「ダウ平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい

“3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい | ニッセイ基礎研究所 “3度目の正直”より気掛かりな、日米株価の下落リスク-バブルではないが、悪いニュースに反応しやすい 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日米の株価が好調だ。円安の後

2014年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本株の行方は、米国株と為替市場が決める

リサーチ TODAY2014 年 3 月 26 日日本株の行方は、米国株と為替市場が決める常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日本の株式市場が年初来、軟調な動きで推移しているのは海外投資家が売りに転じたためであり、TODAYでは、その背景に海外投資家が発する安倍政権への不信もあるとした1。みずほ総合研究所では、海外投資家の動向を改めて見極める観点から「海外投資家の日本株投資について」と題するリポートを発表し、その影響を計量的に展望している2。海外投資家は米国経済指標の悪化や新興国不安に加え

2014年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

海外投資家の日本株投資について~海外投資家の売買を占う上で何に注目すべきか~

みずほインサイトマーケット2014 年 3 月 12 日海外投資家の日本株投資について市場調査部シニアエコノミスト海外投資家の売買を占う上で何に注目すべきか03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 海外投資家は、米国経済指標の悪化や新興国不安、アベノミクスや日銀の追加緩和に対する期待の後退などを背景に、年明け以降2カ月連続で日本株を売り越した。○ ただし、昨年の海外投資家の日本株保有残高の増加を踏まえれば、一部の投資家が利益確定の売りを行った結

2013年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小でも米国株は底堅い、日本も後を追う

リサーチ TODAY2013 年 8 月 29 日QE3縮小でも米国株は底堅い、日本も後を追う常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創市場では9月にもQE3の縮小が決定されるとの見方が生じ、流動性相場の転換が株価にネガティブな影響をおよぼすことに対する警戒感は強い。みずほ総合研究所は日米の株式市場について、「QE3縮小と日米の株価の行方」と題するリポートを発表している1。下記の図表のようにリーマンショック以降の量的緩和の実施時期と株価を重ねると、いずれの時期においても株価は大きく上昇していた。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ