調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デフレーター

「デフレーター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 5か月ぶりの上昇も物価下落圧力は残存(15年3月生産者物価) ~医療費の鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~

米国 5か月ぶりの上昇も物価下落圧力は残存(15年3月生産者物価) ~医療費の鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測

2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8/13に内閣府から公表される2014年4-6月期の実質GDPは、前期比▲1.6%(前期比年率▲6.4%)と推計される

2013年4~6月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2013年4~6月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%(年率換算+2.6%)と3四半期連続でプラスとなった。2013年1~3月分(前期比+1.0%から同+0.9%に下方修正)から伸びは鈍化したとはいえ、景気が昨年中に底打ちし、年明け後も順調に回復していることを改めて確認する結果であるといえる。前期比でプラスが続いた要因は、第一に個人消費の強さである。雇用者の増加を主因とした雇用者報酬の増加(実質で前期比+0.4%)、消費者マインドの高まり、6月の猛暑効果などにより、個人消費は前期

2013年5月16日大和総研フィードバック数:4社会/政治

名目GDPの低下と「デフレ感」

トップレポート・コラムコラム名目GDPの低下と「デフレ感」 ここから本文です名目GDPの低下と「デフレ感」先般、1998年を節目とした日本経済の変貌について論じたところである。そこでは紹介しなかったが、実は、下図のように、名目GDPも1997年度までは基本的に増加を続けていた。しかし、デフレーターやCPI(消費者物価指数)の継続的低下が始まった1998年度に名目GDPも減少し、その後、はかばかしくない状態が続いてきている。一方、実質GDPはデフレーターの低下もあって、リーマン・ショック後を除き、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ