調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ダイバーシティ

「ダイバーシティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月23日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

働く人のダイバーシティに関する意識調査

7割以上が「ダイバーシティへの取り組み」を重要と回答一方で、取り組みの効果について約7割が実感なし – 働く人のダイバーシティに関する意識調査 – アデコ株式会社は、20代~60代の働く人を対象に「ダイバーシティ」に関するアンケート調査を実施しました。 世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、20代~60代の働く人を対象に「ダイバーシティ」に関するアンケート調

2017年7月11日アイ・キュー★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の人事部 人事白書2017

『日本の人事部 人事白書2017』全国4,061社の人事実態...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 『日本の人事部 人事白書2017』 全国4,061社の人事実態調査戦略人事、採用活動の成果、育成の効果検証、評価結果の活用、ダイバーシティ、 労働時間短縮施策、AIの活用、「いい人事部とは」…… 今注目されているHR関連のテーマを徹底調査今春、株式会社アイ・キューでは、日本最大のHRネットワーク『日本の人事部』会員100,000人(企業の人事・経営者)に向け、大規模な

2017年4月26日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「職場のダイバーシティ」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「職場のダイバーシティ」意識調査 自社がダイバーシティに積極的に取り組んでいると感じる方は19%に留まる。ダイバーシティ促進にもっとも必要なことは「社員の理解」。―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 「職場のダイバーシティ」意識調査 自社がダイバーシティに積極的に取り組んでいる と感じる方は19%に留まる。 ダイバーシティ促進にもっとも必要なことは「社員の理解」。 ―『エ

2017年3月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「ダイバーシティ」を推進する企業に魅力を感じますか?

転職希望者のホンネ調査2017年3月17日「ダイバーシティ」を推進する企業に魅力を感じますか?「ダイバーシティ」とは、“性別や人種の違いに限らず、年齢や性格、学歴、身体障害の有無などの異なる多様な人材を受け入れ、生産性を高めよう”という考え方で、注目を集めている言葉です。 また、最近では多くの企業が優秀な人材の発掘や社会という多様なニーズへの対応のためにこの考え方を重視し、「ダイバーシティ宣言」などを発表しています。今回はワークポートを利用する転職希望者に「ダイバーシティを推進する企業に魅力を感

ダイバーシティに関する調査レポート 第二弾

2016.10.12≪ダイバーシティに関する調査レポート 第二弾≫ 女性活躍をサポートしたい男性は、約4割しかいない!? 「女性の方が重視されている」、「女性の方が評価され、昇進が早い」、 「女性活躍のシーンが増えて焦っている」などの"男性の3つの本音"が明らかに!  2016年4月に女性活躍推進法が施行され、性別、年齢、人種や国籍、価値観などの多様性だけでなく、キャリアや経験、働き方などの多様性に対する関心が高まりつつあります。特に、女性活躍に関するセミナーやフォーラムなどが各地で開催され、女

ダイバーシティに関する調査レポート 第一弾

2016.09.28≪ダイバーシティに関する調査レポート 第一弾≫ 20代女性の約70%が「企業はダイバーシティに取り組むべき」 "自分ごと化"する女性と"組織的視点"の男性の意識の差が明らかに  近年、女性活躍推進法を始め、性別、年齢、人種や国籍、価値観などの多様性だけでなく、キャリアや経験、働き方などの多様性に対する関心が高まりつつあります。しかし、実際どの程度の人が必要と捉え、それに関する制度の導入はどの程度進んでいるのでしょうか。株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区、代

「親に聞いた、子供からのカミングアウト」に関する調査(LGBT)

「親に聞いた、子供からのカミングアウト」に関する調査 2016年8月18日 【調査概要】調査テーマ :「親に聞いた、子供からのカミングアウト」に関する調査調査地域:全国46都道府県(※山梨県は回答なし)調査対象:30~59歳の男性 285名、女性281名、計566名調査期間:2016年8月8日〜8月11日調査方法:インターネット調査 子供からのカミングアウト、約半数が前向きに受け入れる姿勢を回答 そこで今回LGBTマーケティングラボでは、LGBT当事者にとって最も身近な存在である「親」に向

2016年7月5日アイ・キューフィードバック数:0ビジネス

日本の人事部 人事白書2016

全国4,036社の人事実態調査『日本の人事部 人事白書2016』発刊今春、株式会社アイ・キューでは、『日本の人事部』会員90,000人(企業の人事・経営者)に向け、大規模なアンケートを実施しました。全12テーマ、164問のアンケートにのべ4,036社、4,130人が回答。調査結果から、企業が抱える人・組織に関する課題やそれに対する戦略、施策がわかりました。このたび、その結果をまとめた『日本の人事部 人事白書2016』を発刊いたしましたので、お知らせいたします。また、調査結果の中から、一部を抜粋し

2016年7月5日レティビーフィードバック数:0マーケティング

「”LGBTフレンドリー”企業の印象」に関する調査

[株式会社レティビー] ,調査レポート ダイバーシティ LGBT LGBT支援 Letibee LGBTマーケティングラボ 榎本悠里香 LGBTフレンドリー 13人に1人 LGBT総合研究所

女性の働き方・働きがいに関するアンケート調査

[ショップジャパン] ,人事制度 ワーキングマザー 働き方 育児休暇 ショップジャパン オークローンマーケティング ダイバーシティ 女性管理職 女性活躍 Shop Japan

2016年1月18日経済同友会★★フィードバック数:0キャリアとスキル

ダイバーシティと働き方に関するアンケート調査

ダイバーシティと働き方に関するアンケート調査結果 人材の採用・育成・登用委員会 委員長 櫻田 謙悟 (損保ジャパン日本興亜ホールディングス グループCEO 取締役社長) はじめに経営者の行動宣言1.【要約】~今回の調査結果について~2.アンケートの回答結果アンケートに関する基本情報女性の登用・活用(1)女性の登用・活用の経営指針や経営計画等における明示(2)女性の登用・活用を推進する組織の設置(3)女性従業員の活用(4)女性役員・管理職の登用(5)女性管理職登用の具体的数値目標の設定や公表(6

2015年7月16日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

女性活躍(定着・管理職割合)について

人事・採用・労務の実務に役立つ情報満載! 女性社員活躍への取り組み企業 51%→53%へ増加約6割の企業が「女性活躍により企業業績へ良い影響がある」と回答 アンケート実施期間:2015年5月20日(水)~2015年6月16日(火)有効回答数:280名 今回は、「女性活躍(定着・管理職割合)」について伺いました。女性社員の活躍・定着に「取り組んでいる」と回答した企業は53%。2014年、同様のアンケートでは51%だったため、2ポイント増加しています。また、「意識していない」という企業は39

ダイバーシティがテーマです。

2014年下半期転職実態調査

ニュース&レポート2015/06/04「ダイバーシティ」「女性の活躍」「外国人採用」に意識のギャップ2014年下半期転職実態調査 ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:篠原 裕二)は、「ダイバーシティな職場環境」、「女性の活躍」や「外国人採用」への取り組みに対する意識調査を行いました。調査対象は一般モニター(一般就業者)と、日本語、英語ビ

CEO調査です。

第18回世界CEO意識調査 日本分析版

PwC Japan、「第18回世界CEO意識調査 日本分析版」を発表‐日本企業の景況観と成長に向けた取り組みを、世界77カ国の主要企業と比較 日本のCEOの約8割が、今後1年間の成長に自信を示しているが、前年をやや下回る結果に自社が成長する上で重視する国として、日本では引き続き中国が1位となる一方、2位の米国が前年より大きく上昇中長期的な競争への対応では、デジタル技術に関する重要度の認識やダイバーシティへの取り組みで弱い部分も2015年4月22日PwC JapanPwC Japanは本日

PwCのレポートです。

ミレニアル世代の女性: 新たな時代の人材 (The female millennial: A new era of talent)

ミレニアル世代の女性は、どの世代よりも自信にあふれ意欲が高い‐PwCの最新調査結果が、女性と仕事に関するこれまでの通説を払拭 最も魅力を感じる企業の特長として、昇進の機会がトップに入社間もないミレニアル世代の女性の49%が、現在の職場で自らがトップレベルまで昇進できると想定ミレニアル世代の女性の86%が共働き、そのうち66%の収入がパートナーや配偶者と同等またはそれ以上しかし、ほぼ半数が、社内の昇進機会において企業は男性偏重であると回答また71%が、機会は全員に均等に与えられていないと回

2015年2月12日日本能率協会★フィードバック数:0キャリアとスキル

ダイバーシティについての調査です。

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(ダイバーシティ)

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(ダイバーシティ)結果資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・財界記者クラブ・東商記者クラブ 2015年02月10日報道関係各位一般社団法人日本能率協会第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(ダイバーシティ)結果外国人・女性管理職・シニア・障がい者と働く人の半数以上は、職場への影響を実感 企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対して意識調査

2014年12月28日経済同友会★★フィードバック数:0キャリアとスキル

ダイバーシティについての調査です。

ダイバーシティと働き方に関するアンケート調査

ダイバーシティと働き方に関するアンケート調査結果 新しい働き方委員会 委員長 橘・フクシマ・咲江 (G&S Global Advisors Inc. 取締役社長) はじめに経営者の行動宣言1.【要約】~今回の調査結果について~2.アンケートの回答結果アンケートに関する基本情報女性の登用・活用(1)女性の登用・活用の経営指針や経営計画等における明示(2)女性の登用・活用を推進する組織の設置(3)女性従業員の活用(4)女性役員・管理職の登用(5)女性管理職登用の具体的数値目標の設定や公表(6)女性の

ダイバーシティ&インクルージョン調査結果レポート(エグゼクティブサマリー)

「人材開発ソリューションのエム・アイ・アソシエイツ株式会社」ホームニュース一覧【お知らせ】「女性管理職はなぜ増えないのか?」:ダイバーシティ&インクルージョン調査結果レポート(エグゼクティブサマリー)「女性管理職はなぜ増えないのか?」:ダイバーシティ&インクルージョン調査結果レポート(エグゼクティブサマリー)エム・アイ・アソシエイツでは2014年2月から3月にかけて、20社の大企業を対象にダイバーシティ&インクルージョンに関するインタビュー調査を実施しました。その調査結果を詳細に分析し、日本企業

2014年8月15日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

「日中韓3か国企業調査」から考える「女性活躍」の今とこれから 前編

「日中韓3か国企業調査」から考える「女性活躍」の今とこれから 前編(1/2)【第6回 企業と社会、そして人~『これからの経営』を考える~】 前編 「日中韓3か国企業調査」から考える「女性活躍」の今とこれから~自由が丘産能短期大学 石塚浩美教授に聞く~ 「女性の社会参加と活躍」は以前から着目され、議論や実践がなされてきたテーマですが、現在の日本でもまだ課題は多く、なかなか進展していない問題でもあります。しかし近年では、女性の管理職比率が具体的な数値目標として掲げられたり、ダイバーシティやワーク・ラ

2014年6月16日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

リクルートグループの女性管理職比率

リクルートグループの女性管理職比率を発表 ‐グループ全体は19.0%、グループ内最高比率のリクルートスタッフィングは39.5%‐2014年06月16日 株式会社リクルートホールディングス 株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)は、リクルートグループ国内主要11社(※)の2014年4月1日現在の女性管理職任用実績を発表いたします。※リクルートキャリア、リクルートジョブズ、スタッフサービス・ホールディングス、リクルートスタッフィング、リクルー

PwCのレポートです。

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成 現在、世界中の企業は、女性リーダーの不足問題に直面しています。企業が持続可能な変革を実現するためには、幹部人材の多様化を促す努力と並行して、将来、リーダーとなり得る才能ある女性の育成に取り組む必要があります。PwCは若手社員の考え方の変化について掘り下げた調査を2008年から実施しており、今回、「ミレニアル世代*」の重要性について着目した「次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成(Next generation diversity

2014年5月28日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

日本の人事部 人事白書2014

企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ 全国の企業を対象とした、人事実態調査 『日本の人事部』では、2013年より年に1回、全国の企業が抱える人事課題や施策などについて幅広く調査を行い、結果を『日本の人事部 人事白書』としてまとめ、発刊しています。毎回、「採用」「育成」「職場環境」など、「人・組織」関連のテーマに基づいた質問項目を設定し、アンケートを実施。企業の業種や規模を問わず、全国的に大規模な調査を行うことで、現在、日本の企業が抱える課題や傾向、そして解決へ

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国・韓国企業における女性の活躍と収益・生産性・積極的雇用改善措置制度

ノンテクニカルサマリー 中国・韓国企業における女性の活躍と収益・生産性・積極的雇用改善措置制度このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「ダイバーシティとワーク

2014年1月27日日立製作所フィードバック数:0キャリアとスキル

日立グループ女性活用度調査

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。 2014年1月22日ダイバーシティ・マネジメント加速に向け「日立グループ女性活用度調査」を開始「日立グループ女性が活躍する会社ランキング」で女性活用の進捗や課題を見える化 株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明)は

2013年12月27日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府のレポートです。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2013

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて ひとつ「働き方」変えてみよう! 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)レポート2013~その残業、本当に必要?上司と部下で進める働き方改革~<全体版> 第2章 仕事と生活の調和実現に向けた取組○日本経済団体連合会における取組○日本商工会議所及び各地商工会議所における取組○全国中小企業団体中央会(全国中央会)における取組○日本労働組合総連合会における取組○情報産業労働組合連合会(情報労連)における取組○日本化学エネルギー産業労働組

ダイバーシティについての調査です。

働き方に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:5キャリアとスキル

平成23年度企業におけるダイバーシティ推進の経営効果等に関する調査研究,ダイバーシティと女性活躍の推進,グローバル化時代の人材戦略報告書

平成23年度企業におけるダイバーシティ推進の経営効果等に関する調査研究,ダイバーシティと女性活躍の推進,グローバル化時代の人材戦略報告書

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:59キャリアとスキル

最新「ダイバーシティ企業」トップ200

最新「ダイバーシティ企業」トップ200企業の多様性を総合評価、トップは東芝 トップとなったのは東芝、多様な人材活用、育児・介護で高かった 女性、障害者、外国人、そしてLGBT(性的マイノリティ)。多様な人材を活用して企業の競争力を高めようというダイバーシティ(多様性)推進の動きが進んでいる。これまで日本人・男性・既婚者(主に専業主婦の妻)・健常者がメインプレーヤーであった日本企業にも少しずつ変化が出始めているように見える。東洋経済CSR調査では、ダイバーシティに関連する項目も多く調査している

2013年6月5日リクルートフィードバック数:4キャリアとスキル

リクルートグループの女性執行役員比率、女性管理職比率

リクルートホールディングス ホームプレスルームホールディングスのプレスリリースリクルートグループの女性執行役員比率が6.3%から9.4%に上昇 ダイバーシティの取り組みは"両立支援"から"活躍支援"のステージへ グループ国内主要11社の女性管理職比率も初めて公開 リクルートグループの女性執行役員比率が6.3%から9.4%に上昇 ダイバーシティの取り組みは"両立支援"から"活躍支援"のステージへ グループ国内主要11社の女性管理職比率も初めて公開2013年06月05日 株式会社リクルートホールディ

2013年3月1日大和総研フィードバック数:6キャリアとスキル

ダイバーシティ経営:いまだ「女性」が課題の日本企業

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ダイバーシティ経営:いまだ「女性」が課題の日本企業~変えるには何が必要か~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載 ダボス会議を主催する世界経済フォーラムでは、各国の政治や経済各領域において男女間のギャップを示した指標ジェンダー・ギャップ指数を公表している。先進国でありながら日本は135カ国中101位(2012年)である。企業のCSR活動としてジェンダーのダイバーシティは環境と並んで重

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ