調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタルビデオカメラ

「デジタルビデオカメラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム デジタルビデオカメラの利用(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ過去1年以内動画撮影者は全体の5割弱、女性20・30代では7割弱。撮影機器は「スマートフォン」が2割強、「デジタルビデオカメラ」が1割強 デジタルビデオカメラ所有率は全体の4割弱、40代で所有率が高い。デジタルビデオカメラ月1回以上利用者は所有者の2割強、「持っているが使っていない」は1割強。過去調査と比較し利用率、頻度が減少傾向 デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法は、本体の「メモリーに入れたまま」「内蔵ハードディスクに入れたまま

2015年4月19日中央調査社★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル家電等の利用状況です。

パーソナル先端商品の利用状況(第30回)

1◎パーソナル先端商品の利用状況◎(調査結果の概要)2015年4月一般社団法人 中央調査社一般社団法人 中央調査社は、全国 20 歳以上の男女個人を対象とし、「家庭向け・個人向け先端商品の利用率、利用意向率」に関する調査を実施しました。調査は 2015 年 2 月、個別面接聴取法で行い、有効回収数は 1,214 人でした。この調査は 1986 年 11 月から毎年行っており、今回で 30 回目です。今回の調査結果からみた主なポイント◎「液晶テレビ」「ブルーレイ」は一段落、「デジタルビデオカメラ」

【幼稚園児&保育園児ママ】デジタルビデオカメラ(2013年/全国)

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 【幼稚園児&保育園児ママ】デジタルビデオカメラ(2013年/全国)  運動会などの子どものイベントを撮影するにあたり65.7%ものママがデジタルビデオカメラ(ハードディスク)を使うと回答し3年連続のトップ。更に、デジタルカメラに次いで、スマートフォンで動画を撮ると答えたママが21.5%と、年々伸びている。シェアは1位がソニーで35.3%、2位はパナソニックが21.6%と全体に比較的バラけた結果に。選んだ理由としては「使い

2014年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム デジタルビデオカメラの利用(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへデジタルビデオカメラ所有率は4割強。きっかけは「子供の成長記録のため」「旅行」「入学式・運動会などの園や学校行事」「出産時」など家族に関する事柄が上位 デジタルビデオカメラ月1回以上利用者は、所有者の3割強、「持っているが使っていない」は1割強。過去調査と比較し利用頻度が減少傾向 デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法は「パソコンにコピー」の他、本体に入れっぱなしという人も多い。「本体のメモリーに入れたまま」は2012年よりやや増加。

【幼稚園児ママ】デジタルビデオカメラ(2012年/全国)

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 【幼稚園児ママ】デジタルビデオカメラ(2012年/全国) ●ビデオカメラの購入のきっかけは、「子どもの誕生50.0%」「運動会19.0%」。●幼稚園ママが動画を撮影する際に使う機材で、最もよく使われているのが「デジタルビデオカメラ(ハードディスク)」57.0%。●選択理由は「使いやすい57.2%」「手ぶれ防止機能がある36.2%」「持ちやすい33.3%」がトップ3。 【調査日 :2012年6月実施】 【調査対象 : 全国

2012年12月26日博報堂★★フィードバック数:14マーケティング

子どもを持つことが消費に与える影響を見ています。

子そだて世帯の消費と意識

NEWSこそだて家族研究所 調査レポートVol.1「子育て世帯の消費と意識」 2012年12月25日■「子供」をきっかけに購入する3大アイテム:1位「学資保険:46.7%」、2 位「デジタルビデオカメラ:42.7%」、3位「自動車:36.8%」「生命保険:約1.7 万円」、「学資保険:約1.3 万円」、「子供の習い事:約1 万円」1位「貯蓄」、2位「子供の教育」、3位「自分のファッション」、4位「夫へのプレゼント」2012年12月25日2012 年10 月に設立された「博報堂こそだて家族研究所」

2012年6月21日マイボイスコムフィードバック数:1デジタル家電

マイボイスコム デジタルビデオカメラの利用(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへデジタルビデオカメラ所有率は4割。きっかけは「子供の成長記録のため」「旅行」「出産時」「入学式・運動会などの園や学校行事」など、子供や家族に関することが上位 デジタルビデオカメラ月1回以上利用者は、所有者の4割弱、過去調査と比較して利用頻度が減少傾向 デジタルビデオカメラで撮影した映像の保存方法は「パソコンにコピー」の他、本体に入れっぱなしという人も多い デジタルビデオカメラの購入・買い替え意向は全体の4割強。所有者の6割弱、非所有者の4割

2009年10月13日日経BP★フィードバック数:0デジタル家電

BPによるデジタルビデオカメラに関する調査結果です。

デジタルビデオカメラ購入時の重視点、製品イメージを大調査

日経BPコンサルティング 立林由香 季節はもう秋。運動会や紅葉狩り、温泉旅行とイベントが目白押しのこの季節は、一年の中でもデジタルビデオカメラの最需要期とされ、各メーカーは熾烈な秋商戦を繰り広げている。 今回のトレンド・サーベイでは、デジタルビデオカメラの保有状況、購入時の重視点、主要メーカーの製品イメージなどを、日経BPコンサルティングが保有する調査モニター約1万5000人に尋ねた。その結果を紹介したい。

2008年6月16日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

マイボイスによるデジタルビデオカメラに関する調査です。

デジタルビデオカメラの利用に関する調査(第4回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへデジタルビデオカメラ所有率は43.6%。所有メーカーは1位「SONY」、2位「Panasonic」、3位「Canon」 購入意向がある人は40.8%、具体的な購入予定者は5.4% 撮影被写体は「子ども(小学生)」が30.4%でトップ、次いで「自然」28.1%、「夫または妻」26.2% 撮影シーンは「家族旅行」がトップ、次いで「学校行事」「誕生日・クリスマス・正月」 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ