調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ドイツイタリア

「ドイツイタリア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(西欧経済の見通し)

平成 25 年(2013 年)8 月 27 日~景気は持ち直しの兆しをみせるが、持続的な回復はまだ遠い~1.総論(1)景気の現状欧州経済は持ち直しの兆しをみせている。ユーロ圏の実質 GDP 成長率第 2 四半期に 7 期は第 2 四半期に+0.3%と、7 期ぶりにプラス成長を記録した。需要項目のぶりのプラス成長動きは明らかになっていないが、個人消費が持ち直した模様である。国別にみると、ドイツが同+0.7%、フランスが同+0.5%となり、域内全体の成長を牽引した。一方、イタリアは同▲0.2%と 8

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年4月号

みずほ欧州経済情報2013年4月号[欧州経済の概況][トピック:今年も「ユーロ圏は春以降に失速する」パターンを辿るのか?]◆今年に入りユーロ圏企業業況が低下に転じ、「ユーロ圏景気は春先以降に減速感が強まる」という過去数年のパターンとの類似性がみられる。イタリアの政局不安など新たな問題が噴出したことも例年と同じである。◆これまでと大きく異なる点もある。南欧のソブリン債市場が安定していることだ。ECBのOMTや南欧の経常収支改善への安心感が背景とみられ、現状、金融不安の再燃によるユーロ圏景気の失速懸

2013年3月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年3月号

みずほ欧州経済情報2013年3月号[欧州経済の概況][トピック:堅調さが見込まれるドイツの個人消費とその波及効果]◆ドイツでは一部の業種では2~3%の賃上げ率で妥結した。昨年に続き今年も高めの賃上げが続くと見込まれる。家計所得拡大を通じて個人消費が支えられ、ドイツ景気の堅調な回復につながると期待される。◆賃金上昇による競争力への影響を考えると、確かに、近年のドイツの単位労働コストは高めの上昇率が続いている。しかし、ユーロ相場の下落により実質実効レートは減価し続けており、ドイツの競争力は悪化してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ