「デジタル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

2017年04月14日 デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者3.調査方法:郵送アンケート調査

2017年1月26日グリーゼ★フィードバック数:0キャリアとスキル

総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態

マーケティングオートメーション専門の コンテンツマーケティング会社 ダウンロードページ【調査結果発表】 総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態総務・人事部門社員に向けたアンケートで、内定辞退の解決策として「個別のフォローメールを活用する」が33.8%で1位 という結果が出ました。新卒採用における課題について・課題解決のために、現在実施していること・課題解決のために、今後実施していきたいこと または 強化させていきたいことを調査した結果、One to OneメールやSNSをはじめ

2017年1月26日ガートナー★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング業務の変化に関する調査

2017年1月17日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、マーケティング業務の変化に関する調査結果を発表調査対象者の過半数はマーケティング業務にかかわっているものの、マーケティングに対する重要性の認識は依然として十分ではないガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、マーケティング業務の変化に関する調査結果を発表しました。スマートフォンやソーシャル・メディアなどが身近になって顧客が手軽に利用する昨今、デジタル・テクノロジを活用したマーケティン

2016年11月29日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査

2016年11月18日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査結果を発表全社的に取り組んでいる企業の割合は、1年間で2割から3割に増加デジタル・ビジネスの促進要因は「経営層のリーダーシップ」と「『攻め』の企業文化」、阻害要因は「スキル/ノウハウの不足」「危機意識の欠如」という結果にガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のデジタル・ビジネスへの取り組みに関する調査結果を発表しました

企業の経営幹部が「デジタル・ディスラプション」に備えていないことが明らかに

Navigation ジュニパーネットワークスのグローバル調査で、企業の経営幹部が 「デジタル・ディスラプション」に備えていないことが明らかに― NFV技術とSDN技術のメリットが実証された一方で、スキルギャップの深刻化による課題が浮上 ―ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、2,700人以上のITおよびビジネスの意思決定者を対象に実施したグローバル調査の結果を発表しました。それによると、企業は今後避けることのできない「デジタル・ディスラプシ

2016年1月20日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態

広報の仕事 大予測2016「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態企業の広報・PR活動に関する調査 業界により導入状況や社内理解度が異なるウェブ・デジタルPRの業務。2016年は、広報として企業・事業のコンテンツ発信をいかに設計するかが課題に。どうなる?ソーシャルメディア●Facebookの影響力低下?Facebookの運用に関して、企業ページ増加とFacebookのアルゴリズム変更に伴いリーチ数が減った。また、そもそもFacebookへの関心の低下を感じる(IT・情

2015年5月31日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

スマホアプリについての調査です。

アプリのダウンロード、参考にするのは「インターネットの検索結果」

~ ヤフー発のデジタルマーケティング情報をお届けします ~ アプリのダウンロード、参考にするのは「インターネットの検索結果」 2015年05月26日年々増加している、スマートフォンからのインターネット利用。その理由の一つとして、種類豊富なアプリケーション(以下アプリ)が利用可能であることが挙げられます。実際にさまざまなアプリをダウンロードして、活用している人も多いのではないでしょうか。今回は、普段利用しているスマートフォンで「アプリをダウンロードしたことがある」と回答した2,060人を対象に、

2015年5月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル デジタル・ランドスケープ レポート - SCREEN WARS -

Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン、世界60カ国・3万人のデジタルに関する考え方や行動に関する調査結果をまとめた『グローバル デジタル・ランドスケープ レポート - SCREEN WARS -』を発表2015/05/14 [データ] ニールセン、世界60カ国・3万人のデジタルに関する考え方や行動に関する調査結果をまとめた『グローバル デジタル・ランドスケープ レポート - SCREEN WARS -』を発表- 76%の消費者がいつでもどこでもインターネットに接続できる自

2015年5月15日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 営業パーソンの名刺管理満足度、デジタル管理の人は6割、アナログ管理は3割が満足と回答 営業パーソンの名刺管理満足度、デジタル管理の人は6割、アナログ管理は3割が満足と回答 MMDLabo株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:吉本浩司)とキングソフト株式会社(東京都港区、取締役社長:馮達)は共同で「営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に

2015年3月31日IMJ★フィードバック数:0マーケティング

IMJの調査です。

デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査

デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査 株式会社アイ・エム・ジェイ東京都目黒区青葉台3-6-28代表取締役社長 竹内 真二 株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:竹内 真二 以下、IMJ)は、「デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査」を実施いたしました。調査期間は2014年11月17日~11月18日、有効回答数は340名から得られました。 調査の狙い 近年、モバイル端末市場全体ではスマートフォン利用者が増加し、日々新たな技術が生み出されるなか、企

2015年3月29日Sansanフィードバック数:0ビジネス

名刺に関する実態調査2015

NEWS > > ビジネスパーソンは名刺探しに1年で20.5時間費やしている!1人あたりの平均名刺枚数は1,383枚 〜名刺に関する実態調査2015〜ニュースリリース ビジネスパーソンは名刺探しに1年で20.5時間費やしている!1人あたりの平均名刺枚数は1,383枚 〜名刺に関する実態調査2015〜 Sansan株式会社はこのたびビジネスパーソンを対象に実施した「ビジネス名刺実態調査」の調査を行いました。4月に新生活を迎えると、新社会人として新たに名刺を持つ人、人事異動で名刺が変わる人も多く、名

市場データです。

「国内オンライン動画配信システム」に関する市場調査

株式会社 シード・プランニング(本社:東京都文京区 代表取締役 梅田佳夫)が運営する、デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクトは、「国内オンライン動画配信システム(*) 」に関する市場調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 近年ブロードバンド環境の高速化やスマートフォン端末の普及により、ユーザーの動画視聴環境が急速に整備され、動画コンテンツのトラフィックが急速に増加しています。 動画配信サービスやソーシャルメディアなどで、ユーザーがインターネット動画コンテンツを

2015年2月2日PR TIMES★フィードバック数:0マーケティング

PR TIMESの調査です。

マーケター8割が「デジタルPR」に注目

[株式会社PR TIMES] ,広告 PR マーケティング 調査 デジタル 宣伝 戦略 マーケター

2014年11月25日アドビ システムズフィードバック数:0マーケティング

Adobe APAC Digital Marketing Performance Dashboard 2014

体験をフルに実現するために、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。アドビは世界を変えるデジタルエクスペリエンスを提供しています。アドビのクリエイティブ、マーケティング、ドキュメントソリューションは、新進アーティストからグローバルブランドまでのあらゆるデジタルコンテンツを適切なタイミングで適切な人に提供することで最高の結果の実現を支援します。 デジタルマーケティングの効果的活用による経営革新には、マーケティング部門とIT部門の連携が不可欠 【2014年11月

2014年10月23日LiBフィードバック数:0ビジネス

過去到達年収400万超 ハイキャリア女性のスケジュール管理術

勉学の秋 特別調査企画過去到達年収400万超 ハイキャリア女性のスケジュール管理術 なんと約 65%が未だアナログ派という、驚きの結果に! 〜 デジタルツールと併用している女性はその内約半数の結果に 〜 2014年10月23日いくつか台風が過ぎ去り朝晩に冷え込む日が多くなってくると、文房具売場に来年の手帳が並び始め、テレビや雑誌で手帳の特集が始まります。最近ではスマートフォンの普及に伴い、アプリケーションでスケジュールやタスクを管理する人も多くなってきました。そのような背景を受け、仕事もプライベ

2014年9月11日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

デジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革

Skip to main content Skip to Footerデジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革デジタル変革の実現のためには、顧客との接点や商品を顧客理解に基づいて改革し、それらを常に提供するために自社の事業やテクノロジー基盤の再調整を行う必要があります。 デジタルは人々の体験を再定義し、生活、仕事、娯楽、人間関係の在り方に変革をもたらしています。デジタルによりあらゆるものが再考され、シンプルに、そしてより良いものへと変化していきます。人々が生涯を通じて変

2014年8月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

顧客との関係性を高める――デジタル・マーケティング体験の最適化

Skip to main content Skip to Footer顧客との関係性を高める ――デジタル・マーケティング体験の最適化統合的デジタル・マーケティング・プラットフォームによるスムースな顧客体験を提供することにより、企業は顧客と強固なエンゲージメントを実現できます。 デジタル化が進む現代では、消費者はさまざまな方法で1つの企業と何度もやりとりします。たとえば消費者は、匿名のまま企業のウェブサイトにアクセスし、オンラインショップで買い物をします。消費者がオンラインへアクセスし製品

2014年5月22日エヌプラスフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年 ビジネスパーソンの働き方に対する意識調査

【2014年 ビジネスパーソンの働き方に対する意識調査】 起業に関心をもつビジネスパーソンが考える起業力・信用力とマネースタイルに関する調査 デジタルマーケティングの株式会社エヌプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 祐介)は、全国の20代~50代の男性ビジネスパーソンを対象に、「起業に関心のあるビジネスパーソンが考える起業力・信用力とマネースタイルに関する調査」をインターネットリサーチにて実施しました。【株式会社エヌプラスについて】企業の価値や顧客との関係を創出する、デジタルマーケテ

2014年3月2日NHK★フィードバック数:0マーケティング

テレビ視聴のパターン分けをしています。

“多極化”するデジタル時代のテレビ視聴者

“多極化”するデジタル時代のテレビ視聴者~「テレビ60年調査」から~本誌2013年6~7月号では,「テレビ60年調査」(2012年11月実施)の結果から,“カスタマイズ視聴”〔「録画再生」,「テレビ動画視聴」〕と“つながり視聴”〔「テレビSNS」,「家族視聴」〕という2つの現代的な視聴スタイルについて報告した。2月号では,そうした現代的な視聴を行う人以外にも焦点をあて,テレビの視聴スタイルで視聴者をタイプ分けし,その特徴の分析を試みた。今回の分析は,現代的な視聴スタイルが多数派となっている16~

2014年1月23日スパイスボックス★★フィードバック数:0マーケティング

DMPにフォーカスしています。

マーケティングにおけるデータ活用の実態調査

2014.01.23thuスパイスボックス、「マーケティングにおけるデータ活用の実態調査」を発表-デジタルマーケティング業務担当者309名を対象としたインターネット調査を実施-2014年、データマネジメントにおいてチャレンジしたいことは、1位「部署間の複数データ統合」、 2位「外部オーディエンスデータ活用」、3位「自社顧客データとソーシャルデータの統合」約8割がDMP(データマネジメントプラットフォーム)を認知。ただし内容まで理解しているのは約3割に留まるDMP導入している企業は1割未満。興味・

2013年12月22日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン・タブレットのアクセサリ/周辺機器市場規模(2013年度版)

スマートフォン・タブレットのアクセサリ/周辺機器市場規模(2013年度版) 2013年12月20日■スマートフォン・タブレットのアクセサリ/周辺機器市場規模は2,026億円(12年度比31.0%増) ■外部デジタル機器・他を含む広義のアクセサリ/周辺機器市場規模は2,561億円(30.9%増) ■スマートフォン・タブレット共に「ジャケット・ケース」「画面保護シート」の利用率が高い ■2017年度には狭義の市場規模:2,544億円、広義の市場規模:3,929億円に拡大と予測  MM総研(東京都・

2013年9月12日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

「マンガ制作現場のウラ事情」ランキング

国内ではもちろん、海外にもファンが多い日本のマンガ作品。日本人なら誰しも一度くらいはマンガ本やマンガ雑誌を手にとったことがありそうですが、その制作現場の様子は意外と知られていないもの。そこで今回は自身もマンガ家デビューをしたことがあり、現在はマンガ教室を運営するきやまだいち先生に、興味深いマンガ制作現場の裏事情をランキング形式で教えてもらいました。■1位 作者が亡くなっても続いている『クレヨンしんちゃん』の作者である臼井儀人氏が亡くなってからは、同作は『新クレヨンしんちゃん』として連載中です。ま

2013年7月10日D2C★★フィードバック数:8マーケティング

スマートフォンを中心としたモバイル広告についての調査です。

2013年企業のモバイル広告利用動向調査

プレスリリース 2013.07.10 2013年企業のモバイル広告利用動向調査 日経BP社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長田 公平)の「日経デジタルマーケティング」、株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志)は、日本国内で1億3200万台(2013年5月TCA調べ)普及している携帯電話について、企業のモバイル広告の利用動向調査を共同で実施した。日本国内の上場企業および有力未上場企業の計4,229社を対象に、2013年5月にアンケートを実施し、542社から回答を得た

2013年5月29日ペットオフィスフィードバック数:0ライフスタイル

【第5回】 犬猫デザイングッズ

当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。 【アンケート実施期間】2008/03/04(火)〜2008/03/31(月) 有効回答者数:873名(女性632名/男性241名)【問1】愛犬、愛猫の首輪は何色をメインにお使いですか?フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。2

子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は?

子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は? | ニッセイ基礎研究所 子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 携帯電話の売上げはボーナス時期と3月に伸びる1。3月の伸びは子どもの進学・進級にあわせて親が買い与えるケースが多く、この時期、携帯電話会社は学割

2012年8月28日ニールセン★フィードバック数:3マーケティング

食品の購買行動についての国際比較です。

デジタルが食料品購入に与える影響

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2012年7月11日ニールセン★フィードバック数:1大型消費/投資

個人の投資についての国際比較です。

投資行動に関するグローバル調査

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

企業における動画活用の実態調査

株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京、代表取締役:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、22歳以上の社会人(管理職以上)計300名を対象に、企業における動画活用の実態とインターネット動画配信サービスの利用に関するアンケートを実施し、その調査結果を公開致しました。アンケートでは、企業としてインターネット動画配信を「すでに行っている」が9.3% 、「行う検討をしている」が21.3%、 「行う予定はない」が69.3%という結果となり、企業での動画活用は今だ限定的であることが明らかとなりました

2012年5月16日ニールセンフィードバック数:6ライフスタイル

うつ状態に関する日米比較調査

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2012年5月15日NTTアド★フィードバック数:22マーケティング

PC、携帯、スマートフォン、タブレットでのネット利用とコミュニケーションについての調査です。

デジタルコミュニケーションライフ調査

デジタルコミュニケーションライフ調査

2012年3月28日ニールセンフィードバック数:1社会/政治

企業市民活動に関する調査

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2012年1月24日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

体重意識や健康的な食生活に関する調査結果

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2011年9月28日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

個人の保有する「デジタル資産」価値に関する調査結果

McAfee について安全に接続されたデジタル世界の実現会社概要 お問い合わせMcAfee (マカフィー株式会社) 本社 〒150- 0043渋谷区道玄坂1- 12- 1渋谷マークシティ ウエスト20F 詳しくはこちらTEL.03- 5428- 1100 (代表) 採用情報弊社では、サイバー セキュリティの変革と向上に意欲のある人材を募集しています。詳細を見る エグゼクティブチームエグゼクティブ バイス プレジデント兼最高財務責任者 シニア バイス プレジデント兼最高マーケティング責任

2011年9月26日ニールセンフィードバック数:1マーケティング海外

東南アジア地域における「広告信頼度」調査結果

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2011年9月4日ニールセンフィードバック数:0モバイル

米国モバイル接続機器所有者に対する最新の調査

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2011年7月14日コマースリンク★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

震災後のほしいものの変化です。

[ショッピングサーチ.jpレポートNo.11]大震災で消費者が一番に「求めたモノ」は? - 震災前と比べて「発電機」は10倍、「LED」は2倍以上 -

商品データの訴求力を最大活用し、 デジタルマーケティングを成功に導きます。 サービス パートナー募集 データフィードをお考えの広告代理店様へ、ツール提供、代理販売、ご紹介など多様なパートナーシップの取り組みで、代理店様のご要望にお応えします。 採用情報 デジタル領域では、新しいプレイヤーや新しいサービスが次々に登場し、停滞することなくトレンドが変化し続けています。 私たちは、テクノロジーの進歩、ビジネスの変化に対応し、会社とともに成長できる新たな仲間を募集しています

2011年7月13日D2C★フィードバック数:15マーケティング

D2Cによるモバイル広告についての調査結果です。

2011年企業のモバイル広告利用動向調査

プレスリリース 2011.07.13 2011年企業のモバイル広告利用動向調査 日経社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長田 公平)の「日経デジタルマーケティング」、株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志)は、日本国内で1億万台(年月調べ)普及している携帯電話について、企業のモバイル広告の利用動向調査を共同で実施した。日本国内の上場企業および有力未上場企業の計社を対象に、年月にアンケートを実施し、社から回答を得た。本調査は、年の開始より今回

2011年5月13日ニールセン★フィードバック数:0デジタル家電

アメリカでのタブレットの利用状況に関する調査結果です。

米国でのタブレット端末使用状況

最新ニュース東南アジアのプライベートブランドに関する意識調査結果についてのリリースなど、ニールセンの最新情報はこちらから ニールセン デジタル広告視聴率の視聴者属性別ビューアブルGRP計測でMRCの認証を取得 インターネットユーザーの14%が有料インターネット動画サービスを利用 ~ 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売 ~ ニールセン 米国のメディア視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表

2010年9月21日アイシェアフィードバック数:1ライフスタイル

6億円の使い道に関する意識調査

6億円当選!そのとき人が最も欲しいものは 6億円の使い道に関する意識調査 終の棲家?当選金6億円の使い道「家の建設・購入」が1位~当選を必要外の人に言わずにいられる?「とても自信がある」4割半宝くじ(ジャンボやロト)、スポーツ振興くじ(BIGやtoto)などの金銭が当たるくじで、もし6億円という大金を手にしたら何に使うだろうか。20代から40代のネットユーザーに対して調査を実施し、427名(男性242名、女性185名)から回答を得た。これらの金銭が当たる“くじ”の購入経験が「ある」としたのは58

2009年9月30日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

ポータブルプレーヤー3割、PC2割とのことです。

音楽を一番よく聴くものは?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] 「iPod」などのデジタル・オーディオ・プレーヤーは、日々の暮らしにすっかり定着した印象がある。そこで、1000人のネットユーザーに、音楽をどのようにして聴いているか尋ねた。 まず、みんなはどのくらいの頻度で音楽を聴いているのだろうか。すると「毎日好きなだけ」「通勤時や寝る前などの空き時間に」「1週間に1回以上」「それ以外」という4つのパターンが、それぞれ約4分の1だった。ほとんど聴かない人を除いて、一番よく聴いて

2008年6月2日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

テレビ放送からの私的録画に関する テレビ放送からの私的録画に関するアンケート調査

テレビ放送からの私的録画に関するアンケート調査平成20年5月(社)電子情報技術産業協会本調査の目的と方法1.目的各種デジタル録画機器が発達し、私的録音録画が著作権者等の著しい経済的損失をもたらしているとして私的録音録画補償金制度が設けられているが、現在、文化審議会著作権部会私的録音録画小委員会で制度のあり方について議論されている。本調査は、私的録画に関する一般消費者の意識、私的録画の目的等の実態を把握し、今後の議論における検討用資料とするためになされたものである。2.調査方法等(1)調査方法概要

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ