「チャネル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年9月3日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

アドビ調査:約6割のビジネスパーソンが2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答

Blog Post:~企業からのコンタクトにはソーシャルメディアより電子メールが好まれる~ アドビは、電子メール利用実態調査「2018 Consumer Email Survey」の結果を発表しました。この調査は、米国、日本、インドの3か国においてスマートフォンを利用しデスクワークに従事する人を対象に行われました。3分の2が2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答 今回の調査によると日本の回答者の約3分の2のが、仕事、プライベートの電子メール共に、2年後も利用状況は変わらないと回答しています

2018年8月30日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

2017年度の食品通販市場は前年度比3.0%増の3兆5,985億円の見込

2017年度の食品通販市場は前年度比3.0%増の3兆5,985億円の見込~好調なECサイトが全体を押し上げ、市場拡大が続く~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)では、2018年度の食品通販市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 図2.食品通販のチャネル別市場規模構成比(2017年度)1.市場概況2017 年度の国内⾷品通販市場規模は、小売金額ベースで前年度⽐3.0%増の3 兆5,985 億円で着地する⾒込みである。特にインターネット通販を中⼼に、通信販売

2018年1月24日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

新しいエネルギー消費者 アジャイルな経営に向けた新たな道

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年12月22日アクセンチュア最新調査――電力会社はデジタル時代の顧客に寄り添う努力が必要であることが判明世界の過半数の消費者はパーソナライズされた商品とサービスが提供されない場合、電力会社の乗り換えを検討すると回答アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、電力会社は利益低下、テクノロジーによる破壊的変化、および自らの顧客をターゲットとした異業種からの参入などに直面しているのに加え、新

2016年10月20日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2016

スマートフォンやLINEに代表されるメッセージングアプリの普及に伴い、一般に消費者と企業のコミュニケーションのデジタル化や多様化が進んでいくと言われています。一方で、消費者と企業とのコミュニケーションの実態を捉えた実態調査や意識調査の公開データは多くはなく、企業のオムニチャネル化の検討にとって情報が不足している課題がありました。このたびトランスコスモス株式会社とトランスコスモス・アナリティクス株式会社は共同で消費者と企業のオムニチャネルコミュニケーションの実態把握を目的とした「消費者と企業のコミ

2016年6月13日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品市場に関する調査を実施(2016年)

健康食品市場に関する調査を実施(2016年) ~機能性表示食品の本格展開で注目される健康食品市場~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の健康食品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年12月~2016年4月2.調査対象:健康食品受託製造企業、健康食品販売会社(健康食品メーカー・一般食品メーカー・製薬メーカー等)、健康食品関連団体、管轄官庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、郵送・メールによるアンケート調査、文献調査併用<健康食品とは

2016年4月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

による資格についての調査結果です。

ネットショッピングの定着と消費者向けビジネスの構造変化 ~インターネット利用者調査に見る買い物行動と意識~

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2015年10月20日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ギフト市場に関する調査結果 2015

調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内ギフト市場の調査を実施した。1.調査期間: 2015年8月~9月2.調査対象: ギフト卸・メーカー、小売(百貨店・量販店・専門店・通販)等3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、郵送アンケート、文献調査併用<ギフト市場とは>本調査におけるギフト市場とは、個人、法人における贈り物や進物などを対象とし、中元・歳暮需要を含む。なお本調査よりギフトの流通構造を見直し、小売と卸、あるいはメーカーの販売額が重複していたものを極力小売

「The 2015 Digital Marketer」日本語版

[] 「The 2015 Digital Marketer」 日本語版掲載概要■チャネルを横断したマーケティングの実現を妨げる障壁複数のチャネルやデバイスを自由自在に使いこなす現在の消費者に対して、マーケターは、チャネルやデバイスを超え、あらゆるタッチポイントにおいて消費者一人ひとりに最適化され、ブランドとして一貫した文脈が維持されたメッセージを提供する必要があります。本調査では、このようなクロスチャネルマーケティングの実現を妨げる大きな要因として、散在する顧客データの連携ができていないために顧

通販メディアと販売力

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2015年4月1日通販メディアと販売力伸びる通販市場/インターネット通販が牽引力の一つに――堅調な伸びを維持する通販市場 ―― テレビ放送というメディアを使った「通販チャンネル/TVショップ」、カタログによる「カタログ通販」、近年はインターネットを介した「インターネット販売」などが通販の主力チャネルで

2014年6月24日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

ビールについての調査です。

ビールに関する調査

『年齢が高くなるにつれて、ビールを飲む日は休日・休前日から平日へ外出先では、1杯目にビールを頼む人のうち、2杯目もビールを頼む人は半数程度若年層よりも高年齢層の方がビール以外を頼む傾向に』ビールに関する調査 2014年6月23日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、ビールに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、6月6日から8日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国に在住する20代から60代のうち、自宅または外出

2014年3月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長戦略に二つの金融チャネル

トップレポート・コラムコラム成長戦略に二つの金融チャネル ここから本文です成長戦略に二つの金融チャネルアベノミクスを持続的な成長に結びつけていくためには、日本の強みを活かすことから考えるのが戦略的だろう。強みはいくつかあるが、家計金融資産や政府の年金積立金をはじめとした、厚みのある金融ストックはその一つだ。国内労働力の減少が避けられない以上、日本では資本の活用がこれまで以上に重要になる。図は、各経済主体が保有する金融資産残高を上段に、それが金融仲介機関を通じて、どのような経済主体の負債となってい

日本生命の調査です。

生保加入検討行動は変わったか -「能動的顧客」は質的・量的に変化しているのだろうか

生保加入検討行動は変わったか -「能動的顧客」は質的・量的に変化しているのだろうか | ニッセイ基礎研究所 生保加入検討行動は変わったか -「能動的顧客」は質的・量的に変化しているのだろうか 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀本稿では、筆者らが2009年に発表した弊社発行のレポートにおいて示した「能動的顧客」について、その後の動向を明らかにするとともに、ネット専業生保をはじめとしたネット完結型商品を提供する生保会社の増加や乗合型保険ショップの大量出店といった、チャネルや商

2012年11月20日野村総合研究所★フィードバック数:47マーケティング

消費意識調査です。

生活者1万人アンケート調査

「生活者1万人アンケート調査」を実施 ~ICTの利用が拡大する中で、「情報の信頼性」を重視する傾向が拡大~2012年11月19日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、2012年7~8月、全国で15歳~79歳の男女個人1万人を対象に、訪問留置法で生活価値観や消費実態を尋ねる「生活者1万人アンケート」を実施しました。NRIでは、1997年以降3年おきに、このアンケートを実施しており、今回で6回目となります。時系列分析を含む主

2010年1月12日野村総合研究所フィードバック数:24マーケティング

生活者1万人アンケート調査

「生活者1万人アンケート調査」を実施 ~情報重視の意識が高まる中で、“見極める消費”の傾向が拡大~2009年12月28日 株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2009年7~8月、全国で15歳~69歳の男女個人1万人を対象に、訪問留置法で「生活者1万人アンケート」を実施しました。NRIでは、1997年以降3年おきに、このアンケートを実施しており、今回で5回目となります。時系列分析を含む調査結果は、以下のようにまとめられます。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ