調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタル教科書

「デジタル教科書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年1月4日文部科学省フィードバック数:0社会/政治

「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第6回) 配付資料

現在位置トップ > 政策・審議会 > 審議会情報 > 調査研究協力者会議等(初等中等教育) > 「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議 > 「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第6回) 配付資料 「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第6回) 配付資料 1.日時平成27年12月16日(水曜日)16時00分~18時00分2.場所文部科学省第二講堂(旧庁舎6階)3.議題ヒアリング(国立情報学研究所教授 新井紀子氏)意見交換その他 4.配付資料お問合せ先PDF形式のファイルを

2020年の国内教育ICT市場

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング2020年の国内教育ICT市場を予測 2020年の国内教育ICT市場は、• 教育用タブレットは、出荷台数で530万台、出荷金額で2,120億円の市場に。• 電子黒板は、出荷台数20万台、出荷金額で600億円の市場に。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、国内の教育ICT市場動向に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。 政府は2020年度までに

子どもライフスタイル調査2015秋

2015年 10月 28日株式会社KADOKAWA株式会社角川アスキー総合研究所NEWS RELEASE報道関係各位タブレットで学習している女子小学生の4割は紙よりタブレットの方が学習しやすいと回答『子どもライフスタイル調査2015秋』 結果のお知らせ株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)アスキー・メディアワークスは、株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川歴彦)と共同で『子どもライフスタイル調査2015秋』を実施いたしましたの

教育ICTの2020年までの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング教育ICTの2020年までの市場予測 ◆ 教育用ICT機器(教育用電子黒板、教育用タブレット端末)の国内市場は、2020年には、2013年(見込)の15.5倍、1,160億円になると見込まれる。タブレット端末が市場を牽引する。◆ デジタル教科書は「一人一台のタブレット端末」の進行に合わせて拡大し、2020年には、現在の紙の教科書とほぼ同等の400億円の市場規模になると見込まれる。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東

大学1年生の転学・退学の意向とその処方箋

システムメンテナンスのため、6/30(金)AM4:00~4:30の間はベネッセ教育情報アプリをご利用いただけません。ご了承くださいますようお願いいたします新着スマートフォン(スマホ)の急速な普及など、社会の情報化はどんどん進んでいます。まだ子どもが小さいから関係ないと思っている保護者も少なくないでしょう。ところが、内閣府の実態調査で、10歳未満の子どものうち39.2%がインターネットを利用していることがわかりました。利用している子どもの保護者のうち35.4%が、子どものネット利用に関してトラブル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ