調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デフレーター

「デフレーター」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 5か月ぶりの上昇も物価下落圧力は残存(15年3月生産者物価) ~医療費の鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~

U.S.Indicators米国 5か月ぶか月ぶりの上昇も上昇も物価下落物価下落圧力下落圧力は圧力は残存(残存(15年3月生産者物価)生産者物価)発表日:201発表日:20152015年4月16日(木)~医療費の医療費の鈍化は鈍化は3月のPCEデフレーターの抑制を示唆~PCEデフレーターの抑制を示唆~第一生命経済研究所 経済調査部桂畑 誠治0303-52215221-5001生産者物価(Producer Price Indexces)最終需要合計14/0314/0414/0514/0614/07

2014~16年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2015 年 2 月 19 日15 年度入り後は賃上げ継続や原油安メリット等で好循環始まる~2014 年度:▲0.8%、15 年度:1.9%、16 年度:2.0%~2014 年 4 月の消費税率 8%への引上げ後、日本経済は 2 四半期連続のマイナス成長に陥った。その結果、デフレ脱却や成長促進に加え、財政健全化さえも目指そうとしたアベノミクスは仕切り直しを余儀なくされた。政府は消費税の再増税時期を 1 年半先送りし、3 兆円規模の経済対策を策定するなど、経済立て直しを最優

2014~16年度経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 11 月 20 日2014~16 年 度 経 済 見 通 し増税先送り判断が奏功し、2015~16 年度は回復基調へ~2014 年度:▲0.5%、15 年度:1.5%、16 年度:1.5%~2014 年 4 月の消費税率 8%への引上げ後、デフレ脱却や成長促進を目論むアベノミクスにとって厳しい状況が続いている。7~9 月期には反動減からの持ち直しも見られ、プラス成長が見込まれていたが、実際には 2 四半期連続のマイナス成長となるなど、国内景気の足踏みが改めて

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測

2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2014年4-6月期の実質GDP~前期比▲1.6%(年率▲6.4%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8/13に内閣府から公表される2014年4-6月期の実質GDPは、前期比▲1.6%(前期比年率▲6.4%)と推計される

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 5 月 19 日2014 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し景気の足取りを鈍らせる実質所得の目減り~2014 年度:1.0%、15 年度:1.4%~「社会保障と税の一体改革」に基づき、2014 年 4 月に消費税率が 8%へ引き上げられた。それを控え、13 年度末にかけて駆け込み需要が発生、成長率は大きく加速したが、増税後には反動減が出ている。時間経過とともに持ち直しも始まったとの指摘もあるが、耐久財消費は当面低調に推移するとみられるほか、増税に

2014~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 5 月 19 日2014 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し景気の足取りを鈍らせる実質所得の目減り~2014 年度:1.0%、15 年度:1.4%~「社会保障と税の一体改革」に基づき、2014 年 4 月に消費税率が 8%へ引き上げられた。それを控え、13 年度末にかけて駆け込み需要が発生、成長率は大きく加速したが、増税後には反動減が出ている。時間経過とともに持ち直しも始まったとの指摘もあるが、耐久財消費は当面低調に推移するとみられるほか、増税に

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 2 月 20 日2013 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し消費税増税後、国内景気の戻りは鈍い~2013 年度:2.2%、14 年度:0.9%、15 年度:1.4%~アベノミクスの始動から 1 年が経過、円安が定着したにもかかわらず、海外経済の緩慢さもあり、輸出が伸び悩んでおり、なかなか内外需のバランスのとれた成長が実現できていない。消費税増税後には、これまで堅調さを保ってきた民間最終需要が大きく落ち込む可能性が高く、それを輸出の増加で補いたいと

経済見通しです。

2013~15年度改訂経済見通し

(株)農林中金総合研究所2014 年 2 月 20 日2013 ~ 1 5 年 度 改 訂 経 済 見 通 し消費税増税後、国内景気の戻りは鈍い~2013 年度:2.2%、14 年度:0.9%、15 年度:1.4%~アベノミクスの始動から 1 年が経過、円安が定着したにもかかわらず、海外経済の緩慢さもあり、輸出が伸び悩んでおり、なかなか内外需のバランスのとれた成長が実現できていない。消費税増税後には、これまで堅調さを保ってきた民間最終需要が大きく落ち込む可能性が高く、それを輸出の増加で補いたいと

2014年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/17に内閣府から公表される2013年10-12月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.8%)と推計される

2013~14年度改訂経済見通し

http://www.nochuri.co.jp/(株)農林中金総合研究所2013 年 8 月 15 日2013 ~ 1 4 年 度 改 訂 経 済 見 通 し2013 年度は堅調さを維持するが、14 年度は足踏みへ~2013 年度:2.7%、14 年度:1.2%(いずれも下方修正)~アベノミクス(アベクロミクス)の本格始動により、円安・株高傾向が強まったほか、企業・家計の景況感が好転し、民間需要が増加傾向を強めている。また、大型補正に伴う公的支出も底堅く推移している。輸出も緩やかながらも増加し

2013年4~6月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2013年4~6月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%(年率換算+2.6%)と3四半期連続でプラスとなった。2013年1~3月分(前期比+1.0%から同+0.9%に下方修正)から伸びは鈍化したとはいえ、景気が昨年中に底打ちし、年明け後も順調に回復していることを改めて確認する結果であるといえる。前期比でプラスが続いた要因は、第一に個人消費の強さである。雇用者の増加を主因とした雇用者報酬の増加(実質で前期比+0.4%)、消費者マインドの高まり、6月の猛暑効果などにより、個人消費は前期

2013年5月16日大和総研フィードバック数:4社会/政治

名目GDPの低下と「デフレ感」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 先般、1998年を節目とした日本経済の変貌について論じたところである。そこでは紹介しなかったが、実は、下図のように、名目GDPも1997年度までは基本的に増加を続けていた。しかし、デフレーターやCPI(消費者物価指数)の継続的低下が始まった1998年度に名目GDPも減少し、その後、はかばかしくない状態が続いてきている。一方、実質GDPはデフレーターの低下もあって、リーマン・ショック後を除き、緩やかなが

2013年3月4日内閣府フィードバック数:5社会/政治海外

アメリカ:最近の物価動向

今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向ポイント2013年3月4日 FRBが物価の尺度として使用しているPCE(個人消費支出)デフレーター(総合指数)の前年同月比の値をみると、12年半ば以降上昇していたが、10月以降は伸び幅を縮小させている(図1)。為替レートや原油価格など物価に影響を及ぼすいくつかの項目を取り上げ、インフレ率低下の要因を探ることとする。 為替レートは、輸入物価を通じてPCEデフレーターに影響を及ぼすと考えられる。昨年10月以降、ドルの名目実効為替レートはおおむね横

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ