調査のチカラ TOP > タグ一覧 > トランプ大統領

「トランプ大統領」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月22日Newsweekフィードバック数:0社会/政治

世論調査でわかった、トランプ支持者の差別寛容度

<ニューズウィーク日本版9月5日発売号(2017年9月12日号)は「それでもトランプ」特集。政策や言動が支離滅裂でも「白人至上主義」擁護でも、トランプ大統領が支持され続ける理由に迫った。この特集から、トランプ支持層の実像をあぶり出す世論調査の記事を転載する>ドナルド・トランプ米大統領はなぜ差別主義者に気を使うのか。差別主義者こそがトランプの支持基盤だからだろうか。世論調査によれば、差別主義者は選挙結果を左右するほど多くないが、トランプ支持層のかなりの部分を占めている。 KKK(クー・クラックス・

2017年8月26日モニタスフィードバック数:0マーケティング

2017年上半期で印象に残ったニュースランキング(時事問題)

2017年上半期で印象に残ったニュースランキング発表!10位中7件が政治問題、選挙や不祥事に関心が集まる〜1位は「森友学園問題」12.8% / 2位は「小林麻央さん逝去」11.4%〜<モニターズモニター15歳~69歳男女への意識調査>■主な調査結果■●1位 森友学園/加計学園問題 12.8%●2位 小林麻央さん逝去 11.4%●3位 北朝鮮問題・ミサイル●4位 藤井聡太四段の快進撃●5位 トランプ大統領就任・発言調査概要 調査方法 :インターネットリサーチ調査対象者:15歳~69歳男女(モニタス

2017年2月7日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2017年1月

月例ネット世論調査2017年1月トランプ政権、禁煙強化など12問のネット世論調査を実施 トピックス内閣支持率 「支持する」57.8%、「支持しない」15.5% Q1いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。安倍内閣の支持率は、前月より6.1ポイント増の57.8%となり、2014年の衆議院総選挙以降、最高を記録しました。一方、不支持率は、前月より3.5ポイント減の15.5%となりました。男女別でみると、支持率は男性が64.2%で、女性を14.3ポイント上回りました。 生活指数(D.I

2017年1月14日WhatzMoneyフィードバック数:0大型消費/投資

WhatzMoney住宅ローンレポート 2017/01

2017年1月の住宅ローン平均金利は上昇。トランプ次期大統領が掲げる経済政策への期待感から、米国も日本も金利は上昇傾向。トランプ大統領就任後も「円安・株高・金利高」の傾向が継続するかが今後の焦点。 WhatzMoney住宅ローンレポート 2017/01 全国763金融機関、17,000超の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney 住宅ローン」(URL: https://whatzmoney.com/) を手がける WhatzMoney株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:前田 一人

2015年3月19日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(20115年2月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年8月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 8月は北朝鮮リスクが意識されたことに加えて、米国の政治への不透明感や政府閉鎖への警戒感からグローバルに金利低下圧力がかかった。月初は欧州では金融引き締めが意識される中で、英中銀が政策金利を据え置いたことからグローバルに金利が低下して始まった。その後は、トランプ米大統領と北朝鮮が互いにけん制し合う形となり、米朝間の緊張が高まったことを受けて、JGB金利は低下幅を拡大。また、トランプ政権への不透

2014年4月4日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

公社債市場動向(2014年2月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年8月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 8月は北朝鮮リスクが意識されたことに加えて、米国の政治への不透明感や政府閉鎖への警戒感からグローバルに金利低下圧力がかかった。月初は欧州では金融引き締めが意識される中で、英中銀が政策金利を据え置いたことからグローバルに金利が低下して始まった。その後は、トランプ米大統領と北朝鮮が互いにけん制し合う形となり、米朝間の緊張が高まったことを受けて、JGB金利は低下幅を拡大。また、トランプ政権への不透

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ