「トピック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月12日エルテスフィードバック数:0マーケティング

ネット炎上速報2016年3月版

NEWSネット炎上速報2016年3月版を発表炎上110件、約45%増(前年同月比)3月のネット炎上件数は前年同月比45%増の110件となりました。炎上の発生主体として多かったのは、企業が31.8%と最も多く、著名人が23.6%、一般人が10%と続きました。企業による炎上の内訳は、商品・サービスへのクレーム・批判が45.7%と多く、マスコミが報道した事件への批判が22.8%、不適切発言や失言が17.1%、不祥事への批判が11.4%と続きました。月間炎上数の推移 解体現場で発見した現金39万円を横領

ステーショナリーに関する意識調査

 ゼンリンデータコム トップニュースリリース2016年ゼンリンの地図ステーショナリー“mati mati(マチマチ)”販売開始に伴い、無料地図アプリ「恋するマップ」内で『ステーショナリーに関する意識調査』を実施ニュースリリースゼンリンの地図ステーショナリー“mati mati(マチマチ)”販売開始に伴い、無料地図アプリ「恋するマップ」内で『ステーショナリーに関する意識調査』を実施 2016.03.14株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦 以下、ゼンリン

地域・産業界と協働したキャリア教育・職業教育に関する実態調査

【調査レポート】地域・産業界と協働したキャリア教育・職業教育に関する実態調査  キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会では、2015年夏に、行政機関を対象とした、地域・産業界と協働したキャリア教育・職業教育に関する実態調査を行い、このたび、結果レポートを公開いたしました。 学習指導要領の改訂などの教育制度改革の中、地域との協働のキャリア教育が求められるようになり、地域・産業界の参画も必須と言われるようになりました。しかし、異なる価値観を持つ多様なセクターの協働には、様々な課題が存在します

2015年12月14日Twitterフィードバック数:0マーケティング

2015年 振り返りツイート (月ごと)

2015年 振り返りツイート (月ごと)ツイート今年もTwitterの上には世界的に大きなニュースから、ご自宅のペットの写真まで、幅広いトピックの膨大な量のツイートがTwitterの上に集まりました。また、それぞれのトピックに対してさまざまな意見も活発に行われています。こちらに、日本国内でのトピックを中心としたツイートを数個ずつ各月にまとめました。世界での動きはこちらをご覧ください。*1月箱根駅伝の盛り上がりで幕を開けた1月には、多くの人々の心をいためたイラクでの日本人人質事件や大雪なども起こり

2015年12月11日Facebook★★フィードバック数:0マーケティング

2015 Year in Review

12/09/20152015年のまとめーFacebookで今年話題となったトピック、場所、スタンプなどランキングを発表 2015年もそろそろ終わりに近づいてきました。この1年のしめくくりに、人々の印象に残ったこと、力を合わせて成し遂げたことを振り返ってみましょう。今年、人々の心を動かし、行動を起こすきっかけを作ったのはどんな瞬間だったのでしょうか。この1年間にFacebookで行われた会話を分析したところ、今年、世界的に大きな話題を呼んだトピックは次のようなものでした。米国大統領選挙パリ同時多発

順調に増加する企業向け貸出

1.今月のグラフ ~”3年3割”という新卒離職の実態2.景気概況 ~景気は持ち直しているがペースは緩慢3.今月のトピック:順調に増加する企業向け貸出 ~本当に資金需要が強まっているのか?(1)増加する銀行貸出(2)企業の資金繰り状況(3)企業向け貸出は今後も増加する可能性

2015年6月23日ジョブウェブフィードバック数:0キャリアとスキル

新卒採用活動の“現状”がわかるミニ調査Vol.02

内定の返答期限は1ヶ月以内が最多。内定承諾率、辞退率は現状25%未満が最多。内定出しの結果はまだこれから。 【アンケート結果報告】 内定の返答期限は1ヶ月以内が最多。内定承諾率、辞退率は現状25%未満が最多。内定出しの結果はまだこれから。 【アンケート結果報告】 2015年6月22日 ・採用活動の時期変更により、内定の出し方、返答時期に変化があるのではないか。・内定を出しても保留をしている学生が多いのではないか・上記2つは内定出しの仕方や採用人数による違いがあるのではないか 上記のような仮説

米国・欧州主要国の景気概況(2015年6月)

I.米国経済【景気概況】 景気は緩やかに拡大しているが、弱めの動きが目立つ【トピック】 年始以降の貯蓄率の上昇をどう評価するか【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緊迫感を強めるギリシャ情勢【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速しているが、底堅さを維持している【英国の主要経済指標】

米国・欧州主要国の景気概況(2015年5月)

I.米国経済【景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比年率+0.2%に成長が失速【トピック】 次期大統領選挙運動の火蓋が切られる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに回復している【トピック】 緩やかに持ち直す銀行融資【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 1~3月期実質GDPの前期比成長率は+0.3%に低下【英国の主要経済指標】

企業規模による比較です。

拡大する企業規模間の収益力格差

1.今月のグラフ ~二極化する建設需要2.景気概況 ~景気は緩やかに持ち直している3.今月のトピック:拡大する企業規模間の収益力格差 ~格差拡大の原因は何か? (1)拡大する企業規模間の業績格差(2)なぜ収益力に格差が生じているのか?(3)今後も格差が拡大する可能性

米国・欧州主要国の景気概況(2015年4月)

I.米国経済【景気概況】 景気は一時的に鈍化も緩やかな拡大が続く【トピック】 復調してきた住宅市場【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに持ち直している【トピック】 量的緩和の効果が色濃く出ているドイツの金融市場【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速しているが明るい動きも【英国の主要経済指標】

2015年3月25日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

博報堂の研究です。

生活者の「行動の習慣化」モデルに関する第一回調査レポート

NEWS博報堂行動デザイン研究所と東京大学先端研、生活者の「行動の習慣化」モデルに関する第一回調査レポートを発表 2015年03月25日 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)の専門組織博報堂行動デザイン研究所(所長:國田圭作)は、東京大学先端科学技術研究センター渡邊克巳(専門:認知科学分野)の監修のもと、生活者の「行動の習慣化」に関する調査を実施、分析結果の一部をレポートにまとめました。当レポートは生活者の新しい行動がいかに定着し、また離脱にいたるのか、という「行動の習慣化」お

2015年3月19日MS-Japanフィードバック数:0キャリアとスキル

弁護士の平均年収【2014年版】

法務、弁護士、法律事務所の求人・転職情報 リーガルネット 弁護士の平均年収【2014年版】本トピックでは、MS-Japanのサービスを利用された方の中で弁護士資格をお持ちの方を対象に、2014年度の年収データを整理いたします。 常日頃の会話では給与に関する話はしにくいもの。 本トピックを参考にして、今後のキャリアプランのご参考にして頂ければ幸いです。なお、他の士業の方や法務部門に勤務されている方の年収の分布については下記トピックにて整理しておりますので、ご興味をお持ちの方は合わせてご覧くだ

米国・欧州主要国の景気概況(2015年3月)

I.米国経済【景気概況】 弱めの動きも見られるが景気は緩やかな拡大が続く【トピック】 債務上限問題は軟着陸の公算【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は緩やかに持ち直している【トピック】 北欧でも強まる低金利環境【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気は減速している【英国の主要経済指標】

今年の採用についてのレポートです。

過熱する採用・就職活動

1.今月のグラフ ~イベントは消費を押し上げるか?2.景気概況 ~景気は緩やかに持ち直している3.今月のトピック:過熱する採用・就職活動 (1)新卒者を取り巻く雇用環境は改善 (2)企業、学生とも負担は増す (3)スケジュールの変更で実質的に長期化 (4)タイミング格差による不公平

世界経済のトピックです。

Evolving Markets「注目すべき5つのトピック」

Evolving Markets「注目すべき5つのトピック」

米国・欧州主要国の景気概況(2015年2月)

I.米国経済【景気概況】 14年10~12月期GDPは前期比年率+2.6%に成長鈍化【トピック】 年明けの個人消費は一時的に弱含む可能性【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直している【トピック】 ECBは3月からの量的緩和実施を表明【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 14年10~12月期GDP成長率は前期比+0.5%に低下【英国の主要経済指標】

日本の財政についてのレポートです。

財政の現状と財政健全化に向けた課題

1.今月のグラフ ~減っているサラリーマンのおこづかい2.景気概況 ~景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる3.今月のトピック:財政の現状と財政健全化に向けた課題 (1)最近の国の一般会計の動向(2)国と地方の財政構造(3)高齢化の進展と財政健全化に向けた課題

米国・欧州主要国の景気概況(2015年1月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 2015年の米金融政策のポイント【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 足踏みしているが持ち直しの動きも【トピック】 懸念されるロシアの通貨不安【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 個人消費主導の景気拡大が続く【英国の主要経済指標】

デフレ脱却後の物価動向~緩やかな上昇にとどまる見込み

1.今月のグラフ ~持ち直す輸出依存度とその背景にあるもの2.景気概況 ~景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる3.今月のトピック:デフレ脱却後の物価動向~緩やかな上昇にとどまる見込み (1)最近の物価動向~すでにデフレから脱却(2)円安と原油価格の物価への影響~合算すると物価下落要因(3)今後の消費者物価の見通し~伸び率は鈍化するがプラス基調を維持

米国・欧州主要国の景気概況(2014年12月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 共和党によるFRBへの「干渉」に対する警戒感が高まる【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 7~9月期の実質GDPは前期比+0.2%【トピック】 再燃が警戒されるギリシャの財政問題【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 個人消費主導の景気拡大が続く【英国の主要経済指標】

アベノミクスの振り返りです。

アベノミクスは失敗だったのか?

1.今月のグラフ ~自動車の輸出台数の動向2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:アベノミクスは失敗だったのか? (1)機動的な財政政策と成長戦略の効果(2)大胆な金融緩和の効果とアベノミクスに対する期待感(3)アベノミクス効果の限界

2014年11月18日丸紅フィードバック数:0社会/政治海外

US Economic Outlook 14年11月:今月のトピック「堅調な拡大を続ける自動車ローン市場」

US Economic Outlook 14年11月:今月のトピック「堅調な拡大を続ける自動車ローン市場」

2014年11月18日丸紅フィードバック数:0社会/政治

Japan's Economic Outlook 14年11月:今月のトピック「追加緩和に踏み切った日本銀行」

Japan's Economic Outlook 14年11月:今月のトピック「追加緩和に踏み切った日本銀行」

米国・欧州主要国の景気概況(2014年11月)

I.米国経済【景気概況】 7~9月期の実質GDPは前期比年率+3.5%【トピック】 中間選挙は共和党の勝利【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は足踏みしているが持ち直しの動きも【トピック】 ストレステスト後に注目される2つのポイント【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 7~9月期実質GDPは前期比+0.7%【英国の主要経済指標】

企業業績についてのレポートです。

消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望

1.今月のグラフ ~インフレ期待は高まっているのか?2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望 (1)悪化した企業業績~経常利益は減少へ(2)企業を取り巻く環境(3)企業業績の先行き~今年度中は弱い動きが続く

米国・欧州主要国の景気概況(2014年10月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな拡大が続く中でFRBは政策正常化の方針を示す【トピック】 接戦が予想される11月の中間選挙【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は足踏みしている【トピック】 改めて考えたいユーロ安のメリット・デメリット【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気拡大が続くも一部に減速の兆候【英国の主要経済指標】

米国・欧州主要国の景気概況(2014年9月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 強まる家計の信用依存をどう評価するか【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 持ち直しが一服する中でECBは追加緩和を実施【トピック】 ユーロ圏経済の痛手になるロシア景気の悪化【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気拡大は続くがBOEは利上げに慎重【英国の主要経済指標】

弱含む鉱工業生産

1.今月のグラフ ~生活実感に近い物価上昇率はもっと高い2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:弱含む鉱工業生産~生産の回復が大幅に遅れるリスクも (1)消費税率引き上げ前後の生産動向~1月をピークに急速に悪化(2)今後の生産の行方~弱い動きが続く懸念

米国・欧州主要国の景気概況(2014年8月)

I.米国経済【景気概況】 4~6月期の実質GDPは前期比年率+4.0%と反発【トピック】 景気腰折れリスクとバブル懸念との狭間で苦悶するFRB【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかな持ち直しが一服している【トピック】 内外情勢を受けて調整局面入りした欧州株【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 4~6月期の実質GDPは前期比+0.8%と堅調維持【英国の主要経済指標】

今後の輸出の動向について

1.今月のグラフ ~百貨店販売を下支えする外国人観光客2.景気概況 ~景気は一時的に悪化している3.今月のトピック:今後の輸出の動向について~このまま低迷が続くのか (1)遅れる輸出の回復~2013年以降、輸出数量は横ばい(2)今後の輸出の行方~緩やかな持ち直しにとどまる

米国・欧州主要国の景気概況(2014年7月)

I.米国経済【景気概況】 景気は緩やかな拡大が続く【トピック】 サービス支出の低迷によって減速する個人消費【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかな持ち直しが一服している【トピック】 ユンケル欧州委員長誕生とEU内の不協和音【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復を受けて強まる早期利上げ観測【英国の主要経済指標】

米国・欧州主要国の景気概況(2014年6月)

I.米国経済【景気概況】 景気は緩やかな拡大が続く【トピック】 5月に金利が大きく低下した背景と先行きの見通し【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比+0.2%に減速【トピック】 主要中銀初となるマイナス金利政策を導入したECB【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 個人消費主導の景気回復が続く【英国の主要経済指標】

日本経済ウォッチです。

消費税率引き上げ後の個人消費の動向

1.今月のグラフ ~変化する世帯の貯蓄構成2.景気概況 ~景気は一時的に悪化している3.今月のトピック:消費税率引き上げ後の個人消費の動向 ~実質賃金の落ち込みを背景に調整が長期化するリスク (1)雇用情勢の改善に遅れる所得~実質所得は減少幅が拡大(2)反動減の影響はいつまで残るのか(3)調整が長期化する可能性がある

最近の経常収支の動向について

1.今月のグラフ ~消費税率引き上げ後の消費者物価(東京都区部)2.景気概況 ~景気は一時的に悪化へ3.今月のトピック:最近の経常収支の動向について (1)経常収支の動向(2)通関収支の赤字拡大要因~構造的な要因(3)通関収支の赤字拡大要因~短期的な要因(4)経常収支の赤字は一時的となる見込み

米国・欧州主要国の景気概況(2014年5月)

I.米国経済【景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比年率+0.1%に失速【トピック】 質的な改善が徐々に現れる米国の労働市場【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気の持ち直しが続く中で一部指標が弱含む【トピック】 懸念されるユーロ圏のディスインフレ問題【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 1~3月期の実質GDPは前期比+0.8%の高い伸びに【英国の主要経済指標】

米国・欧州主要国の景気概況(2014年4月)

I.米国経済【景気概況】 景気の底堅さを受けてFRBは時間軸政策を修正【トピック】 利上げ前倒しを示唆したイエレンFRB議長【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気は春先にかけて緩やかに持ち直す【トピック】 EUは銀行破綻処理基金の設立で合意【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 生産・消費の両面で景気回復が続く【英国の主要経済指標】

企業業績の前回増税時との比較

1.今月のグラフ ~拡大する非正規雇用の実態と課題2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:企業業績の前回増税時との比較 ~好調な企業業績を背景に、増税後も景気は底堅さを維持できるか? (1)企業業績の現状~97年増税時との比較(2)増税後の早期景気回復に必要なもの~求められる企業の利益還元

米国・欧州主要国の景気概況(2014年3月)

I.米国経済【景気概況】 寒波の影響を受けて減速した米国景気【トピック】 国内要因から国際要因にスイッチした米国景気の下押しリスク【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 13年10~12月期実質GDPは前期比+0.3%【トピック】 過熱感が高まるドイツの住宅価格【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中でBOEは時間軸の修正に着手【英国の主要経済指標】【その他のトピック】 激しさを増すウクライナをめぐるグレートゲーム

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 小松原 章米国の退職貯蓄残高は2013年6月現在で20兆8,950億ドルと家計金融資産残高の34%を占めており、社会保障の上乗せ財源として一般勤労者の退職

2013年の貿易動向

1.今月のグラフ ~アベノミクスによる消費者マインド改善の実態2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:2013年の貿易動向 ~なぜ円安進行で貿易収支が悪化するのか? (1)拡大する貿易収支の赤字幅~2013年は過去最大の赤字 (2)財別収支の動向~資本財で悪化が進む (3)地域別の貿易収支の動向~対アジアで悪化が進む

米国・欧州主要国の景気概況(2014年2月)

I.米国経済【景気概況】 13年10~12月期の実質GDPは前期比年率+3.2%【トピック】 テーパリングと新興国通貨不安【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気が緩やかに持ち直す中で債務膨張に歯止め【トピック】 南欧に回帰する国際資本【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で利上げ観測を牽制するBOE【英国の主要経済指標】

米国・欧州主要国の景気概況(2014年1月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く中でFRBはテーパリングに着手【トピック】 出口戦略の「入口」に立ったFRB【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかな景気持ち直しの中で進むユーロ高【トピック】 労働政策の「修正」を公約したドイツの大連立政権【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く一方で強まる家計の負債依存【英国の主要経済指標】【その他のトピック】 EUとの加盟交渉が遂に始まったセルビア

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題

米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 | ニッセイ基礎研究所 米国退職貯蓄市場の動向と最近の主なトピック-引き続き好調な401k、IRAとこれらを巡る課題 小松原 章米国の退職貯蓄残高は2013年6月現在で20兆8,950億ドルと家計金融資産残高の34%を占めており、社会保障の上乗せ財源として一般勤労者の退職後所得の貴重な源泉となっている。退職貯蓄の内容は大雑把に見て、(1)事業主が約定の年金支払いを保証する確定給付型プラン、(2)各自が

増加が続く銀行の貸出

1.今月のグラフ ~完全失業者の変動要因2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:増加が続く銀行の貸出~最近の伸び率拡大の背景について (1)増加する銀行貸出~貸出残高は2002年の水準を回復(2)企業向けの貸出の状況~持ち直しつつある設備投資需要

米国・欧州主要国の景気概況(2013年12月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな拡大が続く米国景気【トピック】 回復の動きが頭打ちになる米国の中古住宅市場【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 7~9月期実質GDPは前期比+0.1%に成長鈍化【トピック】 ドイツは本当に「独り勝ち」なのか?【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で注目が集まるBOEの出口戦略【英国の主要経済指標】

米国・欧州主要国の景気概況(2013年11月)

I.米国経済【景気概況】 7~9月期の実質GDPは前期比年率+2.8%と成長加速【トピック】 遠のくFRBによるテーパリング観測【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気が緩やかに持ち直す中でECBは利下げ実施【トピック】 欧州連合理事会が金融機関の単一監督制度を承認へ【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で高まる家計の負債依存【英国の主要経済指標】

消費税増税の影響です。

消費税率引き上げによる家計への影響

1.今月のグラフ ~慎重な設備投資の背景にある売上高の伸び悩み2.景気概況 ~緩やかに持ち直している3.今月のトピック:消費税率引き上げによる家計への影響(1)消費へのマイナス効果(2)世帯主の年収階級別にみた消費への影響(3)世帯構成および各世帯の消費構成の変化(4)より負担感が高まりやすい物価上昇

経営、人材マネジメントの課題についての調査です。

人材マネジメント実態調査2013

将来の組織や人材への展望について見えたモノ 最新調査報告 これからの人材マネジメントへのヒント 弊社組織行動研究所では、「RMS Research 人材マネジメント実態調査2013」として、主に大手企業を対象に人材マネジメントに関する調査を実施しました。今回は、現在の経営課題や人材マネジメント課題に関する経年比較に加えて、将来の組織や人材への展望についての調査を行いました。今月の特集では、最新の調査結果から見えてきた今後の人材マネジメントへのヒントについてご報告します。 現在と未来を重ね合わせる

米国・欧州主要国の景気概況(2013年10月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く中でFRBはQE3縮小を見送る【トピック】 不透明感を高める米国の財政問題【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 緩やかに持ち直すユーロ圏景気【トピック】 景気持ち直しの萌芽がみられるイタリアとスペイン【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 生産・消費の両面で緩やかな回復が続く【英国の主要経済指標】

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ