調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニュースアプリ

「ニュースアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月29日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?

マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安 業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安消費者の立場では半数以上が工場などの製造業務が「置きかわる」と予測調査結果サマリーマーケティング従事者の約3割が、人工知能に自分の仕事が「奪われる」と不安視現在、「企画・マーケティング、広報・PR、市場調査・アナリスト」に従事していると回答したマーケティング関連職種の人のうち、人工知能(AI)によって

2016年5月17日ジャストシステム★フィードバック数:0社会/政治

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査 6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査約半数が「消費増税」に反対。賛成は2割調査結果サマリー6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳のうち、今夏に予定されている参議院選挙に「必ず行こうと思っている」人は26.9%、「行けたら行こうと思っている」人は33.3%でした。合計すると60.2%の人が選挙に行きたいと考えていることがわかりました。男女ともに「消費増税」に最も興味。女性は「

2016年3月19日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

プッシュ通知に関する実態調査

「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査 最も開封されやすい「プッシュ通知」とは?「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査4割以上が「大量のプッシュ通知が嫌でアプリを削除」調査結果サマリー4割以上が「大量のプッシュ通知が原因で、アプリを削除」した経験あり 頻繁な「プッシュ通知」が原因でアプリを削除した経験がある人は46.6%でした。年代別で見ると、50代が最も割合が高く、52.9%と半数以上の人に経験があるようです。開封されやすい「プッシュ通知

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン・アプリ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「スマートフォン・アプリ」についてふだんよく使うアプリの数、「10個以下」が8割以上。ニュースアプリの利用は、2人に1人。内閣府が2015年3月に実施した消費動向調査によると、スマートフォンの世帯普及率は60.6%。前年より5.9%上昇する結果となりました。一方、ベルメゾンデッセ会員のみなさんのスマホ所有率は64.1%。内閣府の調査よりもスマホ利用が進んでいることがわかります。今回の調査では、スマホ利用に欠かせない「アプリの

2016年2月23日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

「民泊」に関する意識調査

都民の関心高し!「民泊」に関する意識調査 戸建て居住者の3割が、周辺で「民泊」が増えたら、「引っ越し」を検討都民の関心高し!「民泊」に関する意識調査7割が、犯罪目的での利用を不安視調査結果サマリー「Airbnb(エアビーアンドビー)」の認知率は約40%アメリカ発祥の「民泊サービス」である「Airbnb(エアビーアンドビー)」について、「知っていて、その内容を他の人に説明できる」人は15.9%、「知っているが、その内容までは詳しく説明できない」人は24.3%で、合計すると40.2%の人が認知してい

2016年2月8日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度) スマホのセキュリティ対策で、「スクリーンロック」設定済みは、わずか約3割モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年1月度)男性の5人に1人は、スマホを他の人に見られないように肌身離さない調査結果サマリースマートフォンのセキュリティ対策として、「スクリーンロック」設定済みはわずか約3割スマートフォンのセキュリティ対策として「OSやアプリを最新版にアップデートしている」のは、スマホユーザーのうちの41.7%、「セキュリティソフト

2015年10月15日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

アプリとブラウザの利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 MMD研究所は、20~59歳のスマートフォンを所有する男女892人を対象に「アプリとブラウザの利用実態調査」を実施致しました。この調査では、下記のWebサービスおよ

2015年8月27日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

ニュースキュレーションアプリに関する実態調査

20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい! 過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」20代~30代に聞いた!ニュースキュレーションアプリのここが惜しい!広告とわかりやすくなったが、約70%が「ノイズに見える」調査結果サマリー6割以上が、過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」ニュースキュレーションアプリ利用経験者のうち、機能面の不満点として、65.0%の人が「過去記事が読めないことや、ストックできない点が残念」と感じていることがわかりました。また、「検索機能

2015年5月21日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント要登録

コンテンツ視聴に関する実態調査

好まれるコンテンツとは?コンテンツ視聴に関する実態調査 宣伝が一切ないと、コンテンツは最後まで読み、シェアされやすい好まれるコンテンツとは?コンテンツ視聴に関する実態調査10代の半数近くが、「スマートフォン」で主に閲覧調査結果サマリー宣伝が一切ないと、コンテンツは最後まで読み、シェアされやすい宣伝色の強さで5段階に分けたコンテンツの中から、最後まで読み切る可能性が高いコンテンツのタイプを選んでもらったところ、「興味深く、役に立つ内容で、商品やサービスなどの宣伝が一切ない」を選んだ人が最も多く、4

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

2014年12月21日東洋経済新報社フィードバック数:0モバイル

最新版!「スマホアプリ」人気ランキング スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

最新版!「スマホアプリ」人気ランキングスマニューが米市場でニュースアプリ首位に 東洋経済オンライン編集部ベテランから若手まで個性的な部員が揃う編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)。現在のスタッフはこちらを御覧ください。 スマホで流行っているアプリ、どれだけ知っていますか?(写真:naka / Imasia) 「アップ・エコノミー」は、iOSやAndroidの上で提供されるアプリが生み出した新たなビジネス領域を指すバズワード。スマホのアプリとデータセンタ

2014年11月26日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スマホでのニュース利用についてのデータです。

ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加

2014/11/26 [データ] ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人にニュース・キュレーションアプリのSmartNewsとグノシーは年初からの利用者が2倍以上に増加-「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人に- ニュース・キュレーションアプリのSmartNewsと

2014年11月18日FULLERフィードバック数:0モバイル

SmartNewsとGunosy、どっちが使われてる!?注目ニュースアプリのアクティブ率を比較してみた

100,000人のスマホアプリ利用状況がわかる「App Ape Analytics」 ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。 SmartNewsとGunosy、どっちが使われてる!?注目ニュースアプリのアクティブ率を比較してみた みなさん、毎日のニュースはどのように見ていますか?最近では、スマートフォンで見る人も増えてきたのではないでしょうか?実際、 スマートフォンの利用行動は「ニュース検索・閲覧」が最も多く約7割 という調査結果があるので、多くの人がスマートフォンでニ

2014年11月4日ICT総研★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリについての調査です。

2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査 ■ ニュースアプリの利用者は今年度末に2,242万人、2017年度末に4,435万人へ倍増。■ 利用率1位はYahoo!で31.7%、2位以下はグノシー、スマートニュース、LINEニュース。■ 利用者満足度1位はスマートニュースで77.7ポイント、グノシーは68.4ポイントにとどまる。■ ニュ

2014年10月23日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電要登録

電子書籍に関するアンケート

マンガを含む電子書籍の購入経験者のうち、男性は「小説」、女性は「マンガ」が2014年に最も購入したジャンル 電子書籍購入者の約3割が、最もよく利用するデバイスはタブレットマンガを含む電子書籍の購入経験者のうち、男性は「小説」、女性は「マンガ」が2014年に最も購入したジャンル月額制の利用率は2割、記事売りの利用率は15%超調査結果サマリー2014年に購入した電子書籍のジャンルで最も多いのは、男性が「小説」、女性は「マンガ」2014年に購入した電子書籍のジャンルとして最も多かったのは、男性は「小説

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査 ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか?インターネットコムと NTT リサーチでは「ニュースアプリ」に関する調査を行ってみた。 ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか? 新聞や TV などはもちろん、最近では自分の興味があるニュースだけをピックアップしまとめてくれるニュースの「キュレーションサービス」を使う人も増えているようだ。インターネットコムと NTT コム リサーチでは

2014年4月21日Gunosy★フィードバック数:0ビジネス

Gunosyの調査です。

ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査

[株式会社Gunosy] ,ビジネスパーソン ビジネススキル 情報収集 スマートフォン ニュースアプリ 雑談力

2014年4月10日リビジェン★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリの利用状況も調査しています。

記事広告についての意識・実態調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】読者にとっての記事と広告の境目とは? 記事広告についての意識・実態調査読者にとっての記事と広告の境目とは? 記事広告についての意識・実態調査ニュースアプリの認知度・利用率は「LINE NEWS」がともに首位スマートフォンを活用したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、アンケートアプリ「スマモニ」を利用している全国の10代〜30代の一般男女500人を対象に、「記事広告」についての調査

2014年3月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査(後編)

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」 マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターの約4 割は、動画プロモーションに興味あり調査結果サマリーマーケッターから最も支持が高いニュースアプリは「日本経済新聞電子版」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞

2013年11月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度) 10 代は1 日平均80 分間以上「SNS アプリ」を利用するモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。調査結果サマリー10代は1日平均80分間以上「SNSアプリ」を利用する10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。App Storeの値上げで、半数近くが既に利用中のアプリ課金にも消極的iPhoneユーザ

2013年11月4日リビジェンフィードバック数:0モバイル

「ニュースアプリ」についての調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】毎日、ニュースアプリで情報収集をしている人「42.9%」 1日あたり情報収集の時間は約7割が「10分未満」という結果にスマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代〜30代のiPhone端末を使用している一般男女636人を対象に、「ニュースアプリ」についての調査を実施しました。【調査背景】国内のスマートフォンの普及に伴い、アプリの需要が高まってい

2013年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年7月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年7月度) 10代は、「テレビ」よりも「スマートフォン」に長く接触モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年7月度)ニュースアプリ、約半数が「Yahoo!JAPAN」をほぼ毎日利用。「LINE NEWS」は10代から高い支持調査結果サマリー10代は、「テレビ」よりも「スマートフォン」に長く接触スマートフォン利用者の約半数がニュース閲覧アプリ「Yahoo!JAPAN」をほぼ毎日利用旅行情報サイトの認知度は「じゃらん」、利用率は「楽天トラベ

2012年8月23日ジャストシステムフィードバック数:39モバイル

ソーシャルゲームに関する利用状況調査

課金ユーザーの約6割がお金を「無駄に使ってしまった」と反省・後悔ソーシャルゲームに関する利用状況調査コンプガチャ規制後は、課金経験のあるユーザーの31.9%が使用金額減少調査結果サマリー「有料アイテム購入などの課金経験がある」ソーシャルゲーム利用者は48.5%セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、ソーシャルゲーム利用者に対して、有料アイテムを購入するなどの課金経験の有無をたずねたところ、48.5%が「ある」と答えました。最もお金を使っている項目では、1位「アバター関連のファッションアイテ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ