「テンポ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

アジア経済概況(2015年1-3月)

2015/04/27調査部 野田 麻里子 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・1-3月期の成長率は+7.0%に鈍化2.中国の主要指標解説:国際収支の「新常態」3.台湾経済の概況・・・景気は緩やかな回復基調4.韓国経済の概況・・・1-3月期の実質GDP成長率は+2.4%に鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・景気の回復テンポは依然として緩やか2.インドネシア経済の概況・・・景気の拡大テンポは緩やか3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・1

グラフで見る景気予報(2014年11月)

2014/11/05 【今月の景気判断】景気は弱含んでおり、後退局面入りした可能性がある。個人消費は反動減から持ち直しているが、このところ動きは鈍っている。また、輸出が持ち直しているものの、設備投資は一時的に減少している。さらに、雇用情勢の改善の動きにも足踏みがみられ、賃金は持ち直しているものの実質では大幅なマイナスの状態にある。一方、生産に下げ止まりの動きがみられるものの、在庫の積み上がりが抑制要因となり、持ち直しのペースは緩やかなものにとどまるだろう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転

グラフで見る景気予報(2014年10月)

2014/10/02 【今月の景気判断】景気は弱含んでいる。個人消費は反動減から持ち直しているが、このところ動きは鈍っている。また、設備投資が一時的に減少し、円安にもかかわらず輸出の弱含みが続いている。さらに、雇用情勢の改善の動きにも足踏みがみられ、賃金は持ち直しているが実質では大幅なマイナスの状態にある。こうした中、内外需の低迷による在庫の積み上がりを背景に生産が減少しており、景気がすでに後退局面入りしている可能性が出てきた。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じること、2013年度補正予

2013年7~9月期のGDP(1次速報)予測

2013年10月31日11月14日に公表予定の2013年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれる。景気持ち直しは続いているが、今年前半と比べると、そのテンポは弱まったとみられる。持ち直しテンポが鈍化した要因は、今年前半の景気をけん引してきた輸出と個人消費がいずれも前期比でマイナスに転じたためである。輸入の増加は続いており、外需寄与度は前期比-0.5%と大きくマイナスに転じたと見込まれる。一方、公共投資は大幅に増加したとみられるほか、設備投資の増加

アジア経済概況(2013年3・4月)

2013/04/18調査部 野田 麻里子(I担当)、 土田 陽介(II・III担当) I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・1-3月期のGDP成長率は7.7%に減速2.中国の主要指標解説:消費伸び悩みの背景3.台湾経済の概況・・・景気は持ち直し基調にあるが、テンポは緩やか4.韓国経済の概況・・・景気は持ち直し基調にあるが、テンポは緩やかII.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・景気の拡大が一服2.インドネシア経済の概況・・・消費主導の成長が続く3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主

2012年9月14日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成24年9月)

(平成24年9月)--景気は、世界景気の減速等を背景として、回復の動きに足踏みがみられる。-先行きについては、当面は弱めの動きも見込まれるものの、復興需要が引き続き発現するなかで、海外経済の状況が改善するにつれ、再び景気回復へ向かうことが期待される。ただし、欧州政府債務危機を巡る不確実性が依然として高いなかで、世界景気のさらなる下振れや金融資本市場の変動が、我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、収益や所得の動向、デフレの影響等にも注意が必要である。平成24年9月14日内閣府[参考]

2012年5月18日内閣府フィードバック数:2社会/政治

月例経済報告(平成24年5月)

(平成24年5月)--景気は、依然として厳しい状況にあるものの、復興需要等を背景として、緩やかに回復しつつある。-先行きについては、復興需要等を背景に、景気回復の動きが確かなものとなることが期待される。ただし、欧州政府債務危機を巡る不確実性が再び高まっており、これらを背景とした金融資本市場の変動や海外景気の下振れ等によって、我が国の景気が下押しされるリスクが存在する。また、電力供給の制約や原油高の影響、さらには、デフレの影響等にも注意が必要である。平成24年5月18日内閣府[参考] 先月からの主

2011年12月7日内閣府★フィードバック数:3社会/政治

内閣府による世界経済情勢についてのレポートです。

世界経済の潮流 2011年 II 減速する世界経済、狭まる政策余地

世界経済の潮流2011年 II<2011年下半期 世界経済報告> 目次第1章 減速する世界経済、狭まる政策余地1.世界経済の動向:再び減速する兆し2.金融資本市場の緊張:質への逃避1.金融危機対応で拡大した財政赤字・債務残高2.世界的な財政再建への流れ:更なる財政出動には期待できず1.世界的な物価上昇とスタグフレーション懸念2.緩和を続けざるを得ない先進国、引き締め続けざるを得ない新興国1.財政政策上の論点2.金融政策上の論点3.論点を踏まえた各国の現状の評価1.経済の見通し(メインシナリオ)

2011年9月9日内閣府フィードバック数:3社会/政治

家計・企業ともに景況感の持ち直しのテンポが緩やかに

今週の指標 No.1009 家計・企業ともに景況感の持ち直しのテンポが緩やかにポイント2011年9月8日3月の東日本大震災の発生以降、家計や企業の景況感は徐々に持ち直してきたが、ここに来てその動きが緩やかになっている。景気ウォッチャーの景況感をみると、前月(7月調査)は現状判断DIが3.0ポイント上昇して52.6と、2006年4月(54.6)以来の高い水準にまで達していたが、前月の先行き判断DIは0.5ポイント下落して48.5ポイントとなっていた。そうした動きを裏付けるように、今月は、現状判断D

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ