「テスラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「世界で最も革新的な企業」100社、セールスフォースが3年ぶり首位に

Forbes Corporate Communications,FORBES STAFF米フォーブス発のニュースを配信Ken Wolter / Shutterstock.comフォーブスは8月8日、今年の「世界で最も革新的な企業」リストを発表した。7度目のランキング発表となる今回は、3年ぶりに米のIT企業セールスフォースが首位に返り咲いた。2位は昨年まで2回連続でトップだった米電気自動車(EV)大手のテスラ。3位のアマゾンは、上場から20年目となる今年、前回から8つランク上げた。コンサルティング

2016年1月4日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマートジャパン 記事ランキング2015

2015年も残りわずかですが、皆さまはどんな1年だったでしょうか。電力の小売全面自由化、新電力、再生可能エネルギー、水素社会……などなど、エネルギー関連ではさまざまな領域で注目の動きがあった1年だったように思います。本稿ではスマートジャパンで公開した記事の閲覧数によるランキングから、2015年のエネルギーニュースを振り返ります。2015年1月1日〜12月27日に公開した記事が対象です。分散電源の鍵となる蓄電池、開発と実証が加速する1年に 第1位は米Tesla Motoros(以下、テスラ)が20

2015年9月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「売り上げ成長率が高い」500社ランキング

「売り上げ成長率が高い」500社ランキング1位のDeNAは10年で49倍! 過去10年でディー・エヌ・エーの売り上げ成長率はダントツ(写真は守安功社長、撮影:梅谷 秀司) 企業の成長を語るとき、最もわかりやすい数字が売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得られた収益である。業種・業態によって稼ぎ方はさまざまながら、売り上げがなければ利益も生まれず、事業継続あるいは拡大のための原資を確保できない。従業員をいくら増やそうが資本を増強しようが売り上げが伸びなけ

2014年3月14日東洋経済新報社★フィードバック数:0社会/政治

東大、京大、慶応の順です。

2014年版「大学ランキング」トップ300

最新版「大学ランキング」トップ300東大8連覇、就職に強い東海大や千葉工大など躍進 東洋経済独自の大学ランキング。総合首位は8年連続で東京大学。就職に強い大学が、順位を上げる例が顕著(撮影:尾形文繁) 全国に約750ある大学の中から、「通いたい」と思えるような大学をどう選ぶか。教育がしっかりしている、就職に強いなど、人によって選ぶ基準はさまざまだ。本誌はそうした教育力や就職力に加え、少子化で経営環境が厳しくなっても生き残りうる財務力も含めて総合的に判断し、「本当に強い大学」としてランキングし

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:295大型消費/投資

「住みよさランキング2013」西日本編

「住みよさランキング2013」西日本編「近畿」でトップ交代、芦屋に代わり草津が首位へ 草津が近畿圏のトップにランクアップした(写真:読売新聞/アフロ) 地域ブロック別のランキングでは、6ブロックのうち「近畿」エリアのみトップの順位の変動が見られた。「近畿」は芦屋(兵庫)にかわり、草津(滋賀)が1位に1位は草津市(滋賀)で昨年の5位からのランクアップで、昨年1位の芦屋市(兵庫)は2位に後退した。草津市は、電機などの工場が多数立地する工業都市であることに加え、京阪神圏のベッドタウンとして人口の増

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:38大型消費/投資

「住みよさランキング2013」東日本編

「住みよさランキング2013」東日本編山形、茨城、福井、愛知・・・、偏り目立つ域内順位 日進市など愛知県の都市が上位に数多く食い込んだ(撮影:大澤誠) 「住みよさランキング2013」を地域ブロック別にみてみよう。今回は東日本編。「北海道・東北」「関東」「甲信越・中部・北陸」の各ブロックごとに、上位20都市をランキングした。「北海道・東北」は名取が3回連続トップ。東根も連続2位まず「北海道・東北」では名取市(宮城)が2010年、前回に引き続き、3回連続で1位となった。これに続く東根市(山形)も

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:12大型消費/投資

時価総額トップ300

メーカー復調、IT後退、時価総額トップ300銀行、メーカー復調、ネットは後退 トヨタ自動車が唯一の10兆円超え、2位以下との差をさらに広げ王冠 トヨタ自動車が12.3兆円から16.7兆円に拡大し首位を独走。一方、昨年3月末に2位だったNTTドコモは携帯市場での独り負けもあり株価が伸び悩み、4位に後退。メガバンクとメーカーの復調、ネット関連の後退が象徴的だった2013年3月末の時価総額ランキング。そのトップ300を主要な株価指標とともに見てみよう。時価総額は、株価×発行済株数で計算するもので、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ