調査のチカラ TOP > タグ一覧 > データ共有

「データ共有」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月8日GfK★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査

「パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査」 GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対しパーソナルデータの共有に関する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでみると、メリットがあればパーソナルデータの共有に積極的な人の方が消極的な人より多い。・日本では、パーソナルデータの共有に積極的な人は僅か8%にとどまる。  割引やパーソナルサービスの享受といったメリットや恩恵があれば、自分のパーソナルデータ(健康関連情報、運転記録、電気使用など)を

2014年11月4日SAS★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビッグデータ活用とプライバシーについての調査です。

パーソナライゼーションとプライバシーのバランスの適正化

SASが実施した調査レポート、「パーソナライゼーションとプライバシーのバランスの適正化」により、データ共有に対する消費者のセキュリティ懸念は、信用している企業に対しても払拭されないことが明らかにSASが実施した調査レポート、「パーソナライゼーションとプライバシーのバランスの適正化」により、データ共有に対する消費者のセキュリティ懸念は、信用している企業に対しても払拭されないことが明らかに~消費者が個人情報を提供する際の最大の決定要因はデータ・セキュリティに対する信頼性~*2014年10月22日に米

2014年7月31日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業における業務データ取扱い実態調査 2014

トレンドマイクロについて 企業における業務データ取扱い実態調査 2014ツール利用を禁止された従業員の半数以上が、過去1年間で禁止ツールを利用~約14%の従業員が担当外のデータにアクセスした経験あり~2014年7月31日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2014年6月に、企業において文書や画像、数値データなどの業務データを取り扱う1,548名(内訳、IT管理者510名、従業員1,038名)を対象

2014年7月8日アイティメディア★フィードバック数:0ビジネス

キーマンズがオンラインストレージについての調査結果を公開しました。

オンラインストレージの利用状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年5月14日〜2014年5月29日にかけて「オンラインストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:353)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.6%、一般部門が58.4%という構成比であった。今回お聞きしたのは、利用・検討しているオンラインストレージの「利用状況」「利用用途」「満足度」「重視ポイント」「利用しない理由」など、オンラインストレージの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の利用率は21.0%で、利用している企業の74

国内クラウドストレージの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング国内クラウドストレージ(*)の市場予測 国内のクラウドストレージ(*)参入企業43社を中心に調査を実施◆ クラウドストレージは、✓ 東日本大震災で再評価される✓ ユーザー間の共有からクラウド端末間の共有へ進化◆ 市場規模は2017年に800億円✓ 2012年570億円⇒2017年800億円、2012年比1.4倍✓ PC・スマートフォン向け市場は伸長、フューチャーフォン向け市場は縮小✓ 法人向け市場が伸長、個人市場は微増(*)クラウドストレージ ・・

2012年12月13日アイティメディア★フィードバック数:9ビジネス

キーマンズがオンラインストレージについての調査結果を公表しました。

オンラインストレージの利用状況

キーマンズネットでは、2012年9月25日〜10月9日にかけて「オンラインストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:467)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の48.4%、一般部門が51.6%という構成比であった。今回お聞きしたのは、オンラインストレージの利用用途や容量、満足度など、ビジネス用途で利用するオンラインストレージの利用状況を把握するための質問。その結果、オンラインストレージを会社で利用している方は約1割しかいないという現状などが明らかになった。なお、グラ

2008年12月9日アイシェアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ネット上での個人情報流出の原因は「サービス提供側にある」4割~「自己責任」4割弱

ネット上での個人情報流出の原因は「サービス提供側にある」4割、「自己責任」4割弱 データ共有サービスに関する意識調査 ネット上での個人情報流出の原因は「サービス提供側にある」4割、「自己責任」4割弱グーグルマップ等のデータ共有サービスから個人情報の流出が相次いでいる問題を受けて、インターネット上で個人情報を扱うこれらのサービスに対する意識調査を実施。20代から40代を中心とするネットユーザー男女430名から有効回答を得た。グーグルカレンダーやYahoo!カレンダーなど、インターネット上でスケジュ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ