調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニュースアプリ

「ニュースアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年5月8日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に お知らせ2019年4月23日NTTレゾナント株式会社スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に

2018年11月12日アクトインディ★フィードバック数:0マーケティング

新聞に関するアンケート

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は親子の成長、夢の育みを応援します!3分の2、新聞購読せず 「ニュースアプリで充分」、「お金がかかる」から ~新聞週間を前に全国の子育て層に調査~アクトインディ株式会社(本社:東京都品川区 代表:下元敬道)が企画運営する、国内最大級の子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net )は、10月15日からの「新聞週間」を前に12歳以下の子どもを持つ全国の保護者366名を対象にした「新聞に関するアンケート」を実施しました。【総括】

2018年6月6日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年4月度)スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味Facebook利用者の約4割が、新しい「顔認証機能」を認知調査結果サマリースマホ利用者の約半数が「ワイヤレス充電器」に興味ありスマートフォン利用者のうち、ケーブルで接続することなく充電が可能な「ワイヤレス充電器」を「所有している」という人は12.1%でした。また、「所有していないが興味はある」が49.8%、「所有していないし興味も

2017年8月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年7月度)

再配達問題で、過半数が「配達員にねぎらいの声がけ」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年7月度)再配達問題で、過半数が「配達員にねぎらいの声がけ」約8割が「配送で不満に思った」経験あり調査結果サマリー再配達問題の報道以降、過半数が「配達員にねぎらいの声をかけるようになった」ECの再配達問題をはじめとする物流業者の負担増に関する報道以降、59.2%の人が「日時指定をして、その時間帯は在宅するようになった」や、54.6%の人が「配達員に『おつかれさまです』などと声がけするようになった」

2017年3月14日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)

10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」~全年代で、「ニュースの収集は新聞よりも、スマートフォン」~調査結果サマリー10代のスマートフォン利用者のうち、7割は「SNS上の投稿やニュース」から情報収集スマートフォンでニュースなどの情報収集をする際に最も利用するのは「インターネット」(74.8%)、次に「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外

2016年3月19日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

プッシュ通知に関する実態調査

「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査 最も開封されやすい「プッシュ通知」とは?「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査4割以上が「大量のプッシュ通知が嫌でアプリを削除」調査結果サマリー4割以上が「大量のプッシュ通知が原因で、アプリを削除」した経験あり 頻繁な「プッシュ通知」が原因でアプリを削除した経験がある人は46.6%でした。年代別で見ると、50代が最も割合が高く、52.9%と半数以上の人に経験があるようです。開封されやすい「プッシュ通知

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン・アプリ」について

「スマートフォン・アプリ」についてニュースアプリの利用は、2人に1人。 ふだんよく使うアプリの数、「10個以下」が8割以上。ニュースアプリの利用は、2人に1人。内閣府が2015年3月に実施した消費動向調査によると、スマートフォンの世帯普及率は60.6%。前年より5.9%上昇する結果となりました。一方、ベルメゾンデッセ会員のみなさんのスマホ所有率は64.1%。内閣府の調査よりもスマホ利用が進んでいることがわかります。今回の調査では、スマホ利用に欠かせない「アプリの利用実態」を中心にお聞きしました。

2015年12月11日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

子育て世代に聞く!レジャー実態調査

日帰りレジャーを楽しむ20代ママの半数が、「頻繁にLINE投稿」子育て世代に聞く!レジャー実態調査男性に最も利用されている電子チケットは「飛行機」調査結果サマリー日帰りレジャーを楽しむ20代ママの半数が、「頻繁にLINE投稿」月1回以上日帰りレジャーに行く人のうち、26.7%の人が、レジャー後「LINEに頻繁に投稿する」と回答しました。性別、年代別に見ると20代ママが54.5%と最も高く、他の世代に比べてLINEでレジャーの内容や感想を共有する傾向が強いことがわかりました。男性に最も利用されてい

2015年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

10代~30代の女性に聞いた!フリマアプリ利用実態調査

「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用 10代〜30代の女性に聞いた!フリマアプリ利用実態調査「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用30代出品者の4人に1人は、月1万円以上を販売調査結果サマリー「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用現在、利用中のフリマアプリとして回答した人が最も多かったのは「メルカリ」(88.6%)で、次いで「Fril」(30.0%)、「LINE MALL」(18.9%)でした。また、利用目的別に聞いた場合でも、購入を

2015年10月15日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

アプリとブラウザの利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 MMD研究所は、20~59歳のスマートフォンを所有する男女892人を対象に「アプリとブラウザの利用実態調査」を実施致しました。この調査では、下記のWebサービスおよ

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

2015年2月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年1月度)

スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年1月度)スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍にニュースキュレーションアプリで最も満足度が高いのは、「NewsPicks」調査結果サマリースマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍にネットショッピングに最もよく使う機器として「スマートフォン」と回答した人の割合は10.8%でした。2014年6月調査時の7.4%から1.46倍に増えました。※1 

2014年12月21日東洋経済新報社フィードバック数:0モバイル

最新版!「スマホアプリ」人気ランキング スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

最新版!「スマホアプリ」人気ランキングスマニューが米市場でニュースアプリ首位に スマホで流行っているアプリ、どれだけ知っていますか?(写真:naka / Imasia) 「アップ・エコノミー」は、iOSやAndroidの上で提供されるアプリが生み出した新たなビジネス領域を指すバズワード。スマホのアプリとデータセンターに置かれたサーバーを通信させることにより、さまざまなサービスを実現する、というものだ。「WhatsApp」「LINE」などのコミュニケーションアプリ、タクシー配車の「Uber」、

2014年11月26日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スマホでのニュース利用についてのデータです。

ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加

2014/11/26 [データ] ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人にニュース・キュレーションアプリのSmartNewsとグノシーは年初からの利用者が2倍以上に増加-「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人に- ニュース・キュレーションアプリのSmartNewsと

2014年11月4日ICT総研★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリについての調査です。

2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査 ■ ニュースアプリの利用者は今年度末に2,242万人、2017年度末に4,435万人へ倍増。■ 利用率1位はYahoo!で31.7%、2位以下はグノシー、スマートニュース、LINEニュース。■ 利用者満足度1位はスマートニュースで77.7ポイント、グノシーは68.4ポイントにとどまる。■ ニュ

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査 ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか?インターネットコムと NTT リサーチでは「ニュースアプリ」に関する調査を行ってみた。 ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか? 新聞や TV などはもちろん、最近では自分の興味があるニュースだけをピックアップしまとめてくれるニュースの「キュレーションサービス」を使う人も増えているようだ。インターネットコムと NTT コム リサーチでは

2014年4月21日Gunosy★フィードバック数:0ビジネス

Gunosyの調査です。

ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査

[株式会社Gunosy] ,ビジネスパーソン ビジネススキル 情報収集 スマートフォン ニュースアプリ 雑談力

2014年3月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査(後編)

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」 マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターの約4 割は、動画プロモーションに興味あり調査結果サマリーマーケッターから最も支持が高いニュースアプリは「日本経済新聞電子版」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞

2013年12月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度) 1日の平均プレイ時間No.1のスマホゲームは「魔法使いと黒猫のウィズ」モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度)クリスマスプレゼントをスマホで購入予定の人は、20代女性でも2割に届かず調査結果サマリー1日の平均プレイ時間No.1のスマホゲームは「魔法使いと黒猫のウィズ」クリスマスプレゼントをスマホで購入予定の人は、20代女性でも2割に届かず来年の年賀状、10代の2割は「LINEで連絡」iPhone利用率、2012

2013年6月19日ジャストシステムフィードバック数:3ライフスタイル要登録

コンビニのカウンターフーズに関する調査

3人に1人が、買うつもりがなかったのに、レジで並んでいる間につい買いたくなるコンビニのカウンターフーズに関する調査約4割がカウンターフーズを「夕食のおかず」として購入したことがあると回答調査結果サマリー買うつもりのないカウンターフーズを、3人に1人がレジ待ち中につい買いたくなるセルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、購入する予定がなかったカウンターフーズを衝動買いしたことがある人に、きっかけを聞いたところ、「レジに並んでいて目に入った」からをよくある理由として挙げる人が29.8 %いました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ