調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ドラッグストア

「ドラッグストア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月11日True Dataフィードバック数:0ビジネス

ドラッグストア2018年3月のインバウンド消費調査 

〈ドラッグストア2018年3月のインバウンド消費調査〉インバ...| 〈ドラッグストア2018年3月のインバウンド消費調査〉 インバウンド消費購買件数 7割増!過去最多を記録~UVケア商品好調!売れ筋上位30商品の半数が化粧品~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は2018年4月27日(金)、全国ドラッグストアのPOSデータによる2018年3月のインバウンド消費動向調査を発表します。2018月3月のドラッグストアに

2018年2月18日TRUE DATAフィードバック数:0社会/政治

ドラッグストア12月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア12月のインバウンド消費調査〉 インバウンドで「グレーのマスク」が売上げ急上昇~購買件数は前月に続いて過去最多を更新~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は2018年1月30日(火)、全国ドラッグストアのPOSデータによる2017年12月のインバウンド消費動向調査を発表します。2017月12月のドラッグストアにおけるインバウンド消費購買件数は、当社が調査を開始した2015年1月以降過去最多となる1店舗あた

2018年1月25日TRUE DATAフィードバック数:0社会/政治

ドラッグストア11月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア11月のインバウンド消費調査〉 インバウンドで「厚手のタイツ」売上げ順位が上昇中~購買件数は調査開始以降で過去最多を更新~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は12月27日(水)、全国ドラッグストアのPOSデータによる11月のインバウンド消費動向調査を発表します。11月のドラッグストアにおけるインバウンド消費購買件数は、当社が調査を開始した2015年1月以降で過去最多となる1店舗あたり1,534件を記録し

「ポイントカード」に関するアンケート

● 買い物の集約でポイントアップ!65.8%が”ポイント集約を意識している”● ポイントカードをつくるキッカケ1位は「利用頻度」。インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「ポイントカード」についてアンケートを行い、利用しているポイントカードやポイントの使い方、活用術などについてまとめました。調査は2017年10月26日〜11月10日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,751人から回答を得ています。Tweet ● ポイントカードの保有率は女性の方が高い

2017年11月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年11月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.54% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年12月08日 ~上昇率が最も大きいのは60~79歳・男性で0.66%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.40%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活

2018年1月13日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 胃腸薬の利用(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 胃腸薬の利用 】に関するアンケート調査(第6回)胃の調子が悪い時の対処法は「胃腸薬を飲む」が4割弱、「消化の良いものを食べる」「食事を控える」「医療機関に行く」「寝る」「体を休める」が各2割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、6回目となる『胃腸薬の利用』に関するインターネット調査を2017年10月1日〜5日に実施し、10,912件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】

2017年12月27日TRUE DATAフィードバック数:0ビジネス

インバウンド消費実売動向レポート 2017年10月の売上個数ランキング

全国ドラッグストアのPOSデータによる 「インバウンド消費実売動向レポート」をリニューアル エリア別インバウンド消費調査の一般提供を開始~福岡で売れる「蒟蒻畑」、大阪で売れる「ロイヤルミルクティー」~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、2017年11月30日(木)より、ドラッグストアにおけるエリア別のインバウンド消費調査を一般提供します。当社は全国のドラッグストアから収集したPOS(販売時点情報管理)データをもとに「

「働く女性のリアルライフ」プチプラコスメ編

「働く女性のリアルライフ」プチプラコスメ編 30-50代働く女性、コスメの情報入手・購入いずれも「ドラッグストア」がトップ仕事と家庭を持つ忙しい女性たちが、時間と家計をやりくりしながら選び、愛用しているモノは何か?リアルに売れているモノを確かめるべく、「働く女性のリアルライフ」シリーズ回目となる今回のアイテムは、思わず大人買いしたくなる値段と可愛さで注目の「プチプラコスメ」です。 働く女性たちに、一体どのブランドのどんな商品が人気なのでしょうか?フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフト

2017年11月9日TRUE DATAフィードバック数:0ライフスタイル

〈ドラッグストア2017年9月のインバウンド消費調査〉 新たな人気商品が登場!購買件数は約26%増加~購買単価は1年ぶりに15,000円台へ上昇~

〈ドラッグストア2017年9月のインバウンド消費調査〉 新たな人気商品が登場!購買件数は約26%増加 ~購買単価は1年ぶりに15,000円台へ上昇~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアのPOS(販売時点情報管理)データから、2017年9月のインバウンド消費動向をお知らせします。インバウンド消費購買件数は前年同月比25.8%増と大幅に上昇しました。1レシートあたりの購買単価は15,191円で、前年同月(2

2017年11月7日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 化粧品(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 化粧品 】に関するアンケート調査(第5回)朝、肌のお手入れをしている男性は2割強、女性は9割。スキンケア用品・化粧品の購入場所は「ドラッグストア」が使用者の6割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『化粧品』に関するインターネット調査を2017年9月1日〜5日に実施し、10,839件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoic

2017年9月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年9月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.16% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年10月10日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.30%、最も小さいのは60~79歳・女性で0.04%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

「働く女性のリアルライフ」ボディシャンプー編

「働く女性のリアルライフ」ボディシャンプー編 働く女性に支持される身近なアイテムと行動を徹底調査 仕事と家庭を持つ女性は、一人二役、三役とこなすめまぐるしい毎日ですよね。そんな忙しい日々を送る女性たちが、時間と家計をやりくりしながら選び、使っている身近なアイテムは何か?フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレ―ン・フィールド株式会社(本社東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、当社に登録している女性会員を対象にアンケートを実施しました。第1回目に調査したアイテムは、「ボディシャン

2017年10月12日TRUE DATAフィードバック数:0大型消費/投資

ドラッグストア2017年8月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2017年8月のインバウンド消費調査〉 インバウンド消費購買件数、5ヵ月連続前年超え~インバウンドで人気のお菓子は「ピーチ味」!人気グミの白桃味がトップ5に~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアのPOS(販売時点情報管理)データから、2017年8月のインバウンド消費動向をお知らせします。インバウンド消費購買件数は前年同月比5.2%増と好調に推移しました。1レシートあたりの購買単価は14,

2017年9月1日TRUE DATAフィードバック数:0大型消費/投資

ドラッグストア2017年7月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2017年7月のインバウンド消費調査〉 インバウンド消費購買件数、4ヵ月連続前年超え~「サンテFX」は4ヶ月連続、「コロロ」は8ヶ月連続トップ5!~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアのPOS(販売時点情報管理)データから、2017年7月のインバウンド消費動向をお知らせします。インバウンド消費購買件数は前年同月比0.2%増、1レシートあたりの購買単価は14,553円で、前年同月(2016

2017年8月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 健康に関する情報収集(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 健康に関する情報収集 】に関するアンケート調査(第2回)健康に関する情報源で信頼できるものは「テレビ番組・CM」が3割強、「病院、薬局・ドラッグストア」「新聞」が続く。「テレビ番組・CM」は信頼できない情報源でも上位に マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『健康に関する情報収集』に関するインターネット調査を2017年6月1日〜5日に実施し、11,124件の回答を集めました。調査結

2017年7月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年7月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.08% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年08月10日 ~上昇率が最も大きいのは60~79歳・男性で0.40%、最も小さいのは20~39歳・女性で-0.37%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活

2017年8月2日TRUE DATAフィードバック数:0大型消費/投資

ドラッグストア2017年6月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2017年6月のインバウンド消費調査〉 子ども用の虫除けシールが売り上げ急上昇購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。2017年6月のインバウンド消費購買個数ランキングでは、子ども向けの虫よけ剤「和光堂 虫きちゃダメ 60枚」が、前月の11位から急上昇し5位にランクインしました。日本政府観光局(JNTO)によると2017年6月の訪日外国人数は6

2017年8月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 健康に関する情報収集(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 健康に関する情報収集 】に関するアンケート調査(第2回)健康に関する情報源で信頼できるものは「テレビ番組・CM」が3割強、「病院、薬局・ドラッグストア」「新聞」が続く。「テレビ番組・CM」は信頼できない情報源でも上位に マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、2回目となる『健康に関する情報収集』に関するインターネット調査を2017年6月1日〜5日に実施し、11,124件の回答を集めました。調査結

2017年6月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年6月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.16% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年07月10日 ~上昇率が最も大きいのは60~79歳・男性で0.52%、最も小さいのは20~39歳・女性で-0.25%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活

ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査

<ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査>インバ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > <ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査> インバウンド消費購買件数2ヶ...<ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査> インバウンド消費購買件数2ヶ月連続で前年同月比増加~購買単価は減少ながら、全体平均比8倍以上をキープ~ 購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代

2017年5月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年5月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.55% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年06月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・女性で0.68%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.38%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年6月2日TRUE DATAフィードバック数:0大型消費/投資

ドラッグストア2017年4月のインバウンド消費調査

Menu2017.05.25 〈ドラッグストア2017年4月のインバウンド消費調査〉 過去最多の訪日外国人数でインバウンド購買件数好調購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費動向をお知らせします。2017年4月は単月として過去最多の訪日外国人数を記録し(日本政府観光局:JNTO)、これに伴ってドラッグストアのインバウンド購買件数も、前年同月比4.5%増と好調に推移しました。1レシートあ

2017年4月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年4月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.41% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年05月12日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・女性で0.51%、最も小さいのは60~79歳・男性で0.13%~ データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用

2017年5月5日TRUE DATAフィードバック数:0ライフスタイル

ドラッグストア2017年3月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2017年3月のインバウンド消費調査〉 早くも「日焼け止め」が個数ランキング第1位~次いでお菓子、洗顔料、リップクリームが人気~購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。2017年3月の売上個数ランキング第1位は、資生堂の日焼け止め「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」でした。例年4月から8月にかけて販売が伸びるUVケア商品ですが3月に早

2017年4月27日日清オイリオフィードバック数:0社会/政治

第11回在宅介護事情調査

日清オイリオグループ 第11回在宅介護事情調査 69%が介護食作りを大変だと回答 65%は専門家に食事の指導を受けていない 〜大変だと思っている方の要介護者に低栄養傾向が 〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、トロミ調整食品やエネルギー補給食品などの介護対応食品を製造・販売しております。このたび、2011年から定期的に行っている在宅介護事情調査の第11弾として、在宅介護(要介護1〜3)をされているご家族100名を対象に『介護食作りに関する実態調査』を実施いたしました。 その結

2017年4月6日インターワイヤードフィードバック数:0ライフスタイル

「ドラッグストア」に関するアンケート

● 4人に1人が、ドラッグストアを“週1回以上”利用● “ドラッグストアの魅力”『価格』『立地』『ポイントカード』『品揃え』などインターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「ドラッグストア」についてアンケートを行い、ドラッグストアの利用頻度や、ドラッグストアで購入するものなどをまとめました。調査は2017年1月11日〜1月27日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター4,057人から回答を得ています。Tweet ● 4人に1人が、ドラッグストアを“週1回以上”利

2017年4月3日TRUE DATAフィードバック数:0ビジネス

ドラッグストア2017年2月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2017年2月のインバウンド消費調査〉 個数トップ5から「医薬品」消え、「お菓子」が上位~買物傾向は「爆買い」から「観光客消費」への変化が鮮明に~購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。2017年2月の売上個数ランキングではグミキャンディの「コロロ マスカット 40g」が2ヶ月連続第1位でした。調査開始(2016年4月)以降、マンナンライフ「蒟蒻

2017年3月5日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

ドラッグストアに関する意識調査

プラネットの提供するサービスをご紹介します。 プラネットからのニュースとお知らせ。お知らせサービス、セミナー、調査研究などのお知らせです。メディア掲載情報各種メディアで紹介された情報の一覧です。 2017.02.28株式会社プラネット暮らしVol.56 ドラッグストアに関する意識調査ドラッグストアで日用雑貨を買う女性が7割超…魅力は安さとポイント ~ドラッグストアで一般食品を買う人も3割近く…スーパーのような品揃え求める傾向も~国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会

ドラッグストア12月のインバウンド消費

ドラッグストア12月のインバウンド消費 「コロロ」、「チーズ...| ドラッグストア12月のインバウンド消費「コロロ」、「チーズおやつ」がランキングTOP5に登場 購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。12月は上位にランクインするお菓子カテゴリ商品が増え、売上個数ランキングのトップ5に「コロロ」、「チーズおやつ」の2商品がランクインしました。インバウンド

ドラッグストア2016年11月のインバウンド消費

ドラッグストア11月のインバウンド消費 チーズ鱈にカルパスも...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース ドラッグストア11月のインバウンド消費チーズ鱈にカルパスも?!訪日外国人に「子どもの珍味」人気 購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。11月はチーズ鱈やカルパスなどの人気が上昇し、トップ30にランクインするお菓子カテゴリ数がさらに増

2016年11月24日モードツーフィードバック数:0ライフスタイル

「ドラッグストアの利用状況」に関する調査

トップお知らせドラッグストア以外の小売店で購入するものとは!?「ドラッグストアの利用状況」に関する調査結果を発表 サービス案内のお知らせドラッグストア以外の小売店で購入するものとは!? 「ドラッグストアの利用状況」に関する調査結果を発表2016年10月04日訪日外国人向け、マップナビゲーションサービス「WARP.LIFE」(URL https://warp.life/)を運営する、株式会社モードツー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見智威、以下モードツー)は、価値ある情報提供の一環と

2016年10月11日モードツーフィードバック数:0ライフスタイル

「ドラッグストアの利用状況」に関する調査

[株式会社モードツー] ,アンケート ドラッグストア ハロウィン インバウンド 訪日外国人 免税店 来店促進 訪日旅行客 訪日客 スマートフォンサービス

2016年8月22日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

流通菓子市場に関する調査を実施(2016年)

2016年08月17日 流通菓子市場に関する調査を実施(2016年) ~大人消費を取り込み、好調に推移する流通菓子市場~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の流通菓子市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年5月~7月2.調査対象:流通菓子メーカー、菓子卸売業、関連団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<流通菓子市場とは>流通菓子とは、量販店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ディスカ

2016年8月9日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

既婚女性の日用品の購買行動に関する調査

既婚女性の日用品の購買行動に関する調査全国の20歳以上の既婚女性1000人に聞いた「既婚女性の日用品の購買行動に関する調査」購入の決め手は、「価格の安さ」が1位、「特売」が2位に!日用品の購入場所はスーパーとドラッグストアが2強!セール情報の入手手段は年代によるツールの違いが浮き彫りに 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2016年6月14日(火)~2016年6月15(水)の

2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート<ドラッグストア>vol.02 カスタマー・コミュニケーションズ

インバウンド消費 5月の第1位は「目薬」~「2016年5月 ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース インバウンド消費 5月の第1位は「目薬」 ~「2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア>vol.02」 6月27日(月)発売~カスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)と、株式会社カーツメディアワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上 崇)が発行する「2016年5月 インバウンド消費 

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 調剤薬局

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ調剤薬局直近3年以内利用者は全体の8割弱。「月に1回程度」「年に2〜3回」がボリュームゾーン、月1回以上利用者は3割強。「調剤専門薬局:診察を受けた病院に隣接している」が直近3年以内利用者の6割強、病院隣接の調剤薬局利用者が8割弱 調剤薬局選定時の重視点は「病院に隣接している」「アクセスがよい」が上位2位。「待たされない」「気軽に入りやすい」「ジェネリック医薬品が充実している」「薬剤師・店員の説明がわかりやすい」などが続く 調剤薬局で処薬以

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計確報 (平成27年4月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年5月29日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計速報 (平成27年4月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ポイントサービス(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへポイントサービスを利用・する店舗・施設の上位は「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「家電量販店」「クレジットカード」など。過去調査と比べ「コンビニエンスストア」は増加傾向、「家電量販店」は減少傾向 ポイントサービス利用者のうち、ポイントを交換・使用したことがあるのは「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「クレジットカード」「オンラインショップ(楽天、amazonなど)」「家電量販店」など

2015年5月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計確報 (平成27年3月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年4月30日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計速報 (平成27年3月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年4月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計(2015年2月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年3月30日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計速報 (平成27年2月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年3月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計確報 (平成27年1月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年3月3日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計速報 (2015年1月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム クーポンの利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間のクーポン利用者は6割強で、女性の方が多い。直近1年間に利用したクーポンは「ファストフード」がトップ、「ファミリーレストラン」「スーパー」「ドラッグストア」「コンビニエンスストア」「居酒屋」などが続く 直近1年間利用者のクーポン入手先は「商品購入・サービス利用時にもらった」「新聞の折り込みチラシ」「レシートに印刷してあった」「メルマガ会員向けクーポン」の順で多い 直近1年間に利用したクーポンのタイプは「紙に印刷されたもの」がクーポ

2015年2月18日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計確報 (平成26年12月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2015年1月30日経済産業省★フィードバック数:0ライフスタイル

経産省の研究会資料です。

セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会(第3回)‐配布資料

セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会(第3回)‐配布資料 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2015年1月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計確報 (平成26年11月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

2014年12月28日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

専門量販店販売統計速報 (平成26年11月分)

 家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの販売動向を把握することで、景気動向の判断材料とするとともに、商業に関する施策の立案に必要な基礎データを得ることを目的としている。 【平成27年8月28日8:50】○平成27年7月分速報から、専門量販店販売統計調査は 商業動態統計調査として公表します。【平成27年8月19日13:30】○平成27年6月分確報において、修正した数値に付した「r」に誤りがあり修正しました。【平成27年8月12日13:30】○専門量販店販売統計調査は、平成27年6月分を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ