調査のチカラ TOP > タグ一覧 > トイレタリー

「トイレタリー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月24日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

理美容向け業務用化粧品市場に関する調査を実施(2017年)

2017年05月15日 理美容向け業務用化粧品市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における理美容向け業務用化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年1月~3月2.調査対象:理美容商社・卸、業務用化粧品メーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査併用<理美容向け業務用化粧品とは>本調査における理美容向け業務用化粧品とは、理髪店や理美容サロン向けの施術・店頭販売用化粧

2016年8月11日大日本印刷フィードバック数:0マーケティング

メディアバリューレポート VOL.75「オムニチャネル時代の購買行動」

メディアバリューレポート VOL.75「オムニチャネル時代の購買行動」「あれを買おう」が創る、お店と顧客との関係 2015年10月に実施した「メディアバリュー研究」の調査では、インターネットショッピングの利用率は48.3%、モバイルショッピングも42.0%と4割を超え、ネットショッピングの利用が広がっている(図1)。コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなどのリアル店舗は依然多くの生活者に利用されているものの、ネットショッピングが日常生活の買い物に徐々に取り入れられるようになっており、

2014年8月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0エンタテインメント

市場データです。

キャラクタービジネスに関する調査結果 2014

2014年08月25日 キャラクタービジネスに関する調査結果 2014 調査要綱 矢野経済研究所は、次の調査要綱にて国内のキャラクタービジネスの調査を実施した。1. 調査期間:2014年5月~7月2. 調査対象:キャラクターを用いてビジネス展開を行っている企業(メーカー、卸などいわゆるライセンサー、ライセンシー、及び小売・流通業等)3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談や電話等によるヒアリング、消費者へのアンケート調査、官公庁及び業界団体等の各種統計データによる文献調査を併用<キャラクター

2013年12月23日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日中国人についての調査です。

平成25年7-9月期の中国訪日旅行市場

平成25年7-9月期の中国訪日旅行市場を分析しました!~訪日外国人消費動向調査・詳細分析(トピックス)~ 最終更新日:2013年12月20日○中国訪日旅行市場では、ビジネス客の回復が先行し、観光客では女性20代が増加。特に「上海市」の居住者が増加。○「服・かばん・靴」の購入率が上昇し、「カメラ・時計」の単価が上昇。「北京市」・「上海市」居住者は、「化粧品・医薬品・トイレタリー」購入率が高い。観光客の買物支出を性年代別にみると、「カメラ・時計」「化粧品等」「服・かばん・靴」のいずれにおいても男性4

Webサイト価値ランキング 2008

Webサイト価値ランキングWebサイト価値ランキング 2008下表は、Webサイト価値ランキングである。最も高かったのは昨年に続いてトヨタ自動車であった。2位は全日本空輸、3位は本田技研工業、4位は日本航空と続く。上位には自動車、電機・電子、情報・通信、運輸・レジャー、金融などの業界のサイトが並ぶ。※単位:百万円業界別ランキング電子・電機では松下(電器・電工)が最も高く、2位はソニー、以下東芝、NECと続く。情報・通信ではNTTドコモが最も高く、2位はau(KDDI)、以下フレッツ(NTT東日本

再訪問意向ランキング 2008

再訪問意向ランキング再訪問意向ランキング 2008再訪問意向 ランキング下表は過去半年以内にアクセス経験がある人のうち再訪問意向を持つユーザーの比率(再訪問意向率)のランキングである。トップは昨年に続いて東京ディズニーリゾートであった。2位はユニクロ、3位はマクドナルド、4位は全日空と続いた。上位にはレジャー、流通、旅客運輸、食品・飲料、トイレタリーなどの業界の企業が多く並んだ。※単位:%業界別ランキング電子・電機ではPanasonicが最も高く、2位はソニー、以下シャープ、キヤノンと続く。情報

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ