「ドル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

豪経済に新たな原動力『LNG(液化天然ガス)』

豪経済に新たな原動力『LNG(液化天然ガス)』■ 『鉄鉱石』と『豪ドル』に底入れ感オーストラリアの輸出構成比率(2013年)のトップ3は『鉄鉱石26.5%』『石炭15.2%』『LNG6.0%』である。輸出全体の4分の1を占める鉄鉱石の価格変動は『豪ドル』相場に大きな影響を与える。昨年来、最大消費国である中国の景気減退から鉄鉱石価格が下落、『豪ドル』も連れ安となった。中国は昨年来、鉄鉱石の在庫削減に取り組んでいる。ブラジル鉱山会社ヴァーレ社CEOは6月10日の講演で『中国は深刻化す

No.158 『米国不動産市場』強気の見通し続く~賃料予想は上方修正~

『米国不動産市場』強気の見通し続く〜賃料予想は上方修正〜米国の不動産調査機関であるULI(Urban LandInstitute、非営利機関)は4月8日、『米国不動産市場の予測』を発行した。同レポートは著名アナリスト・エコノミスト46名の米不動産市場の予測を集計した調査結果である。以下は同レポートの要約である。商業不動産市場は好景気を背景に持続的成長が続くとの強気の見通しがなされている。2015年の米国の雇用増加数は年間で290万人と予想され、過去平均の120万人を大きく上回る。雇用の増加に

『豪ドル』底入れのタイミングを探る

『豪ドル』底入れのタイミングを探る『豪ドル』は、『鉄鉱石価格の下落』と『豪中銀の豪ドル高牽制発言』が昨年来、大きな下押し圧力になってきたが、今年2月以降は下値抵抗力を強めつつある。■『鉄鉱石価格の下落』鉄鉱石は豪州最大の輸出産品であり、輸出全体の26.5%を占め、その価格変動は『豪ドル』に大きく影響する。中国は金融危機以降、先進国に代わって鉄鉱石価格の実質的なプライス・リーダーになった。中国(青島港)の鉄鉱石(日次)輸入価格の算出が2009年5月から始まったが、それ以降、中国の鉄鉱

No.145 『カナダ・ドル』相場環境

『カナダ・ドル』相場環境■カナダ経済の好転がプラス要因『カナダ・ドル』は対円では上昇傾向にあり、11月第3週には6年3カ月ぶりに1カナダ・ドル=104円台に乗せた。一方、対米ドルでは下落傾向にあり、11月第1週には5年4カ月ぶりに1カナダ・ドル=0.88米ドルを割り込んだ。3通貨の強弱順位は『米ドル>カナダ・ドル>日本円』の構図になっている。カナダは、最大の輸出先である米国が景気回復を強めていることに加えて、昨年来のカナダ・ドル安(対米ドル)の恩恵で輸出を拡

Market eyes No.121【『カナダ・ドル』足元の相場環境】

情報提供資料2014年2月19日No.121『カナダ・ドル』足元の相場環境昨年10月以降、カナダ・ドルは下落基調を続けた【図FRBは12月と1月のFOMCで各々100億ドルの緩和表1】。下落の背景は10月以降の『米国』と『カナダ』縮小を発表した。縮小のペースは850億㌦→750億㌦の金融政策の違いにある。米中銀のFRB(米連邦準→650億㌦であるが、市場の反応は『懸念したほど備制度理事会)は10月のFOMC(米連邦公開市場委員会)急激なものでなく、景気回復に配慮した縮小方針でで緩

2013年7月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:製造業受注(2013年5月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報July 2, 2013【米国経済指標】製造業受注(5 月):前月比+2.1%、耐久財受注同+3.7%、非耐久財受注同+0.7%、コア資本財受注同+1.5%、製造業出荷同+1.0%5 月の製造業受注は前月比+2.1%と、事前の市製造業受注の推移場予想(Bloomberg 調査)の同+2.0%をやや上回(億ドル)5

2013年5月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2013-1】2013~2014年度改訂見通し-2013年度は底堅い民需と政策効果による押し上げで高成長に

No.2013-0052013年5月16日http://www.jri.co.jp≪日本経済見通しシリーズ No.2013-1≫2013~2014年度改訂見通し― 2013年度は底堅い民需と政策効果による押し上げで高成長に ―(1)2013年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比年率+3.5%(前期比+0.9%)と4四半期ぶ   りの大幅プラス成長となり、景気の持ち直しが明確化。需要項目別にみると、個人消費が株高   を背景とする消費者マインドの改善や資産効果により、耐久財を中心とした高額商品な

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

アルゼンチン経済・金融概況(2013年3月)

平成25年3月26日(MAR 26, 2013)アルゼンチン経済・金融概況Main Economic & Financial Indicators (Argentina)実質GDP成長率概況 アルゼンチン経済は、昨年第2四半期を底に、持ち直しがみられる。 2012年第4四半期の実質GDP成長率は前年比+2.1%と、前期の同+0.7%から小幅加速した。需要項目別にみると、個人消費の成長への寄与度が同+1.5%ポイントから同+3.0%ポイントへ高まったほか、投資の寄与度が同▲0.9%ポイントから同▲

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ