「デフレ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月1日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2017年8月

月例ネット世論調査2017年8月安倍首相がいつまで首相を続けてほしいか、「ヒアリ」の侵入を注意して見ているかなど12問のネット世論調査を実施 トピックス内閣支持率 「支持する」54.0% 「支持しない」20.4% 前月比は「支持する」2.3ポイント増、「支持しない」3.7ポイント減 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より2.3ポイント増の54.0%となりました。一方、不支持率は、前月より3.7ポイント減の20.4%となりました。男女別でみると、支

2016年11月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年10月報

2016年 10月報倒産件数は704件、3カ月ぶりの前年同月比減少 負債総額は1169億400万円、2カ月ぶりの前年同月比増加主要ポイント■倒産件数は704件で、前月比では13.2%増加したものの、前年同月比では4.2%の減少となり、3カ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額は1169億400万円で、前月比25.5%の増加、前年同月比でも23.9%の増加となり、2カ月ぶりに前年同月を上回った■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を下回った。なかでも、運輸・通信業(24件、前年同月比22.6%減

2016年5月24日ニワンゴフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

月例ネット世論調査2016年5月

月例ネット世論調査2016年5月2016年5月の月例ネット世論調査です。今回は5月19日21:45に実施しました。 トピックス内閣支持率、「支持する」47.2% 「支持しない」24.1% 前月比の増減は「支持する」0.4P減 「支持しない」0.3P増 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より0.4ポイント減の47.2%となりました。一方不支持率は、前月より0.3ポイント増の24.1%となりました。年代別で見ると、前月最も支持率の高かった50代以上が

2015年11月25日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2015年11月

月例ネット世論調査2015年11月2015年11月の月例ネット世論調査です。今回は11月18日21:18に実施しました。 トピックス安倍内閣支持率 5割超え 「支持する」51.1% 「支持しない」22.0% 前月比の増減は「支持する」+1.4、「支持しない」-2.9、「どちらとも言えない」+1.6 Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。前回10月21日の調査で安倍内閣の支持率は、昨年暮れの衆議院総選挙以降、最も高くなりましたが、今月はさらに1.4ポイント増え、51.1%と5

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却

公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却 | ニッセイ基礎研究所 公的年金は増額傾向? 欠かせないデフレ脱却 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年に引き続き、今年度も2%台の賃上げが実施される見込みである。ベースアップに踏み切る企業は全体の半数程度に留まりそうであるが、個人の所得環境は明らかに

2015年5月13日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスとリスク・オン経済

アベノミクスとリスク・オン経済松元 崇 (株式会社第一生命経済研究所特別顧問) アベノミクスは、第1の矢として米欧が採用したのと同様の思い切った量的金融緩和政策を打ち出したが、その背景にあったのがベルリンの壁崩壊以降の世界経済のドラスティックな変化である。今や世界は、かつての資金不足の下でインフレを心配していた世界から、金余りでデフレを心配しなければならない世界にと、180度正反対の姿に変化している。そこでは、グローバルに動き回るマネーが発展途上国の成長の原動力となる一方で、先進国市場ではバブル

スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦

わたしの意見 ― 水野 創スーパーのデフレ脱却、2度目の挑戦(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年4月16日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 4月入り後のスーパーでは多くの商品が値上げされている。「価格」が上がっていたり、「容量」が少なくなっていたり様々な手法が工夫されている。デフレ脱却に向け、一年前に続く2度目の挑戦だ。スーパーでは、昨年も、消費税引き上げと同時に多くの商品の価格が引き上げられたが、その後夏場までに全体としては下落基調に転じてしまった(

2015年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

課題が残るマクロ経済スライド改正案

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年4月7日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司6月から支給が開始される2015年度の年金額は、14年度から0.9%引き上げられる。消費税増税や円安で最近の物価は上昇傾向にあるが、年金額は物価の変化に応じて変動するのが基本である。ただ14暦年の消費者物価上昇率は2.7%だったから、0.9%では物価に追いつかない。その理由は、デフレ下で払われ過ぎてきた分の調整、物価と賃金の上昇率

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook Back to the デフレ前 Back to the 2万円

GlobalMarket Outlook Back to the デフレ前 Back to the 2万円

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏消費者物価(速報) ~脱デフレの動きを確認

欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏消費者物価(速報) ~脱デフレの動きを確認

2015年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:2月英国消費者物価 ~良いデフレが進行中~

欧州経済指標コメント:2月英国消費者物価 ~良いデフレが進行中~

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~量的緩和と欧州中銀の苦悩~

海外経済 ~量的緩和と欧州中銀の苦悩~経済調査部ユーロ圏ならではの苦悩も田中 理効果を疑問視する声も債務危機の後遺症に苦しむ欧州経済をデフレの今回の量的緩和策では、低格付け国債の購入に脅威が襲っている。長引く景気停滞に原油安の影よる損失発生リスクへの不安を和らげるため、購響も加わり、ユーロ圏の消費者物価は約5年振り入の8割はECB傘下のユーロ圏各国中銀の責任にマイナス圏に転落した。当面はプラス圏への浮で購入する。例えば、ギリシャ国債を主に買うの上が望めず、人々の間でデフレマインド(物価のはギリシ

2015年2月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook デフレが終わる、株価が上がる

GlobalMarket Outlook デフレが終わる、株価が上がる

2015年2月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

デフレの認識

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月9日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎日本銀行が2013年に量的・質的金融緩和を導入し、あと2ヶ月程度で2年が経過しようとしている。導入当初は「2年で2%」という言葉が強烈な印象を与えたが、実際には「3年で2%」へと徐々にガイダンスを変更してきた。足下で、物価上昇率は原油価格下落を受け低下傾向にあるが、エネルギーなどの影響を除いたコアコアCPIで見れば、前

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2015年2月)デフレ脱却と財政再建、時間との戦い ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年間(2015~2024年度)の成長率を、年率平均で名目+1.2%、実質+1.0%と予測する。物価上昇率は総じて緩やかに加速する見通しだが、日銀のインフレ目標の達成は困難である。短期金利はゼロに据え置かれ、量的な金融緩和も継続されると予測する。◆世界経済の平均成長率は3.3%

米国経済(週次)予測(2015年1月16日)<連銀が長期に停滞する日本経済から学ぶべきはデフレではなく、異常な低金利政策を長期に維持しても経済が 持続的な高成長には戻らないこと>

米国経済(週次)予測(2015年1月16日)<連銀が長期に停滞する日本経済から学ぶべきはデフレではなく、異常な低金利政策を長期に維持しても経済が 持続的な高成長には戻らないこと>2015-01-19 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

けいざい早わかり 2014年度第14号:2015年の世界経済

Q1.世界経済は先行きどのように推移しそうですか? Q2.米国の利上げは世界経済に悪影響を与えませんか? Q3.欧州はデフレに陥ってしまうのですか? Q4.中国景気は減速が進みますか? Q5.原油価格の下落は世界経済にどのような影響を与えますか?

2015年1月15日産経デジタル★フィードバック数:0社会/政治

貧富の差です。

日本は1997年度から「格差の時代」 富裕層はますます豊かに

【国際政治経済学入門】 格差問題を取り上げた仏経済学者のトマ・ピケティの「21世紀の資本」が世界的なベストセラーになっている。そのコアは「資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す」(邦訳本=みすず書房刊=の内容紹介から)と断じている点だ。 元凶はデフレ 日本はどうか。さっそくデータを調べてみた。まずは法人企業統計(財務省)の総資本経常利益率を「資本収益率」に、国内総生産(GDP)の実質成長率を「産出と所得の成長率」にみなして、それらの推移

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、ディスインフレからデフレに突入するか ~原油安が後押しするなか、緩和姿勢が一段と強まる可能性~

中国、ディスインフレからデフレに突入するか ~原油安が後押しするなか、緩和姿勢が一段と強まる可能性~

2015年1月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月ユーロ圏消費者物価(速報) ~もはやデフレではない日本、デフレに足を踏み入れるユーロ圏~

欧州経済指標コメント:12月ユーロ圏消費者物価(速報) ~もはやデフレではない日本、デフレに足を踏み入れるユーロ圏~

デフレ脱却後の物価動向~緩やかな上昇にとどまる見込み

1.今月のグラフ ~持ち直す輸出依存度とその背景にあるもの2.景気概況 ~景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる3.今月のトピック:デフレ脱却後の物価動向~緩やかな上昇にとどまる見込み (1)最近の物価動向~すでにデフレから脱却(2)円安と原油価格の物価への影響~合算すると物価下落要因(3)今後の消費者物価の見通し~伸び率は鈍化するがプラス基調を維持

過去最高を更新した家計の金融資産残高~今後は収益性重視の局面に~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月22日過去最高を更新した家計の金融資産残高~今後は収益性重視の局面に~ 2014年9月末の日本の家計の金融資産残高は前年比+44兆円(+2.7%)の1,654兆円と、6月末の1,645兆円を抜いて過去最高となりました。残高増加の内、21兆円が資金の純流入によるもので、残りの23兆円は円安や株価上昇などに伴なう評価額の上昇(うち株式・出資金約13兆円、投資信託5兆円弱)によるものです。なお、残高の内訳(左下図参照)は、現金・

2014年12月23日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要円ドルレートは、2012年の1ドル/=約80円から最近では約120円へと、第2次安倍晋三政権の下で5割円安になった。米国以外の主要貿易相手国も対象として物価変動による競争力変化を考慮した実質実効為替レート(国際決済銀行作成)で見ると、円は現行の変動レート制に移行した1973年2月以降、最も安い水準にある。歴史的円安と、これに寄与したアベノミクスをどのように評価すべきだろうか。 ◆◆◆円安は日本で生産された財(サービスを含む)を割安にし、内外の需要を外国財

賃金動向についてのレポートです。

春闘の変遷と今後の展望

○1990年代終盤以降、賃上げのほとんどが定期昇給となる中、2014年の春闘は大企業を中心に数年ぶりにベースアップの実施が相次ぎ、賃上げ率は2.19%と13年ぶりに2%を超えた。背景には、(1)好調な企業業績、(2)労働需給のタイト化、(3)消費増税を見据えた政治的圧力、という要素があったと考えられる。○1990年代後半以降、日本経済は長い低成長とデフレに入り、賃上げ率が低下した。ベアが実施されていた1998年までは、物価上昇率と賃上げ率には正の相関関係がみられたが、1999年以降は物価上昇率に

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か?

ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? | ニッセイ基礎研究所 ユーロ圏のデフレ・リスク-政策対応は十分か? 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏のインフレ率はユーロ高が修正された後も低位での推移が続く。景気回復のペースが上がらず、大幅なGDPギャップが解消しないためだ。国債買い入れによる量的緩和への期待は高いが制

2014年11月25日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

デフレの状況です。

デフレ脱却に向けた進展と課題

デフレ脱却に向けた進展と課題

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論 下のグラフは、2008年以降の日本、米国、ユーロ圏の実質国内需要の推移を示している。米国の内需は順調に回復し、来年の半ばあたりの利上げが視野に入りつつある。日本はアベノミクスで景気回復が明確になったが、消費税増税で4-6月期の内需が大幅に減少、続く7-9月期もマイナス成長を脱することができなかった。事実上、景気は一時的にせよ後退局面に陥ったことになり、来

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7-9月期のGDPギャップマイナス幅が拡大、デフレ脱却に向けた動きも足踏み 2014年11月20日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年7-9月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同期のGDPギャップは▲2.7%となり、4-6月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt拡大した。これは、企業の在庫調整の動きが強まったことや消費税率引き上げ

2014年11月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

デフレ転落回避の防止弁 ~インフレ期待はアンカーされているか?~

デフレ転落回避の防止弁 ~インフレ期待はアンカーされているか?~

2014年11月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-5】2014~2016年度改訂見通し-脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続

【日本経済見通しシリーズ No.2014-5】2014~2016年度改訂見通し-脱デフレ優先の政策運営で当面景気回復傾向が持続

「脱デフレ」 「脱円高」局面での資産運用~積極化に向かう公的年金の運用~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月10日「脱デフレ」「脱円高」局面での資産運用~積極化に向かう公的年金の運用~ 10月31日は、日銀が昨年4月の「量的・質的金融緩和」導入後初となる追加緩和を打ち出し、安倍政権の3本の矢のうちの「大胆な金融政策」をさらに推し進めました。また、「成長戦略」の分野でも、公的年金資金の基本ポートフォリオ(運用の目安)の見直しが発表され、国内債券比率が引き下げ(60%→35%)となる一方、内外株式比率が引き上げ(それぞれ12%→25

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

今度こそ賃金は上昇するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今度こそ賃金は上昇するか逼迫した労働需給環境の維持と正規・非正規のミスマッチ解消を 2014年11月10日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司◆本稿では、デフレ脱却を実現するための条件について経済構造面から検討する。労働生産性の向上を通じた実質賃金の上昇はデフレ脱却を後押しすると期待されるが、生産性の伸び率の高低はデフレそのものの原因ではない。デフレ期の日本の労働生産性上昇率は海外主

2014年11月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

もたつく景気と消費再増税の判断-デフレ脱却と財政再建をどう両立するか

もたつく景気と消費再増税の判断-デフレ脱却と財政再建をどう両立するか

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州を襲う日本型デフレ危機~ドラギマジックの賞味期限~

経済トレンド欧州を襲う日本型デフレ危機~ドラギマジックの賞味期限~経済調査部田中 理(要旨)○低成長・低インフレの長期化でユーロ圏がデフレに陥るリスクが高まりつつある。日本を襲ったデフレの病巣の多くがユーロ圏でも観察されるが、“調整の深度”と“期間の長さ”の両面で、今のところ日本と比べて軽微なものにとどまっている。だが、デフレ転落回避に重要な期待インフレの安定が崩れかけており、決して楽観できる状況にはない。○ECBはデフレの脅威に対峙するため、マイナス預金金利、貸出増加行への長期資金供給、資産担

2014年10月23日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

消費税増税後の物価動向と今後の金融政策- 明確なデフレ脱却にはなお時間を要する見通し-

消費税増税後の物価動向と今後の金融政策- 明確なデフレ脱却にはなお時間を要する見通し-

デフレ脱却後の財政健全化に向けた課題

2014年09月24日○日本の国と地方の基礎的財政収支は、1990年代前半以降、赤字が続いており、2009年度以降は、赤字幅は大きく拡大した。それに伴い、国と地方の長期債務残高は急速に増加している。社会保障基金を含めた一般政府ベースの債務残高のGDP比は、先進国の中で最も高い水準にある。○厳しい財政状況の下、財政の持続可能性を確保するとともに、社会保障の安定財源を確保するため、社会保障と税の一体改革が実施された。消費税率が5%から10%に引き上げられると、消費税収は14.1兆円増加すると見込まれ

企業業績についての分析です。

デフレ脱却後の企業業績~コストが増える中で鮮明となる企業の業績差~

○2013年度の経常利益はリーマン・ショック前を上回り過去最高益を更新した。売上高は、円安に伴う円建て輸出価格の上昇や消費税率引き上げ前の駆け込み需要といった押し上げ要因があっても、リーマン・ショック前の力強さを取り戻せていないが、その分を固定費の削減といったリストラ効果が補い、経常利益は水準を高めている。○規模別に見ると、大企業、中小企業ともに業績は改善しているが、両者の差は拡大傾向にある。中小企業は売上高や営業外利益などの収益を上げる力が弱く、固定費や変動費といったコストの削減が進んではいる

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期のGDPギャップマイナス幅が拡大して、デフレ脱却宣言が一歩後退 2014年8月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年4-6月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.3%となり、1-3月期の▲0.5%からマイナス幅が1.8%pt拡大した。今回の下落幅は2%pt弱という大きなものとなったが、これは消

マネーストック統計に見るデフレ脱却

わたしの意見 ― 水野 創マネーストック統計に見るデフレ脱却(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」6月19日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 4月以降、消費者物価の前年比上昇率が加速している。消費税抜きで前年比2%を達成できるかはともかく、アベノミクス効果による需給改善や来年の消費税再引き上げを展望すれば、当分マイナスに戻ることはないと考えるのが普通だろう。さて、マネーストック統計は、世の中に出回っているお金の量を示す統計で、現金通貨(日銀券、補助貨<コイ

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

潜在成長力が高まらずに起こること ~投資・雇用の停滞が貿易赤字の遠因~

Economic Trends経済関連レポート潜在成長力が高まらずに起こること発表日:2014年4月18日(金)~ 投 資 ・雇 用 の 停 滞 が 貿 易 赤 字 の 遠 因 ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)デフレから脱デフレに移行すると、需要刺激から供給強化へと政策の軸足を移さなくてはいけなくなる。リーマンショック後、設備投資も正規雇用の拡大ペースも鈍化して、以前の勢いに戻らず、潜在成長率は上がりにくい。昨今の貿易赤字拡大の背景には、供給力が増え

2014年4月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費者物価は「上がりだす」か、「もはやデフレではない」か

消費者物価は「上がりだす」か、「もはやデフレではない」か

2014年4月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・4月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2014年04月02日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●4月は [消費意欲指数=43.7点][デフレ生活指数=62.8点]2014年4月2日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【4月の消費動向】(消費意欲・デフレ生

2014年3月27日商工中金★フィードバック数:0ビジネス

デフレと中小企業です。

デフレと中小企業経営に関する調査(2013年12月調査)

デフレと中小企業経営に関する調査(2013年12月調査)

「脱デフレ」「経済の好循環」に向けさらに歩みを進めた日本

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日「脱デフレ」「経済の好循環」に向けさらに歩みを進めた日本 春闘での経営側の集中回答日となった12日、政府の賃上げ要請などもあり、過去最高水準のベアの実施やボーナスの満額回答が相次ぎました。大手企業が賃金抑制から賃上げに転じたことは、賃金上昇を中小企業にも波及させる上で重要な一歩と考えられます。4月に消費税率の引き上げ(5%→8%)が控えていることもあり、今後は国内景気への関心が一段と高まることでしょう。市場では、1-3

2014年2月19日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し

PRESS RELEASE2014年2月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し-消費税率引き上げを克服して拡大は持続- 当社は、2013年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカなど先進国が堅調に推移することで、全体を牽引していくと考えられます。日本経済は回復の持続により、雇用環境も改善に向かい、デフレ脱却も視野に入りつつあります。消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減に見舞われても、景気拡大は持続していくと考えられ

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

消えた「デフレ」と今後の課題

消えた「デフレ」と今後の課題 | ニッセイ基礎研究所 消えた「デフレ」と今後の課題 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府の月例経済報告の物価情勢の判断から「デフレ」という文字が消えた。消費者物価は2008年夏ごろには原油価格の上昇から2%以上も上昇していたが、リーマンショックがおこると上昇率はマイ

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年日本株見通し ~Japan is Back~

Financial Trends2014年日本株見通し-Japan is Back2013年12月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523筆者は来年末の日経平均を19000円と予想する。2013年の約50%に続いて14年も約20%の株高が進む計算だ。日本経済は消費税率引き上げを乗り越え、景気後退は回避されると見込む。また、米国経済は3%近い成長が期待され、欧州経済も年間を通じてプラス成長を達成するだろう。このような先進国を中心とした景気拡大が企業業績の

消えた「デフレ」と今後の課題

消えた「デフレ」と今後の課題 | ニッセイ基礎研究所 消えた「デフレ」と今後の課題 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府の月例経済報告の物価情勢の判断から「デフレ」という文字が消えた。消費者物価は2008年夏ごろには原油価格の上昇から2%以上も上昇していたが、リーマンショックがおこると、原油価格は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ