「ダウン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年11月25日不動産経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

近畿圏マンション市場動向2015年10月度

≪近畿圏のマンション市場動向≫-2015 年 10 月度-2015.11.17◎発売は 14.3%減の 1,223 戸、4 カ月連続で前年同月を下回る。◎契約率は 2 カ月連続で 70%を下回る。㎡単価は 4 カ月連続のアップ。( 1)10 月の発売は 1,223 戸、前年同月(1,427 戸)比 14.3%減、前月(1,798 戸)比 32.0%減。(2)契約率 68.6%、前年同月(74.1%)比 5.5 ポイントのダウン、前月(67.9%)比 0.7 ポイントのアップ。(3)1 戸当り価格

2015年1月30日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車輸出実績2014年12月

■2014年1〜12月分自動車輸出実績四輪車当年の四輪車輸出台数は、4,465,635台で、前年の4,674,633台に比べると208,998台、4.5%の減となり、2年連続の減少となった。 車種別には、 乗用車 3,835,595台で5.7%減(-229,924台)、トラック488,484台で 3.5%増(+16,305台)、バス 141,556台で 3.4%増(+4,621台)であった。 内、ノック・ダウン方式の輸出は、乗用車 169,768台(前年比 12.8%減)、トラック 221,10

2014年11月18日不動産経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

近畿圏マンション市場動向2014年10月度

≪近畿圏のマンション市場動向≫-2014 年 10 月度-2014.11.17◎発売は 1.6%増の 1,427 戸、11 カ月ぶりに前年同月を上回る。◎戸当たり価格・単価ともに 5 カ月連続のアップ。契約率は 74.1%。( 1)10 月の発売は 1,427 戸、前年同月(1,404 戸)比 1.6%増、前月(1,829 戸)比 22.0%減。(2)契約率 74.1%、前年同月(79.6%)比 5.5 ポイントのダウン、前月(76.9%)比 2.8 ポイントのダウン。(3)1 戸当り価格は 3

2014年6月18日不動産経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

近畿圏マンション市場動向2014年5月度

※下線部に修正が入りました1 回目は一重下線、2 回目は二重下線≪近畿圏のマンション市場動向≫-2014 年 5 月度-◎2014.6.17発売は 20.2%減の 1,588 戸。戸当たり価格・単価ともに 2 カ月連続ダウン。◎契約率は 85.3%で 8 カ月ぶりの 80%超。在庫が 6 カ月ぶりの 2,000 戸割れ。( 1)5 月の発売は 1,588 戸、前年同月(1,989 戸)比 20.2%減、前月(1,222 戸)比 30.0%増。(2)契約率 85.3%、前年同月(82.3%)比 3

2014年6月18日不動産経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏マンション・建売市場動向2014年5月度

※下線部に修正が入りました(2~4 枚目)≪首都圏のマンション市場動向≫-2014 年 5 月度-2014.6.17◎供給 13.4%減の 4,300 戸、4 カ月連続減少。契約率 78.9%。◎都区部シェア 58.0%に急増、価格 5,156 万円。( 1)5 月の発売は 4,300 戸、前年同月(4,967 戸)比 13.4%減、前月(2,473 戸)比 73.9%増。(2)契約率 78.9%、前年同月比 0.8 ポイントアップ、前月比では 4.2 ポイントアップ。’14 年 4 月 74.

2014年1月31日日本自動車工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車輸出実績2013年12月

■2013年1〜12月分自動車輸出実績四輪車(1)当年の四輪車輸出台数は、4,674,667台で、前年の4,803,591台に比べると128,924台、2.7%の減となり、2年ぶりの減少となった。 車種別には、 乗用車 4 ,065,553台で3.2%減(-132,941台)、トラック 472,179台で 1.0%減(-4,740台)、バス 136,935台で 6.8%増(+8,757台)であった。 内、ノック・ダウン方式の輸出は、乗用車 194,769台(前年比 0.4%減)、トラック 225

「睡眠不足」が「出会い不足」の原因? “かくれ不眠”はモテ度ダウンの引き金

「睡眠不足」が「出会い不足」の原因? “かくれ不眠”はモテ度ダウンの引き金

2010年サラリーマンの小遣い調査

カードローンの「レイク」「2010年サラリーマンの小遣い調査」詳細リポート“仕分け”られるサラリーマンの小遣い *平均小遣いは40,600円、昨年比5,000円のダウンで3年連続の減少 *昼食代はワンコイン500円に。弁当持参もさらに増加傾向 ■本アンケートは1979年以来、30年以上にわたり実施しています。(91年、93年、94年を除く)■「日経平均株価と小遣い額の推移グラフ」を添付しています。ご参照ください。■ 2002年以降のアンケート調査結果は、新生フィナンシャルのホームページよりご覧い

2009年7月21日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資への不況の影響です。

2009年度IT予算は2008年度比平均27%減,3カ月前の調査より4ポイント・ダウン

2009年度IT予算は2008年度比平均27%減,3カ月前の調査より4ポイント・ダウン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ