調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ドライブレコーダー

「ドライブレコーダー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月9日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年のドライブレコーダーの販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「2016年のドライブレコーダーの販売動向」 - 販売台数は3年間で3倍に  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット通販等の販売実績に基づくドライブレコーダーの国内販売動向を発表した。 【概要】・2016年におけるドライブレコーダーの国内販売台数は79万台に拡大。・運転支援機能搭載モデルの数量構成比が2割へ。 【2016年の販売動向】201

2017年2月16日イードフィードバック数:0マーケティング

レスポンスアワード2017

News 2017年2月7日 レスポンスアワード2017結果発表について 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)は、読者投票により自動車関連のベストサービスを選ぶ『レスポンスアワード2017』の結果を発表いたします。 『レスポンスアワード』は、総合自動車ニュースサイトレスポンス」の読者投票により、「ナビアプリ」「ドライブレコーダー」「自動車保険」「自動車買い取り」の4つのカテゴリについて、利用者満足度の高い製品やサービスを選出して表彰するものです。 「ナビアプリ(無料)の

2017年2月8日JEITAフィードバック数:0大型消費/投資

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第3四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

ドライブレコーダーに関する調査

ウエスタンデジタル、ドライブレコーダーに関する調査、録画したドライブレコーダーの映像を確認していない人が約半数 ウエスタンデジタルコーポレーションのブランドであるサンディスクは、ドライブレコーダー向け高耐久microSDカードの販売に関連してドライブレコーダーに関するオンライン調査を行いました。2012年4月京都市東区の祇園で軽ワゴン車が暴走し大事故が発生した際に、タクシーのドライブレコーダーで記録された事故の映像がテレビやインターネットのニュースにて繰り返し報道され一般の人々がドライブレコー

2016年11月6日JEITAフィードバック数:0大型消費/投資

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第2四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2016年8月7日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダー統計出荷実績(2016年度第1四半期)

※ 統計ルールに則り、業務用/コンシューマ用合算して算出した。 出所: JEITA・JDRC(一般社団法人 ドライブレコーダー協議会) ■調査対象交通事故等の発生状況を記録することを主たる目的として、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサにて記録する車載装置。記録するメディアの種類、録画方法、液晶ディスプレイの有無は問わない。 運行管理や安全運転教育も目的とした法人向けに設計されたモデル。 万が一の事故時の映像記録を主目的とするもの。 �潟Aイ・オー・データ機器、アルパイン�梶Aクラリオン�梶A

2016年3月11日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「ドライブレコーダーの2015年販売動向と消費者動向」 市場拡大と共に、ドライバーの重視点は変化 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット等の販売実績に基づくドライブレコーダーの販売動向と、ドライブレコーダー購買行動調査に基づくドライブレコーダーの認知度・購入重視点を発表した。 【概要】・ ドライブレコーダーの国内販売台数※1は61万台に拡大

2015年2月27日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2014年 ドライブレコーダー販売動向

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 自動車の運転支援機能

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ運転を運転する人(全体の7割)のうち「ヒヤリハットしたことがある」は7割弱、「事故にあったことがある」は4割強 車を運転する人のうち、安全運転・事故防止支援システムが搭載されているのは4割弱。「自動ブレーキ操作:カーブ時、よこすべり時」「自動ブレーキ操作:前方に障害物・車両等がある時、警告しブレーキ」「ドライブレコーダー」などが各1割弱 安全運転・事故防止支援システムのうち役に立ったと思うものは「自動ブレーキ操作:前方に障害物・車両等がある

「車に搭載している機器」や「ドライブレコーダーの関心度」

いざというとき映像があなたの強い味方に!ドライブレコーダー導入のススメ 近年、交通事故のニュースなどで、事故発生時の記録として、ドライブレコーダーで撮影された映像を目にする機会が増えてきましたが、ドライブレコーダーはどれぐらい普及されているのでしょうか?今回は、インズウェブユーザの皆様に「車に搭載している機器」や「ドライブレコーダーの関心度」などをお聞きしたアンケート結果をお知らせします。 車に搭載している機器について まず、車に搭載している機器をお聞きしました。ETCが82.9%、カーナビ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ