調査のチカラ TOP > タグ一覧 > テレワーク

「テレワーク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月17日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

柔軟なワークスタイルに関する調査

日本のビジネスパーソンの55%が「社外で仕事をする」と回答 柔軟な働き方を後押しする時代に 世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループは、100カ国以上、合計約20,000人のビジネスマンを対象に柔軟なワークスタイルに関する調査を2016年下半期に実施いたしました。この調査は、現在の働き方に関する動向を把握することを目的に、日本においては900人以上のビジネスパーソンを対象に行われました。この調査によると

2017年1月6日日本マイクロソフト★フィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方改革週間 2016」アンケート

「働き方改革週間 2016」アンケート結果の公開 ~ 67% の賛同法人様で生産性の向上を実感~Posted by: 岡部 一志日本マイクロソフト株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 本部長皆さん、こんにちは。日本マイクロソフトでは、全社を挙げて、「働き方改革」を推進しています。先日、今注目を集めている日本政府の働き方改革実現会議(議長・安倍晋三首相)の民間議員である生稲 晃子さんと社長の平野との「働き方改革」対談を実施し、第 1 弾としてご来社いただいたシーンを公開しました。生稲さんは

2016年12月19日カオナビフィードバック数:0社会/政治

「褒める」文化に関する調査

【「褒める」文化に関する調査を実施】 約8割のマネジメント層が「直接部下の顔をみて褒める」ことを実践。一方、その内の6割が「社員の顔と名前が一致しないことがある」現状 ~テレワークや就業場所の分散化により、部下の顔と名前の不一致がおこり、直接褒めることができない可能性も明らかに~クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供する株式会社カオナビ(本社:東京都港区、代表取締役:柳橋 仁機)は、企業に勤める経営者・役員、管理職、一般社員の各200名(合計約400名)を対象に、企業内の「褒める」文化に関する

経営者と従業員の働き方に関する意識調査

[NTTコミュニケーションズ株式会社] ,コミュニケーション テレワーク NTTコミュニケーションズ ビジネスフォン テレワーク導入 働き方改革 ICTサービス コミュニケーション・ロス クラウド型PBXサービス スマホの内線化

2015年7月17日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年通信利用動向調査

報道資料平成27年7月17日平成26年通信利用動向調査の結果 総務省では、この度、平成26年末の世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況等について調査した通信利用動向調査の結果を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、別添1のとおりであり、また、概要は別添2のとおりです。なお、調査結果の詳細は、情報通信統計データベースに掲載するとともに、掲載データについては、機械判読に適したデータ形式(CSV形式)により公開する予定です。(URL: )【今回調査結果のポイント】1 高年齢層のインター

2015年6月11日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

自社のマネジメント層はテレワークの活用を推奨していると思う、と回答した日本人が61%

【プレスリリース、2015年6月10日】日本全国18都市、80拠点においてレンタルオフィス、シエアオフィスを運営し、新しい働き方と新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を世界100ヵ国以上、4万4,000人以上の経営者や経営幹部、マネージャー層に実施しました。その結果、「自社のマネジメント層は、テレワークの活用を推奨していると思う」と回答した割合

2015年6月3日リージャスフィードバック数:0ビジネス

「クラウド技術の普及はテレワークの導入を加速する」と回答した日本人が71%

【プレスリリース、2015年6月3日】日本全国18都市、80拠点においてレンタルオフィス、シエアオフィスを運営し、新しい働き方と新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を世界100ヵ国以上、4万4,000人以上の経営者や経営幹部、マネージャー層に実施しました。その結果、「クラウド技術の向上やクラウド関連のアプリケーションの普及は、テレワークの導入を

2015年5月12日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会 報告書

報道資料「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会 報告書」の公表 総務省では、「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」(座長:須藤修東京大学大学院情報学環教授)を開催してきました。今般、本研究会の報告書が取りまとめられましたので、これを公表します。1 経緯総務省では、平成26年10月28日より「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」(以下「研究会」といいます。)を開催し、「地方への人の流れを

2015年3月29日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

増加するテレワーカー

【プレスリリース、2015年3月26日】新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を、世界100ヵ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部に実施しました。その結果、オフィス以外の場所を適時活用して仕事をする「テレワーカー」が、世界中で5年前より増加していることが明らかになりました。主要国の多くで60%以上が「テレワーカーが周りに増加した」と回答して

情報通信白書についての記事です。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む

現代のICTは生活や仕事をどう変えるのか 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、後編ではますます社会や生活に浸透するICTの現在について取り扱う。スマートフォンやタブレットの現状 スマートフォン、タブレットなどが普及して久しいが、これらはライフスタイルやワークスタイルをどう変えているのだろうか。国内ではスマートフォンの普及率は平成25年末で62.6%、タブレットは21.9%と伸びている。また、ソーシャルメディアもLINEが幅広い年代でのユーザーを獲得してい

2014年9月9日日本ITU協会フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるテレワークの動向

日本におけるテレワークの動向

テレワークについての調査です。

テレワークに関する調査

[株式会社ネオマーケティング] ,働き方 ワークスタイル 意識調査 在宅勤務 スマホ テレワーク マーケティング モバイルワーク 会社員 内線

2014年1月20日NTTレゾナントフィードバック数:0ビジネス

「この営業、仕事できる!」と感じる瞬間ランキング

会社の売上を左右する存在といっても過言ではない「営業」の人々。業績の良い会社には「できる営業」が一人くらいはいるものですが、営業を受ける側としてはどんな瞬間に「この営業、仕事ができる!」と感じるのでしょうか。調査したところ、上位にランク・インしたのはスピーディーな対応や誠実さといった基本スペックとも言える要素を重視したものになりました。1位には《「送ってほしい」と依頼した資料をすぐに送ってくれる》が入り、以下3位まではいずれも“すぐに対応してくれる”といった内容で一致。4位の《打ち合わせや納期な

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(災害時におけるテレワークの事業継続性及び雇用創出効果調査事業報告書)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(災害時におけるテレワークの事業継続性及び雇用創出効果調査事業報告書)

2012年10月5日NTTデータ経営研究所★★フィードバック数:18ビジネス

会議の生産性やITの活用についてのまとまった調査です。

「会議の革新とワークスタイル」に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2011年6月1日デジタル・ナレッジ★フィードバック数:0ビジネス

企業の経営者を対象とした震災調査です。

【経営者100人に聞く】東日本大震災の事業への影響と対策 ~関心が高まる危機管理やテレワーク、経営者側の意識とは~

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、東日本大震災により"事業や経営に影響を受けた"とする全国の経営者および経営に携わる役員計100名を対象に、震災の影響とその対応策、さらには、震災後注目を集めているテレワーク(在宅勤務)導入についてアンケート調査を実施しました。(有効回答数100)その結果、震災による影響は『売上の減少(見込み)で事業計画の見直しが必要となった』がもっとも多く、多くの企業が資金繰りや売上計画の見直しを含む緊急対応を迫られた実態が浮き彫りとなりました。また

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ