調査のチカラ TOP > タグ一覧 > タブレット活用

「タブレット活用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年3月10日ITR★★フィードバック数:0ビジネス

教師対象の調査です。

教育現場でのタブレット活用における製品選定の指針

教育機関で急速に高まるタブレット端末の活用意欲、 現役教師はWindowsタブレットの採用に前向き ― ITRが、教師を対象に実施した調査結果と、端末選定のポイントを指南するホワイトペーパーを発行 ―2014年3月10日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、全国の300人超の現役教師を対象に実施したタブレット端末の活用意欲に関する調査結果を発表いたします。なお、本調査結果を含め、教育機関におけるタブレット端末選

2014年3月5日タイムカレント★フィードバック数:0デジタル家電

ビジネスパーソンのタブレットについての調査です。

社会人のタブレット端末利用実態調査(前編)

Vol.11 社会人のタブレット端末利用実態調査(前編) 初代iPadから4年★社会人の自分専用タブレット端末所有率=21.4% 平均利用年数=16ヶ月間 / 仕事での活用率=6割 タブレット活用機会が広がる反面、「不便」を感じる2大要素 「画面上のキーボード操作」と「バッテリー寿命」 機能・アクセサリー活用がタブレット端末普及の鍵!? / 7割以上が「PCの代替器になる」と期待 ~ 20代~50代ビジネス層の「タブレット端末利用実態調査(前篇)」結果発表 ~ 2010年5月に日本で最初に発売さ

2013年6月14日MMDLabo★フィードバック数:19キャリアとスキル

ソーシャルメディア、スマートデバイスに注目しています。

就職活動に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ソーシャルメディアから就職活動に関する情報収集をしていた学生はわずか10% ソーシャルメディアから就職活動に関する情報収集をしていた学生はわずか10% MMD研究所は、2013年度入社の会社員487人を対象に、「就職活動に関する実態調査」を2013年5月31日~6月4日に実施しました。調査では、就職活動時のソーシャルメディアやスマートデバ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ