調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタル株式会社

「デジタル株式会社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月23日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版

米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版』ジェネレーションZとミレニアル世代を合計すると、米国の人口のほぼ半分に達する。ミレニアル世代は、マルチメディアデバイスを保有し、定額制ビデオオンデマンドを利用している割合が最も高い。スマートフォンの利用はすべての世代で高い水準にある。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況

2017年8月1日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

メディアの現状: AUDIO TODAY 2017

2億7,100万人のアメリカ人が毎週ラジオを聴いている。米国のラジオ聴取者は増加し続けている。ポッドキャストは、若く高学歴で裕福な聴取者を惹き付けている。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のラジオ聴取動向をまとめた『メディアの現状: AUDIO TODAY 2017』を発表しました。ニールセンが初めてオーディオ測定分野に参入した時、ラジオは他の競合媒体に引けをとらないという結果が出ましたが、多くの人々はこの結果を当然のこ

2017年5月4日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート 2016年第4四半期版

米国のメディア視聴状況をまとめた 『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2016年第4四半期版』18歳以上の成人は、2016年において週当たり平均735億分をニュースの消費に費やした。全国放送TVニュース、全国ケーブルTVニュース、PCニュース、ラジオニュースの合計消費時間は前年よりもシェアを伸ばしている。すべてのメディアにおいて、2017年1月は2016年の年間平均よりもニュースの視聴/閲読/聴取時間が増加している。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ