調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ディスインフレ

「ディスインフレ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

内外経済ウォッチ アジア・新興国 ~原油安による緩和ドミノの今後~

内外経済ウォッチアジア ・ 新興国 ~原油安による緩和ドミノの今後~経済調査部 主席エコノミス ト 西濵徹 (にしはま とおる)ディスインフレが緩和ドミノを促す一因に 昨年後半以降の原油安を背景に、 多くのアジア新興国 ではインフレ率が低下するなど、 ディスインフレ傾向が強 まっている。 一方、 世界経済を巡ってはここ数年のけん引役 であった中国経済が減速基調を強めるなか、 世界全体の 拡大ペースは緩慢なものに留まっている。 結果、 世界的な 需要拡大を追い風に経済成長を実現してきた多くのアジ

2015年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、全人代の背後で景気の足踏み続く ~ディスインフレを脱せぬなか、追加金融緩和の可能性は高まろう~

中国、全人代の背後で景気の足踏み続く ~ディスインフレを脱せぬなか、追加金融緩和の可能性は高まろう~

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(9)(最終回) ~世界の景気・ディスインフレへの影響とは?

シリーズ:原油安の影響⑨(最終回)~世界の景気・ディスインフレへの影響とは? 原油価格の低下によって、物価上昇率が縮小している。これは日本だけではなく、世界で共通の現象であり、景気にも影響を及ぼすと考えられる。そこで、今回は、原油価格の低下という視点から、世界の物価と景気への影響に焦点をあてる。 お問い合わせEY総合研究所へのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」 よりお願いします。 EY総合研究所株式会社は、EYグローバルネットワークを通じ、さまざまな業界で実務経験を積んだプロフェッショナ

2015年2月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界に広がるディスインフレの波

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界的にインフレ圧力は後退し、主要先進国でディスインフレまたはデフレ傾向が強くなっている。これは原油価格の下落によるものだけではなく、緊縮財政と各国それぞれに内在する経済の脆弱性が影響している。ユーロ圏のデフレリスクは小さいとする見方の根拠は、コアインフレ率の高さにあったが、1月は過去最低に低下。日本は消費増税分が剥落する4月以降、インフレ率が2%ポイント近く低下する。賃金上昇による後押しがなければイ

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、ディスインフレからデフレに突入するか ~原油安が後押しするなか、緩和姿勢が一段と強まる可能性~

中国、ディスインフレからデフレに突入するか ~原油安が後押しするなか、緩和姿勢が一段と強まる可能性~

2015年1月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

世界経済についてのレポートです。

10分でわかる経済の本質(特別編) 2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)

10分でわかる経済の本質(特別編)2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)~15年もディスインフレ傾向は根強いが、先進・新興国では小幅の成長加速2014年の世界経済の特徴は、①年後半の米ドル高・原油安と、②主要国でのディスインフレ傾向の強まりの2点であった。米ドル高は米国と日欧の金融政策の方向性の違いを、また、原油安は需給緩和見通しや米ドル高を、それぞれ反映したものだ。原油安は、欧米による経済制裁を受けるロシアの景気下押しに繋がり、通貨ルーブルの急落につながった。さらに、主要国では、原油安や

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレに直面するか ~川上からの物価下押しが続くなか、金融市場の安定化が鍵を握る~

中国はディスインフレに直面するか ~川上からの物価下押しが続くなか、金融市場の安定化が鍵を握る~

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ディスインフレ下のユーロ圏で続く株価の上昇~今後は上昇スピード鈍化の可能性~

ディスインフレ下のユーロ圏で続く株価の上昇~今後は上昇スピード鈍化の可能性~

【米医療政策】オバマケアの米国経済への影響-ディスインフレ傾向が続く可能性も

【米医療政策】オバマケアの米国経済への影響-ディスインフレ傾向が続く可能性も | ニッセイ基礎研究所 【米医療政策】オバマケアの米国経済への影響-ディスインフレ傾向が続く可能性も 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1月からオバマケアが本格的に開始され、実質的な皆保険制度が導入された。これは、医療へのアクセス向上を通じた社会保障の充実が

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 離陸待ちが続く

Global Market Outlook離陸待ちが続く2014年4月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:19 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値13960.0516,170.229,454.546,641.974,413.49前日比-340.07-266.96-51.81

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏消費者物価(確報) ~ディスインフレ 長期化すると デフレ危機~

欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏消費者物価(確報) ~ディスインフレ 長期化すると デフレ危機~

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年12月(西欧)

平成 25 年(2013 年)12 月 27 日低成長とディスインフレが継続欧州経済は持ち直しつつあるが、そのペースは鈍い。ユーロ圏の第 3 四半期の実質GDP 成長率は前期比+0.1%と、2 期連続のプラス成長を確保したが、前期の同+0.3%からは減速した。需要項目別にみると、個人消費や政府消費、ほか設備投資を含む総固定資本形成がプラスとなったが、最大のプラス寄与を示したのは在庫であり、純輸出はマイナスに転じた(第 1 図)。第 4 四半期については、先行指標とされるユーロ圏の購買担当者指数(

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年為替見通し

Financial Trends2014年為替見通し2013年12月25日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 藤代 宏一TEL 03-5221-4523筆者は来年末のUSD/JPYを115と予想する。2013年の約20%に続いて14年も約10%の円安が進む計算だ。 2014年の米国経済は3%近い成長が見込まれており、それが実現していく過程では「QE3終了&利上げ」 観測が高まるだろう。そうした状況下で相対的に金利先高感の強いUSDが強含む展開を予想する。日米金融政 策のベクトルは明らかに異な

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

クリスマスプレゼント、日米は物価2%を目指し「永遠の0」

リサーチ TODAY2013 年 12 月 24 日クリスマスプレゼント、日米は物価2%を目指し「永遠の0」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創「FRBからのX'masプレゼント~QE3縮小の成功は米景気のアクセラレーターに~」1は米国が12月18日、QE3縮小に踏み切ったことを受けた当社リポートのタイトルである。今回のQE3縮小を市場が好感したのは、事前に予想されたよりも強力なフォワード・ガイダンスが提示されたためである。今回の対応の背景には、米国の景気回復への自信、財政の不透明感の後退

2013年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界中、ディスインフレと金融緩和で資産価格上昇

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

先進国を襲う日本化リスク ~ディスインフレからデフレ方向へ~

先進国を襲う日本化リスク ~ディスインフレからデフレ方向へ~

2013年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ドイツ消費者物価(確報) ~下振れ要因はあったが、全般的なディスインフレ基調を確認~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ドイツ消費者物価(確報)発表日:2013年11月12日(火)~下振れ要因はあったが、全般的なディスインフレ基調を確認~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 2013年10月のドイツの消費者物価の確報値は前年比+1.2%と速報値から不変、EU統一基準の確報値は同+1.2%と速報段階の同+1.3%から小幅下方修正された。これにより、前月からのインフレ率の変化幅は、独自基準が前月の同+1.4%から0.2

2013年5月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討4月30日~5月1日開催のFOMC議事録とバーナンキ議長の議会証言 ◆4月30日~5月1日開催のFOMCでは金融政策が維持された。当該FOMCの議事録が公表され、Fedメンバーにおいて次回6月のFOMCから資産買い入れ規模の縮小・停止を求める声も一部でみられた。◆足下で警戒感は弱いものの、ディスインフレ傾向が鮮明になっている。さらにインフレ率の伸びが鈍化すれば、労働

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ