。年代別での違いも含めて、探りました。インスタ利用者「タイムラインになじんでいれば広告は気にならない」が半数超え。まず前提として、今回の調査での、Instagramのアカウントを持っている女性の割合を見て

2014年2月14日Twitterフィードバック数:0大型消費/投資

ぼっちのバレンタイン on Twitter

今日14日はバレンタインデー。ロマンティックな雪ふる町にもタイムラインにも、赤やピンクのハートが溢れて、ハッピーの押し売り状態。この日だけは、街を歩くのもTwitterを見るのも辛い、という方も少なくないでしょう。でも大丈夫。 #バレンタイン とか早く終わればいいのに、と苦々しく思っている人は世の中にたくさんいるのです。今回は「バレンタイン」という単語と一緒にツイートされることが多い、切ないキーワードをまとめてみました。

2012年9月25日ジャストシステムフィードバック数:6モバイル

“SNS化後”のLINE利用者実態調査

LINEのSNS化に対する利用者の意外な本音が明らかに“SNS化後”のLINE利用者実態調査現時点では、6割以上のLINE利用者が、既存機能を中心に利用調査結果サマリー現時点では、既存機能を中心に利用するユーザーが6割以上セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、LINEが続々とリリースしている新機能の認知度や利用経験・頻度を聞いたところ、自分の活動状況の投稿や友だちの近況の確認を行える「ホーム」「タイムライン」の閲覧は、現時点では、ともにLINE利用者の6割以上が使っていない状況で(「利用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ