「テレビCM」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月5日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

2017年お正月三ヶ日のテレビCM動向

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2017年1月5日2017年お正月三ヶ日のテレビCM動向出演CM本数 タレントトップは『ももいろクローバーZ』企業トップは『スズキ』~『テレビCM速報』(「テレビ広告統計」超速報サービス)集計結果より~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、この度、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」データより、2017年1月1

2016年11月8日宣伝会議★★フィードバック数:0マーケティング

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か テレビCMの出稿有無や多寡は、その企業に対する消費者の信頼に、どの程度関係があるのでしょうか。また、CMをやっていても「信頼するに値しない」という印象を与えてしまう要素とは?全国主要都市に暮らす消費者300人への調査からひもときます。 若年層を中心に「テレビ離れ」が叫ばれる中、テレビCMを出稿していることは、その企業の信頼度を高める上で、どれだけの効果を発揮するのか。また、消費者が企業に対する評価(信頼度・安心感)を定める

CM放映直後のスマートフォン向け広告配信の効果

INFORMATION<レポート> 『LogicadテレビCMリアルタイム連動型広告配信』における実証実験~CM放映直後のスマートフォン向け広告配信の効果~ ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、『Logicad テレビCMリアルタイム連動型広告配信』において、テレビCM放映と、放映後のDSP(*1)によるインターネット広告配信(バナー広告)の実証実験を行いました。本実験では、テレビCM放映直後の広告配信と、テレビCM放映から時間が経過した広告配信を実施し、効果測定を行ったところ以下の傾

2016年1月7日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0エンタテインメント

2016年お正月三ヶ日のテレビCM動向

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2016年1月5日2016年お正月三ヶ日のテレビCM動向出演CM本数 トップタレントはDAIGO企業トップはソフトバンク 『テレビCM速報』(「テレビ広告統計」超速報サービス)集計結果より株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、この度、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」データより、2016年1月1日~3日の間

2015年11月20日App-CM★★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMとスマホ動画広告の統合分析調査

テレビCM×スマホ動画広告の「ブランドリフト効果」全指標で実現! 株式会社マクロミルとの調査結果を発表 スマートフォン向け動画広告配信プラットフォームを手がける(株)アップシーエムは、計測したすべての指標で「ブランドリフト効果」を確認したという、テレビCMとスマホ動画広告の統合分析調査結果を発表した。本調査方法については現在、ビジネス特許を出願している。スマホ動画広告と特に相性がいい「商品購入意向の向上」スマートフォンでの動画視聴が一般化する中で、動画広告市場は2015年に500億円規模に達する

2015年9月11日ADDIXフィードバック数:0ライフスタイル

ガウチョパンツについての意識調査

2割の女性が「8月までに購入」!「ガウチョパンツについての意識調査」2015年春夏シーズンに大流行した「ガウチョパンツ」。スリムなラインが主流だったここ数年のパンツスタイルのトレンド傾向を大きく変えたとも言われています。では、実際問題、どのくらいの女性が今年「ガウチョパンツ」を購入したのでしょうか。BWRITEでは、共創コミュニティサービス「Skets(スケッツ)」(https://www.skets.jp/)会員の20代以上の女性242名に対してアンケート調査を実施。「ガウチョパンツについての

2015年9月3日MMDLaboフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

格安SIMに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 格安SIMシェアTOP3は 「OCNモバイルONE」「楽天モバイル」「IIJmio」 格安SIMシェアTOP3は 「OCNモバイルONE」「楽天モバイル」「IIJmio」 MMD研究所は格安SIMを利用している20~59歳の男女1,111人を対象に「格安SIMに関する調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 格安SI

2015年2月26日ビデオリサーチ★フィードバック数:0マーケティング

ビデオリサーチのまとめです。

2014年の年間テレビCM出稿動向

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2015年2月26日上戸 彩 トップに返り咲く~2014年の年間テレビCM出稿動向まとまる~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象に、2014年の年間(1月~12月)テレビCM出稿動向をまとめました。タレント別に出演しているテレビCMの出稿秒数を見ると、3地区とも上位4名が同じ顔ぶれになりました。3地区とも「上戸 彩」がト

2015年1月8日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【14年12月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向

【14年12月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2015年1月07日 [水] 12月の急上昇キーワード:タレント・磯野貴理子さんを襲った「脳梗塞」や、女優・檀ふみさんのテレビCMが放映された「認知症」の検索が増加~「病院・お薬探しキーワード12月ランキング」~【病院探しキーワード】前月に引き続き、【インフルエンザ 安い】、【予防接種 安い】などの【インフルエンザ予防接種】に関するキーワードが上位に。ほかには、レビー小体型認知症のテレビCMが大量に放映された【認知症】が増加。タ

2014年12月28日MMDLabo★フィードバック数:0エンタテインメント

スマホゲームについての調査です。

2014年スマートフォンゲームの利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > テレビCMでみたことがあるスマートフォンゲームアプリTOP3は「パズル&ドラゴンズ、モンスターストライク、白猫プロジェクト」 テレビCMでみたことがあるスマートフォンゲームアプリTOP3は「パズル&ドラゴンズ、モンスターストライク、白猫プロジェクト」 MMD研究所は、2014年12月11日~12月13日にかけてスマートフォンを所有している

2014年11月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

アプリCMに関するアンケート

アプリのテレビCMの方がストアランキングよりダウンロードの動機になる人は約3割 アプリのテレビCMの方がストアランキングよりダウンロードの動機になる人は約3割アプリのテレビCMの方がストアランキングよりダウンロードの動機になる人は約3割アプリのテレビCMに触れる機会が増えてきたと感じる人は、6割以上調査結果サマリーアプリのテレビCMの方が、ストアランキングより、ダウンロードの動機になる人は約3割「テレビCMは、アプリストアのランキングよりもダウンロードする動機になる」かについて、「あてはまる」と

2014年5月1日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

2013年テレビCM好感度1位は「ロトセブン」

メディアリサーチおよび広告コミュニケーション効果の調査、そして市場調査・ネットリサーチなどをトータルサポート 2014年5月1日2013年テレビCM好感度1位は「ロトセブン」 ~2013年のテレビ視聴率・広告の動向まとまる「テレビ調査白書2013」発刊~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、この度、2013年のテレビ視聴率・テレビ広告の動向をまとめた「テレビ調査白書2013」を発刊しましたのでお知らせとともに一部をご紹介いたします。地区別に見た2013年高視聴率番組の特徴で

2013年10月17日リビジェンフィードバック数:0マーケティング

「テレビとスマホ」に関する調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】約4割がテレビCMの合間に「スマホで何かしている」スマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代〜30代の一般男女500人を対象に、「テレビとスマホ」についての調査を実施しました。詳細をまとめた全調査結果のレポートをご希望の方は、広報担当までお問い合わせください。【限定公開調査結果要約】◆ 1日あたりの動画配信サービスの利用時間、約半数が「30分

2013年5月26日Yahoo!フィードバック数:8ライフスタイル

カレーは夏の食べ物?

カレーは夏の食べ物?夏が近づいてくると、テレビCMや雑誌の特集などで、「カレー」を目にすることが多くなります。暑い夏に食べるイメージがあるのかもしれませんが、夏の定番「そうめん」の検索数の推移と比べてみると、その違いは歴然。実は、季節による大きな変動はなく、1年を通して平均的に検索されています。ちなみに、カレールウも平均的に売れているそうで、季節を問わず楽しめるメニューとして定着しているようですね。 「カレー」「そうめん」の検索数推移 新着 似ている画像をかんたんに探す方法を紹介します!

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0エンタテインメント

2009.10 テレビCM出演者の好感度~2009データ編~

2009.10 テレビCM出演者の好感度~2009データ編~

2013年1月8日ビデオリサーチフィードバック数:13マーケティング

2013年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数トップタレントは高田 純次、企業トップはグリー

2013年お正月三が日のテレビCM動向 出演CM本数トップタレントは高田 純次、企業トップはグリー

ディスプレイ広告とテレビCMの相乗効果の検証結果

ニュースリリース2012.10.30アドバタイジングドットコム・ジャパンディスプレイ広告とテレビCMの相乗効果の検証結果を発表~ディスプレイ・テレビ両媒体を活用することで購買率は4倍に~ディスプレイ広告(バナー広告)のアドネットワーク事業(以下、アドネットワーク)を運営するアドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:高橋健司、以下アドバタイジングドットコム)は、大手ブランド広告主キャンペーン(*1)を対象としたディスプレイ広告とテレビCMに関するアンケート調査(*2

2012年1月31日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム 風邪薬の利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ市販の風邪薬利用者は8割、直近1年間での利用者は6割。直近1年間の最頻利用ブランドは「パブロン」「ルル」が上位 風邪薬選定時の重視点は「効能・効果」「価格」の他「錠剤、粉末、液体など、形状」「飲みやすさ」などが多い 風邪薬購入時の参考情報は「テレビ番組・CM」や、「薬剤師・店員の説明」「店頭の情報」「商品パッケージの説明」など、店頭での情報収集も多い 風邪薬のテレビCMで好感が持てるのは「パブロン」「ベンザブロック」「ルル」などが上位

2011年6月27日メディアネットフィードバック数:0マーケティング

首都圏女性が見つめる311後の企業

首都圏女性が見つめる311後の企業 〜印象がよくなった企業ベスト3〜(株)メディアネットは、自らも地震におびえながらも、甚大な被害を受けた東北に思いを寄せる、首都圏1都3県の女性消費者が、企業の活動をどのように見つめていたのかを調べる調査を行なった。 各所に多大なる影響を与えた東日本大震災。自らも地震におびえながらも、甚大な被害を受けた東北に思いを寄せる、首都圏1都3県の女性消費者は、企業の活動をどのように見つめていたのだろうか?今までとは何が変わったのだろうか?企業に何を望んでいるのだろうか?

2011年3月30日MMDLaboフィードバック数:6デジタル家電

2011年家電製品の購入意向、主婦の約7割が「購入を検討している」と回答

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2011年家電製品の購入意向、主婦の約7割が「購入を検討している」と回答 2011年家電製品の購入意向、主婦の約7割が「購入を検討している」と回答 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、メディアインクルーズ株式会社(代表取締役社長・小川昌幸)運営のモバイルメディア「ママイコ」との共同リサーチとして、「家電製品に関する主婦

2010年6月29日アイシェアフィードバック数:30マーケティング

テレビCMからの検索に関する意識調査

テレビCMからの検索に関する意識調査 7割半が無くてもいい!?CMの「○○○で検索」~CMの検索ワードは覚えられない?以前は目新しかったテレビCMでの「○○○で検索」という検索窓の表示。現在では定着し、多数のCMで見かけるようになったが、これらの検索ワードは視聴者にどのように捉えられているのだろうか。ネットユーザーに調査を行い、20代から40代の男女494名の回答を集計した。「○○○で検索」と表示されるCMを見て、そのワードで検索したことがあるか尋ねたところ、「ある」と答えたのは全体の14.6%

2010年2月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

カゼ薬の利用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへカゼをひいた時に、「『市販のカゼ薬』を利用することが多い」人は59.0% カゼ薬の選択重視点は「効能・効果」がトップ、次いで「価格」 利用銘柄が「だいたいいつも決まっている」人は6割超 よく利用しているカゼ薬は「パブロン」が24.3%でトップ、次いで「ルル」が14.7% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2010年1月1日〜1月5日【調査機関】 マイ

2009年7月27日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

携帯キャンペーンサイトへのアクセスに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 携帯キャンペーンサイトへのアクセスに関する実態調査 携帯キャンペーンサイトへのアクセスに関する実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、株式会社ビジュアルワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役:豊田 康三)が運営する『フォレストページ』他、計10社、モバイル10サイトの協力の下、「携帯キャンペーンサイトへのアクセ

2009年3月24日アイシェアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業のエコ活動、7割以上が「テレビCM」で知った~エコ活動をする企業に「好感持てる」9割半

エコと企業イメージに関する意識調査 企業のエコ活動、7割以上が「テレビCM」で知った~エコ活動をする企業に「好感持てる」9割半京都議定書の約束年が2008年からはじまり、多くの企業が事業の一環として環境対策に取り組むようになっている。生活者は企業のエコ活動をどう見ているのだろうか。30代から50代のネットユーザー430名の回答を集計した。エコ活動を行っている企業があることを「知っていた」と答えたのは、全体の77.0%。男性と50代では79%を超え、認知度が比較的低めの女性や30代でも70%以上に

2009年3月2日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

食品のテレビCM視聴後「食べたくなって購入した」4割半~購入した商品は「CMで見たものと同じ商品」6割

食品のテレビCM視聴後「食べたくなって購入した」4割半 テレビCM視聴後の食品購買意に関する意識調査 食品のテレビCM視聴後「食べたくなって購入した」4割半~購入した商品は「CMで見たものと同じ商品」6割タレントが商品を美味しそうに食べるシーンや、料理の映像が食欲をそそる、食品のテレビCM。視聴した人の購買意欲や購買行動にはどんな変化があらわれるだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー475名の回答を集計した。食品のテレビCMを見た後、その食品を食べたくなったことがあるかを聞いたとこ

2008年11月17日アイシェア★フィードバック数:0マーケティング

広告効果に関する軽い調査の結果が発表されました。

広告を見た後の購買意欲、「テレビCM」「ネット広告」いずれも6割~20代にはネット広告が効果的?

広告を見た後の購買意欲、「テレビCM」「ネット広告」いずれも6割 ~20代にはネット広告が効果的? 広告に関する意識調査 広告を見た後の購買意欲、「テレビCM」「ネット広告」いずれも6割~20代にはネット広告が効果的?テレビ番組の合間に流れるテレビCMとネット上で展開されるネット広告。ネットユーザーはテレビCMとネット広告をどのように見ているのだろうか?20代から40代を中心とする男女398名の回答を集計した。テレビCMに入った時、チャンネルを変更するか?と聞いたところ、「ほぼ毎回」が10.3%

ネットを中心としたクロスメディア展開に関するアンケート調査です。

クロスメディアに関する調査--「○○と検索」で最も利用する広告、実はフリーペーパー

クロスメディアに関する調査--「○○と検索」で最も利用する広告、実はフリーペーパー  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、クロスメディアに関する調査を実施した。 「インターネット白書2008」によれば、2007年9月度時点でテレビCMの4割が「ネット誘導型CM」であることが発表されており、多様な業種にわたって広告主に支持されていることが伺える。 今回の調査では、2007年11月に調査した「第1回広告メディアに関する調査」の定期調査と製品ごとの広告

2008年4月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

パーソナルローンのイメージ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ「現在利用」「過去に利用」を合わせ、パーソナルローンの利用経験率は18.0% パーソナルローンを利用しない理由は、「お金を借りるような状況になったことがない」(56.7%)、「良いイメージを持っていない」(48.6%)が上位 パーソナルローンに対するイメージの変化は、「以前から悪いイメージがあり、現在も変わらない」が7割 パーソナルローンのCMで最も好感がもたれているのは、「レイク」8.9% 【調査対象】 「MyVoice」のアン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ