「テレビ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月4日勝手にランキングフィードバック数:0エンタテインメント

物よりも気持ち……? 好きな有名人・芸能人への応援方法は変わってきている?

有名人・芸能人への応援方法は、物よりも気持ち……? 有名人・芸能人への応援方法は、物よりも気持ち……? テレビにラジオ、雑誌やイベントなどで私達に笑顔や元気を与えてくれる芸能人。皆さんは芸能人に興味がありますか?今日は、世の中の人たちがどれくらい芸能人に興味を持ち、どのような形で応援をしているのかみていきたいと思います。 魅力的な人があまりいない……?2017年7月7日~7月13日にかけ、20歳以上の男女約10,000人を対象に芸能人に関するアンケートに協力して頂きました。まずは、皆さんにとっ

2017年6月28日勝手にランキングフィードバック数:0エンタテインメント

お笑い芸人と言えば? みんなが思う、イメージ大公開!

お笑い芸人と言えば? みんなが思う、イメージ大公開!お笑い芸人と言えば? みんなが思う、イメージ大公開!テレビや舞台、ラジオ番組などで見かけることが多いお笑い芸人に対し、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?今日は世の中の人たちが考える、お笑い芸人の「月収」「性格」などを見ていきたいと思います。週に1回はお笑い番組を見ている……?2017年6月1日~14日に、全国の男女約30,000人に協力をし、答えてもらった「お笑い芸人について」。まずは、皆さんが普段どれ位の頻度でお笑い番組を見ているのか、調

2017年4月12日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版

18~34歳のスマートフォン平均視聴者数とテレビ平均視聴者数はほぼ同じ成人全体では、テレビの視聴時間が最も長い視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、デバイスによってネットに接続されたテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表しました。ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編の主な目

2017年2月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

家電の購買行動に関する実態調査

20代男性で、テレビの新機能に期待する人の割合は、約30年間で10ポイント減少 30年前とどう変化した?家電の購買行動に関する実態調査20代男性で、テレビの新機能に期待する人の割合は、約30年間で10ポイント減少~家電を比較する際の情報源は、今も昔も「店頭」が1位~調査結果サマリー20代男性でテレビの新機能に期待する人の割合は、30年間で10ポイント減少50代の男性に、自身が20代だった頃、テレビの新商品が発表されたときの新機能への期待感を聞いたところ、「期待することが多かった」と答えた人は47

2017年1月11日マイナビフィードバック数:0社会/政治

スマホorテレビ、なくなると困るのはどっち? イマドキ大学生の8割以上が……

スマホとテレビ、どちらも多種多様なエンターテイメントを提供してくれる、素晴らしい媒体です。生活になくてはならないレベルにまで成長したとも言えますが、さて、現代の大学生はこの両者のうちなくなると困るものはどちらだと考えているのでしょうか。今回アンケートを取ってみました。▼こちらもチェック! あなたの熱中度を判定!「オタク気質」診断「スマホ」か「テレビ」なくなると困るのはどちらですか?スマホ128人(81.0%) テレビ30人(19.0%)■そう思う理由を教えてください●スマホ・スマホはテレビの変わ

2016年12月15日ビデオリサーチフィードバック数:0デジタル家電

いざという時の「ファースト・スクリーン」は依然として"テレビ"

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2016年12月6日"いざという時"の「ファースト・スクリーン」は依然として"テレビ"~VR CUBIC行動ログ分析より~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤 讓、以下ビデオリサーチ)は、『VR CUBICデータ』を用いて生活者とメディアの情報接点について、これまで様々な視点で分析を行なってまいりました。今回は身の回りのメディアである"テレビ"とスマートフォンやタブ

2016年11月1日日経BP★フィードバック数:0ライフスタイル

終業後はどうしてる? 女性の夜時間の過ごし方

秋の夜長、皆さんは何をして過ごしますか? 読書や海外ドラマ? 会社帰りにジムで体を動かしてストレス解消! という方もいるかもしれません。日経ウーマンオンラインでは、お仕事が終わった後、寝るまでの時間の過ごし方について、働く女性の皆さんにたずねるアンケートを実施しました。終業時間や家族構成の違いによって自由になる時間の長さは変わってきますが、皆さんそれぞれに工夫して、リラックスやリフレッシュを楽しんでいるようです。 (調査期間:2016年9月1日~2016年9月29日、有効回答数:558名)自宅で

2016年9月3日デジタルブティック★フィードバック数:0マーケティング

朝のニュース番組(7時台) 人気ランキング

朝のニュース番組(7時台)人気ランキング一日の始まりに欠かせない! プレママ、ママが見ている朝のニュース番組は?2016年7月29日~8月4日実施、有効回答数473調査概要調査方法:妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(インターネットのフォームより回答)調査対象:妊活中、妊娠中、育児中の方調査内容選択肢:おはよう日本、ZIP!、あさチャン!、めざましテレビ、グッド!モーニング、おはよう朝日です調査項目:分かり易さ、ニュース・報道の内容、ニュース以外の情報コーナー・データ放送などの内容、キャス

リオ五輪期間中のテレビ視聴の変化は?

リオ五輪期間中のテレビ視聴の変化は?2016年8月 プレスリリース・テレビの1日あたり平均視聴時間 50分増加。・「スポーツ」ジャンルの視聴時間シェアが大幅上昇・ふだんはテレビをあまりみない層でも視聴時間に伸びメディアリサーチを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都品川区、代表:福羽泰紀)は、関東エリア国内最大規模(※)のテレビ視聴パネルから機械式継続調査にてテレビ視聴ログを秒単位に収集、さまざまな属性でリアルタイムにテレビ視聴データを分析できるサービス[SMART]を提供してい

2016年8月22日大阪大学 リソウ★★フィードバック数:0ライフスタイル

長時間のテレビ視聴が肺塞栓症死亡リスクの増加と関連することを解明

Info 本研究成果のポイント・1日に5時間以上テレビを視聴する人は、肺の血管に血栓がつまる肺塞栓症で死亡する確率が高いことを解明・これまで、長時間のテレビ視聴と肺塞栓症で死亡することの因果関係とリスクを定量的に評価した研究はなかった・長時間のテレビ視聴時には、1時間に1回程度立ち上がったりフットマッサージすることで、肺塞栓症を予防し肺塞栓症死亡リスクを低下させることが期待できるリリース概要大阪大学大学院医学系研究科社会医学講座(公衆衛生学)の磯博康教授らの研究グループは、長時間のテレビ視聴が肺

2016年7月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

トータル・オーディエンス・レポート 2016年第1四半期版

定額制ビデオオンデマンドの普及率はDVR普及率と同じに選択肢が広がっているにもかかわらず、最も利用者が多いのは依然としてラジオとテレビテレビ接続デバイス利用者の上位20%が利用時間の71%を占めている視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、米国のテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況をまとめた『トータル・オーディエンス・レポート 2016年第1四半期版』を発表しました。トータル・オーディエンス・レポートではいつも、前半で年齢

2016年6月29日GfKフィードバック数:0デジタル家電

4Kテレビの販売動向

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

「メディア定点調査2016」時系列分析

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2016」時系列分析より 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年6月20日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年から行っています。調査開始10年を迎えた本年は、時系列分析を実施し、メディア環境の10年間の変化を振り返りました。① メディア総接触時間は過去最大の393.8分。「携帯・スマ

2016年6月22日かみあぷ速報フィードバック数:0ライフスタイル

食事中のマナー違反はテレビorスマホ?

食事中のマナー違反はテレビorスマホ?アンケート結果発表ッ2320742016.06.182016-06-18 15:00:08特集記事yumiこんにちは、yumiです。今週は「食事中のテレビとスマホ、どちらがマナー違反?」というアンケートを実施しました。今回、結果を集計したので発表したいと思います!食事中のテレビとスマホ、どちらがマナー違反?農林中央金庫が実施した調査にて「食事中、テレビは良いけどスマホはダメ」という家庭が増えている…との結果が出たことから実施したアンケート。農林中央金庫は小学

2016年6月10日Viibar★フィードバック数:0マーケティング

VR(バーチャルリアリティ)に関する意識調査

動画マーケティング支援のViibar、VR(バーチャルリアリティ)に関する意識調査を実施 VRで最も体験したいコンテンツは「観光」動画マーケティングを支援する株式会社Viibar(読み:ビーバー、本社:東京都品川区、代表取締役:上坂 優太)は、20代〜60代までの男女1,207名を対象にVR(バーチャルリアリティ)に関する調査を行いました。調査の結果、VR(バーチャルリアリティ)で最も体験したいコンテンツは「観光」であること、およびVRを経験すればするほどよりハマっていく傾向があること、利用シー

2016年6月7日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

フェイスブックとテレビ―のシナジーについて(クロスメディア・リサーチ)

WHAT'S NEWデジタルとFacebookのさらなる活用方法前回、「Facebook広告による態度変容効果を検証」でご紹介したようにFacebook広告には態度変容効果があることがわかった。今回は、それを他のメディアと比較した結果をご紹介する。調査手法には、カンターグループMillwardBrown社のCrossMedia Research(クロスメディア・リサーチ)を用いた。分析は、 Facebookと共同で調査を実施した日本の大型ブランドキャンペーンについて、測定された複数の効果データを

2016年6月2日インテージフィードバック数:0モバイル

マルチデバイス利用調査によるデバイス利用動向

スマートフォンとタブレット利用者が増加スマートフォンは10代、タブレットは30代の利用が最も多い毎日の利用率は、10代〜40代ではスマートフォン、50代〜60代ではテレビが一位パソコン、スマートフォン、テレビの内、2つ以上のデバイスを使う人は全体の80%以上年代が若いほど利用デバイス数が多い。株式会社インテージは、2013年より年に1回、日本のインターネット利用人口と、各デバイスの利用人口推計を目的とした、マルチデバイス利用調査を独自に実施しています。この調査では、インターネットの利用状況とパソ

2016年5月14日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

引っ越しで心機一転したくなったら、通販サイトで何を購入すべき?

2016-05-09 引っ越しで心機一転したくなったら、通販サイトで何を購入すべき? 新しい物件に引っ越したら、心機一転し、とても新鮮な気分になりますよね。ついでに、家具や家電など新しいものを購入してさらなる気分転換を図ろうと考える人も多いかもしれません。最近は通販サイトで何でも手に入る時代になりました。引っ越しをしたときに思わず購入してしまいたくなるグッズについて300人を対象アンケートしました。結果を紹介します。【質問】心機一転!引越し後に家具・家電・生活雑貨を通販サイトで購入なら何を買いた

2016年3月14日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

減災調査2016

ニュース 2016年03月10日 ウェザーニューズ、全国2.4万人と『減災調査2016』を実施震災から5年、被災地とその他地域で“現地の今”の認識にズレ・被災地の8割の人は復旧を実感も、その他地域の4割は被災地が震災直後のままと認識・災害時の情報入手に地域差、東北・北関東はラジオ、南関東・中部はテレビを頼りに 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、減災・避難活動における対策・対処の一助とすることを目的として、減災に対する意識や対策の状況を調査する『減災調査2

2016年1月15日コロプラフィードバック数:0ライフスタイル

ながら食事に関する調査

20代女性の4割はスマートフォンを操作しながら夕食をとることが「よくある」と回答 | 「ながら」食事に関する調査スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,004人を対象に、TVを見ながら夕食をとることがあるか、スマートフォンを操作しながら夕食をとることがあるかなど、「ながら」食事に関するアンケートを実施しました。 テレビを見ながら夕食をとることが「よくある」と答えたユーザーは5割越えまず、スマートアンサーのユーザーに対して、家で「一人」で夕飯を食べる際にテレビを見ながら食べることがあ

2015年12月23日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

アジアインサイトレポート第16弾『アジア3都市のメディア接触時間』

メディア接触時間は、全体的にはテレビが長く、次いでモバイルホーチミンではモバイルによるメディア接触時間が急増ジャカルタだけはテレビの伸びが顕著株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第16弾のレポートでは、『アジア3都市のメディア接触時間』を発表します。今回は、バンコク(タイ)、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)

2015年11月4日GfK★フィードバック数:0デジタル家電

4Kテレビの販売動向

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2015年10月5日電通フィードバック数:0マーケティング

「ニュース」「メディア」はどう変わる?ビデオリサーチ+電通総研共同リポート「スマホと日本人」(第3回)

「スマホと日本人」 №3渡辺 庸人石倉 裕大岸本 佳純奥 律哉美和 晃天野 彬2015/10/02「ニュース」「メディア」はどう変わる?スマートフォン(スマホ)が日本人の暮らしを大きく変えようとしている。その変化が特徴的に表れているのが、メディアとニュースにまつわる情報行動だ。ビデオリサーチ(VR)と電通総研の調査から浮き彫りになった「イマドキのメディア事情」を担当者たちが語った。 電通・奥:今年はネットニュースが誕生してから20周年という節目といえる年です。そして前回「スマホと日本人」(本紙6

2015年9月28日スカパーJSATフィードバック数:0マーケティング

テレビ視聴に関する調査2015

権限がありません。アクセスしようとしたページを閲覧する権限がありません。お探しのページは移動、または、削除された可能性がございます。 サイトマップをご利用いただき、ページをお探しください。

2015年9月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

若者たちはテレビ見ながらネットで何してる?

若者たちはテレビ見ながらネットで何してる?汐留メディアリサーチャー時評 №22015/09/11若者たちはテレビ見ながらネットで何してる?電通総研メディアイノベーション研究部は、メディアや情報通信環境の変化、そしてオーディエンスの動向を探ることをミッションとするシンクタンクです。ウェブ電通報でもリサーチプロジェクトの知見をお伝えする「インサイトメモ」を連載していますが、この「汐留メディアリサーチャー時評」では、当部ならではのナレッジをベースに、現代のメディア環境に関するトレンドをピックアップし分

2015年8月26日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム スマートフォンのニュースアプリ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへニュースを見聞きする媒体は「テレビ」が全体の8割強、「Webサイト、アプリなど」が6割、「新聞(電子新聞以外)」が5割弱 直近1年間にスマートフォンでニュースを見聞きしたのは「ニュースサイト」がスマートフォン利用者の6割弱、「ニュースアプリ」が4割弱、「Facebook、Twitter等のニュースアカウント」が1割強 直近1年間に利用したスマートフォンのニュースアプリは「Yahoo!ニュース」が最も多く、「SmartNews」「LINE N

国内動画メディアの接触率調査

プレスリリース10代におけるスマートフォン動画の接触率は80%でテレビと拮抗50歳未満の半数以上がPC動画を視聴~全国の15歳~69歳の男女30,000人を対象に、国内動画メディアの接触率調査を実施~株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、全国の15歳~69歳の男女30,000人を対象に、国内動画メディアの接触率調査を実施しました。近年、スマートフォンの急速な普及を背景に、ユーザーのオンライン動画視聴の機会が増え、オンライン

各メディア広告(テレビ・ラジオ・雑誌・新聞・WEBサイト・モバイルアプリ・屋外広告)の効果に関する市場調査

Asia Marketing Research in Singaporeアジア地域での調査・分析シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。 アジアにおける市場調査 ※各メディア広告(テレビ・ラジオ・雑誌・新聞・WEBサイト・モバイルアプリ・屋外広告)の効果に関する市場調査(マーケティングリサーチ)を実施しました。【背景】海外の実態を、身近な事例を用いてリサーチ。日本との比較を含めて、分析・解明

DA未来予測 2015年7月のヒット食材

今年の土用の丑の日は茹で卵?!【DA未来予測 7月のヒット食材】 (7/22追記ver.)皆さんこんにちは、代表の山本です。7/12に書いたDA未来予測が実際に当たっているのでは?という兆しがみえたので、追記しました。ブログ記事って追記するの?という声が出そうですが、ウェブサイトをABテストしてどんどん改善する昨今。ブログ記事だって改善していっていいと思います。という事で、今日は土用の卵についての追記した記事をお届けいたします。↓↓ボタンを押すと追記箇所まで飛びます↓↓ 7月にテレビに多く取り上

2015年7月10日NHK★フィードバック数:0マーケティング

日本人とテレビ・2015

日本人とテレビ・2015

2015年4月9日ゆこゆこ★フィードバック数:0ライフスタイル

シニア調査です。

第二の人生に関する調査

【リリース】第二の人生に関する調査2015年4月9日ゆこゆこシニア調査レポート 「旅行」がしたかったのに、増えたのは自宅で過ごす時間 理想と現実のギャップ、埋めるカギは「事前準備」シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)は、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員2,338人を対象に、「第二の人生」に関する調査を実施しました。「第二の人生に関する調査」 結果ダイジェスト・60代の7割強が「第二の人生始ま

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

テレビでやってもラジオ体操?-50年後に感じる成果

テレビでやってもラジオ体操?-50年後に感じる成果 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > テレビでやってもラジオ体操?-50年後に感じる成果テレビでやってもラジオ体操?-50年後に感じる成果基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせする

2015年4月2日NHKフィードバック数:0マーケティング

テレビ・ラジオ視聴の現況~2014年11月全国個人視聴率調査から~

テレビ・ラジオ視聴の現況~2014年11月全国個人視聴率調査から~

2015年4月2日オリコンフィードバック数:0エンタテインメント

アニメ視聴に関する意識・実態調査

日本が世界に誇るカルチャーとしてすっかり認知されたアニメーション。生活のルーティンの中にアニメ視聴を組み込んでいるユーザーを多いが、近年はスマホの普及でその視聴方法も多様化してきているようだ。さらに身近になったアニメカルチャーの“未来像”を考察していこう。スマホの普及で、これまでの視聴スタイルに変化の兆し今回、ORICON STYLEでは10〜40代の男女709名を対象にアニメについての意識調査を実施。現在、ユーザーがアニメを視聴するにあたって利用するのはどんな機器が多いのだろうか? 『アニメを

2015年3月20日電通★フィードバック数:0マーケティング

電通総研のレポートです。

テレビ+インターネット~若者たちのメディア併用行動

テレビ+インターネット ~若者たちのメディア併用行動加速する動画の「オムニ視聴」 №42015/03/19テレビ+インターネット ~若者たちのメディア併用行動前回までは「動画視聴に関するWEB調査」と「通勤・通学時における動画視聴調査」の結果から、若年層の動画視聴状況について分析を行った。結果、全体的には自宅での動画視聴が主流だが、通勤・通学時に動画視聴機会拡大のポテンシャルがあることが判明した。 今回は、テレビのリアルタイム視聴やタイムシフト視聴という要素を追加しながら、テレビ視聴とインターネ

テレビでやってもラジオ体操?~50年後に感じる成果~

テレビでやってもラジオ体操?~50年後に感じる成果~ | ニッセイ基礎研究所 テレビでやってもラジオ体操?~50年後に感じる成果~ 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「テレビでやってもラジオ体操とはこれいかに」、「靴を入れても下駄箱と言うがごとし」、とでも言うところだろうか。一日中パソコンに向かって

スマホとテレビの関係です。

Media Extension -ひろがる生活、ひろがるメディア-

生活者とメディアに関する新しいテーマとして「Media Extension -ひろがる生活、ひろがるメディア-」を発表 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年12月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、第11回メディア環境研究所フォーラム(2014年11月18日 東京都内で開催)において、生活者とメディアに関する新しいテーマとして「Media Extension –ひろがる生活、ひろがるメディア-」を発表いたしました。※

2014年11月3日NHK★フィードバック数:0マーケティング

NHKの調査です。

幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況~2014年6月「幼児視聴率調査」から~

幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況~2014年6月「幼児視聴率調査」から~2014年6月に実施した「幼児視聴率調査」の結果から、幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況を報告する。調査は、東京30キロ圏に住む2~6歳の幼児1,000人を調査相手に、6月2日(月)~8日(日)の1週間実施した。幼児が1日にテレビを見る時間は1時間49分(週平均)。テレビ視聴時間は、2007年以降2時間程度で安定していたが、2012年に初めて2時間を切って減少したまま、前年同様、今回も回復は見られなかっ

2014年10月2日NHK★フィードバック数:0マーケティング

NHKの調査です。

テレビ・ラジオ視聴の現況 ~2014年6月全国個人視聴率調査から~

テレビ・ラジオ視聴の現況 ~2014年6月全国個人視聴率調査から~

2014年9月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0デジタル家電

オリンピック経済効果シリーズ(10)~4K・8Kテレビの購入前倒し効果~

オリンピック経済効果シリーズ(10)~4K・8Kテレビの購入前倒し効果~

70代調査です。

70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月12日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、東京・大阪在住の70代男女227名を対象にした、「70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査」を実施いたしました。第4弾となる今回は、東阪在住の70代の姿を明らかにするために、初めて大阪地区においても調査を実施いたしました。 また、好きなタレント* ・アスリートやコンテンツの接触状況を把握するために、 「メディア接触」「消費意識と行

2014年9月2日NHKフィードバック数:0エンタテインメント

シリーズ 『日本の素顔』と戦後近代 ―テレビ・ドキュメンタリーの初期設定―【第1回】 現実が「コンテンツ」になった時

シリーズ 『日本の素顔』と戦後近代 ―テレビ・ドキュメンタリーの初期設定― 【第1回】 現実が「コンテンツ」になった時最初期のテレビ・ドキュメンタリーシリーズとして1957年(昭和32年)から64年(昭和39年)まで全306本が制作・放送された『日本の素顔』をアーカイブに分け入って研究する5回シリーズ(予定)。その目的は、『日本の素顔』1本1本を検討する基礎研究を行い、それを取り巻く社会的・歴史的文脈と考え合わせながら、『日本の素顔』とそれが制作・放送された戦後近代という時代を一体的に明らかにし

ネットやテレビで話題の“家事ハラ”が炎上!世間が敏感に反応するワケとは

ネットやテレビで話題の“家事ハラ”が炎上!世間が敏感に反応するワケとは

2014年8月3日マインドシェアフィードバック数:0マーケティング

デジタル時代でも良さあり! 新聞とっている?とってない?

インターネットや携帯、スマートフォンの普及と、この数十年で、 私たちが接するメディアは急激に変化してきましたが、 やっぱり朝は朝刊を広げることから始まる、なんておうちも多いかもしれませんね。 今回は、新聞について聞いてみました。『家で新聞をとっている?』「とっていない」 68% 「とっている」 32%結果は、新聞をとっていない派が約7割で、多数派という結果でした。とっていない派のコメントでは 「節約のためにとっていません」(5歳・男の子のママ) 「ネット、テレビでも十分困らないから」(5歳と2歳

2014年7月16日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

シングルソースパネルの行動記録を活用した調査です。

『スマホを活用したテレビの新しい楽しみ方を検証』 FIFAワールドカップ・ブラジル大会(日本戦)における‘テレビ×スマホ’による共感&共有視聴

第1戦コートジボワール戦では、コートジボワール2連続ゴール後の11時31分にテレビ接触率は最高値をマーク第2戦ギリシャ戦では、前半の7時31分にテレビ接触率は最高値をマーク、 後半の接触率はダウン第3戦コロンビア戦では、試合開始からテレビ接触率は右肩上がり、 コロンビア連続ゴール直後6時39分にテレビ接触率は最高値をマーク株式会社インテージは、インターネットやテレビなどの広告・情報接触と購買行動の関係性を捉えることができる当社のシングルソースパネル(i-SSP※1)をもとに、「2014年FIFA

都道府県を7グループに分けています。

全国47都道府県メディア接触分析

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:三神正樹)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を実施しました。メディア接触時間量やメディア評価などの視点から生活意識・関心などを分析した結果、全国47都道府県の生活者のメディア接触は、①アイランドマス、②テレビ・ラジエリアン、③

2014年7月1日NHK★★フィードバック数:0マーケティング

テレビとコミュニケーションです。

人々は,テレビを見ながら何を共有しているのか

人々は,テレビを見ながら何を共有しているのか~「つながり感覚とメディア調査」から~2013年に実施した「つながり感覚とメディア調査」の結果から,テレビのコミュニケーション機能について考察する。“つながり感覚“とは,「テレビを見ることで,自分以外の他者や,自分が帰属している社会と気分や意識を共有すること」と定義したもので,調査では,その具体的な場面となる17の「つながり感覚項目」を設定した。「つながり感覚項目」を持つ人の割合をみると,社会との関係を意識するような項目では高年層で高くなるなど、項目の

女子中高生の情報源です。

女子中高生の情報についての意識調査

報道関係者各位プレスリリース 2014年6月19日株式会社ふみコミュニケーションズ女子中高生の66.0%が最も信頼できるメディアはテレビと回答― 新聞を毎日読んでいる女子中高生は10.7%。 ― 株式会社ふみコミュニケーションズ(所在地:東京都港区、代表取締役:堀川 明人)は、 自社で運営する女子中高生のためのポータルサイト"フミコミュ!"にて、 2014年5月1日より2014年6月1日までの期間、 女子中高生の情報についての意識調査を実施しました。 【調査結果詳細】 【調査概要】 調査名 

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ