「テーラー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年1月6日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

2015年12月期(第3回)旅行市場動向調査

JATA15-342015年12月17日発行「2015年12月期(第3回) 旅行市場動向調査」一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)では、会員各社へ調査モニターへの登録を依頼し、登録のあった594社を対象として、四半期ごとに「旅行市場動向調査」を実施しております。今回、12月期の調査がまとまりましたのでお知らせします。●海外旅行DIは、9月期(-38)より2ポイント下落して-40  ※9月期の見通しを7ポイント下回り、業態別では、総合旅行会社が9月期に比べ19ポイントと大きく下落。 ※方面別で

2013年4月4日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

2013年3月期(第4回)旅行市場動向調査

海外旅行DIは、12月期より6ポイント上昇して(-24)、3ヵ月後も回復は継続して(-16)へ。※アジア、韓国、中国が3ヵ月後も継続して回復を見込む。国内旅行DIは(-16)へ下落するも、3ヵ月後は(-5)へ回復。※東京人気は変わらず(+9)、顧客層ではシニアが牽引(+4)。現況は、見通し(-27)を若干上回って(-24)へ。3ヵ月後も継続して回復し(-16)へ。12月期を底に回復の途上。中心はアジア。韓国、中国では回復感が異なる。ヨーロッパ、アメリカ・カナダには一服感があるものの先々には期待も

2009年7月27日ブルームバーグフィードバック数:0大型消費/投資

株と商品投資が有望、62%が日本を悲観-BN投資家調査

MiFID2が適用されると投資リサーチが無料でなくなる理由ランボルギーニの次の段階はハイブリッド車-CEO トヨタ欧州部門CEO:電気自動車事業の継続的な成長を目指す 小池都知事:日本の存在に不透明な面も-米国と中国の接近で トランプ政権、オバマ前政権の温室効果ガス規制撤廃へ-石炭復活に道 トランプ政権は10日、火力発電所の温室効果ガス排出量の削減を目指したオバマ前政権の措置を撤廃するプロセスに着手した。石炭産業復活の小さな窓を開く一方で、米国の電源構成を巡る不透明感を長引かせる動きだ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ