調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタル広告業界

「デジタル広告業界」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

大手サービスプラットフォームであるAmazon、Facebook、Google、LINE、Twitter、Yahoo!JAPAN、楽天の広告サービスに関するアンケート調査

株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下 智之、以下「デジタルインファクト」)は、大手サービスプラットフォームであるAmazon、Facebook、Google、LINE、Twitter、Yahoo!JAPAN、楽天の広告サービスに関するアンケート調査を実施しました。 本調査では、国内デジタル広告業界関係者101名に、各プラットフォームが提供する広告サービスについて全14項目の質問を実施。各項目に当てはまる全てのサービスについて回答を得ました。 全14項目のうち、4項目

動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査

◆取り扱っている・利用している動画広告媒体はYouTubeが1位、Facebook、LINE、Twitterが追随 ◆動画広告のKPI、最重視されているのは”視聴回数”と”視聴者数” ◆動画広告の効果、影響が大きいのは”動画の内容” ””配信先の質” ◆嫌われない動画広告、”短尺化”“と”スキップ可能にする”ことが最重要!? 動画広告市場の発展には、”新しい媒体の登場”が不可欠! 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト、以下「マクロミル」)と、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ