調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニュージーランド

「ニュージーランド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月1日エイチ・アイ・エスフィードバック数:0大型消費/投資

レイトサマー海外旅行動向調査

2016.08.24News Release株式会社エイチ・アイ・エス\間際の旅行予約に強い H.I.S.が調べた レイトサマー海外旅行動向調査/8 月・9 月出発 ソウル・バリ島復活急上昇は、癒しと涼を求めて・・南半球の大自然がランクイン!株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平林 朗 以下 H.I.S.)は、各省庁が夏季休暇の分散化を推進する中、遅めの夏休みがピークを迎える 8 月後半から 9 月出発を対象に、間際の予約動向調査を実施し下記のとおりまとめました。<H

オセアニア通貨および米ドルの推移

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月15日オーストラリアとニュージーランドは、先進国の中でも金利水準が高いことから、両国通貨は金利面での魅力が相対的に高いと考えられます。加えて、主要輸出品に象徴される経済面の特徴が他の多くの先進国と異なることなどから、投資通貨の分散という面でも、両国通貨は魅力的と評価できます。先進国には稀な資源大国であるオーストラリアの最大の輸出品は、鉄鉱石や石炭、天然ガス、原油をはじめとする鉱物・燃料で、全体の約63%を占めます。このため、豪

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 製造・非製造業共に景況感は50超を維持(Asia Weekly (4/27~5/1)) ~ニュージーランド準備銀は「ハト派」姿勢を強調~

中国 製造・非製造業共に景況感は50超を維持(Asia Weekly (4/27~5/1)) ~ニュージーランド準備銀は「ハト派」姿勢を強調~

ニュージーランド・ドルの今後の見通しについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月4日ニュージーランド・ドルの今後の見通しについて ニュージーランド・ドルは、年内の利上げが予想される米国と、金融緩和の継続が予想される日本の金融政策の方向性の違いなどを背景に、対米ドルで軟調ながら、対円では底堅い推移となっています。ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)が、昨年7月に利上げの一時的な中断を示唆したことなどから、ニュージーランド・ドルは下落基調となりましたが、10月末に日銀が追加金融緩和を決定すると、対

オーストラリア住宅不動産市場 四半期調査

NABについて「世界で最も安全な商業銀行」ランキング10位* サービス「世界で最も安全な商業銀行」ランキング10位* 各種レポート&ニュース「世界で最も安全な商業銀行」ランキング10位* オーストラリア債券市場No.1プレーヤー*1がアジアからもサービスを提供 外国為替市場部門 第1位*1業界をリードするサービスをご提供 最新のオーストラリア経済、アグリビジネス、不動産情報はこちらから 日本におけるNAB事業法人・金融法人向けサービスをご提供しております。 ナショ

チーズについての調査です。

シュレッドチーズに関する調査

シュレッドチーズに関する調査シュレッドチーズを購入したことのある全国の 20 代~60 代の男女 1000 人に聞いた「シュレッドチーズに関する調査」外国産チーズ「味」に次いで「原産国」が購入に影響シュレッドチーズ「手軽に食べられるから」と人気 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回、2013 年 10 月 28 日(月)~2013 年 10 月 31 日(木)の 4 日間、シ

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資海外

ニュージーランドの住宅取引及び住宅金融に関する調査分析

ニュージーランドの住宅取引及び住宅金融に関する調査分析

最近のニュージーランド・ドルの下落について

最近のニュージーランド・ドルの下落について2014年10月1日<下落の背景>最近の為替市場ではニュージーランド・ドルの下落が目立っています。一時、対米ドルでは昨年7月以来の0.77米ドル台、対円では今年2月以来の84円台まで下落しました。この下落の背景には、以下のような点が要因として挙げられます。①乳製品価格の下落ニュージーランドの主要輸出産品である乳製品の価格は、今年2月以来下落傾向にあります。こうした動きはニュージーランドの農業部門に対する逆風となっており、政府当局者も懸念を示しています。②

投資についての調査です。

富裕層の70%以上が資産運用をしている。その運用手段の第2位に「外貨預金」がランクイン

NABについて「世界で最も安全な商業銀行」ランキング10位* サービス「世界で最も安全な商業銀行」ランキング10位* 各種レポート&ニュース「世界で最も安全な商業銀行」ランキング10位* オーストラリア債券市場No.1プレーヤー*1がアジアからもサービスを提供 外国為替市場部門 第1位*1業界をリードするサービスをご提供 最新のオーストラリア経済、アグリビジネス、不動産情報はこちらから 日本におけるNAB事業法人・金融法人向けサービスをご提供しております。 ナショ

ニュージーランドが利上げを継続

ニュージーランドが利上げを継続

ニュージーランドが3回連続で利上げ

ニュージーランドが3回連続で利上げ

ニュージーランドは連続利上げで金融引き締めを継続

ニュージーランドは連続利上げで金融引き締めを継続2014年4月24日<好調な景気動向を背景に連続利上げで金融引き締めを継続>4月24日(現地)、RBNZ(ニュージーランド準備銀行)は政策金利を0.25%ポイント引き上げ、3.00%としました。主要先進国に先駆けて利上げを開始した3月に続いての利上げとなります。市場ではすでに今回の連続利上げを織り込んでいましたが、金融引き締め政策を継続する姿勢を改めて示した今回の声明文を受けて、ニュージーランド・ドルは上昇しています。声明文では、インフレ圧力の増大

マーケットレター【ニュージーランドは主要先進国に先駆けて 金融引き締め局面入り】

マーケットレター【ニュージーランドは主要先進国に先駆けて 金融引き締め局面入り】

輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月17日輸出拡大を通じて成長が期待されるニュージーランド ニュージーランドは、オーストラリアやASEAN(東南アジア諸国連合)などとFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)を締結しており、貿易の自由化を進めることにより農産物を中心に輸出を拡大してきました。また、同国は先進国としては初めて中国とFTAを締結するなど、早くから中国市場に注目し、2008年のFTA発効以降、中国向けの輸出を大幅に増加させています。ニュージーラン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ