調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デフレ均衡

「デフレ均衡」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

自然失業率および自然利子率の低下と金融政策

岩田一政の万理一空2015年3月27日 自然失業率および自然利子率の低下と金融政策 消費者物価上昇率はマイナス領域へ生鮮食品を除く消費者物価は、消費税増税効果を除くベースで2月に前年比ゼロ%となった。日本経済研究センターは、2015年第2四半期から第3四半期にかけてマイナス領域に入ると予測している。米国、英国でも総合消費者物価は2月にゼロ%の伸びとなった。ユーロ圏はすでにマイナス0.3%と3カ月連続してマイナス領域にある。エネルギーと食料を除くベースでは、日本の消費者物価上昇率は0.3%であり、

2015年2月25日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

長期停滞 理論と現実に差

長期停滞 理論と現実に差欧州中央銀行(ECB)が1月に量的緩和の開始を決定し、欧州のデフレ懸念の深刻さが改めて印象付けられた。日本型の長期デフレに落ち込む懸念が続いている。マネーの供給を増やせばデフレから脱却できる、という考え方は「短期」のデフレなら成り立つかもしれないが、10~20年の「長期」デフレを同じ考え方で捉えていいのだろうか。米欧経済の長期的悪化を懸念する議論は「長期停滞(Secular Stagnation)」論や「デフレ均衡」論と呼ばれる。内容はほぼ同一だが、少し文脈が違うところも

2013年3月21日みずほ総合研究所フィードバック数:2キャリアとスキル

アベノミクスの鍵を握る賃金上昇への布教活動

リサーチ TODAY2013 年 3 月 21 日アベノミクスの鍵を握る賃金上昇への布教活動常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年3月のみずほ総合研究所の『みずほ日本経済情報』1では、デフレ脱却の必要条件の一つとして賃金の動向に注目した。安倍首相は経済団体のトップに対し業績が改善している企業に報酬引き上げを検討するよう要請し、今年の春闘の回答では、すでに一部の企業で一時金や定例給与を引き上げる動きも出始めているが、賃上げの動きが産業全体に広がるにはまだ時間がかかると展望される。労働需給を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ