調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニュースアプリ

「ニュースアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年5月度)

6割以上のスマホ利用者が、「毎日利用するアプリは5個以下」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年5月度)6割以上のスマホ利用者が、「毎日利用するアプリは5個以下」Instagtamの「ストーリー」投稿経験者の7割以上が、週に1回以上投稿調査結果サマリー6割以上のスマホ利用者が、「毎日利用するアプリは5個以下」スマートフォン利用者に、インストールしているアプリのうち、毎日利用しているアプリの個数を聞いたところ、「1個」(5.0%)、「2個」(10.2%)、「3個」(17.7%)、「

2017年3月14日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)

10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」~全年代で、「ニュースの収集は新聞よりも、スマートフォン」~調査結果サマリー10代のスマートフォン利用者のうち、7割は「SNS上の投稿やニュース」から情報収集スマートフォンでニュースなどの情報収集をする際に最も利用するのは「インターネット」(74.8%)、次に「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外

2016年5月17日ジャストシステム★フィードバック数:0社会/政治

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査

18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査 6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳の1,000名に聞いた!選挙に関する実態調査約半数が「消費増税」に反対。賛成は2割調査結果サマリー6割以上が「次の選挙に行こうと思う」18、19歳のうち、今夏に予定されている参議院選挙に「必ず行こうと思っている」人は26.9%、「行けたら行こうと思っている」人は33.3%でした。合計すると60.2%の人が選挙に行きたいと考えていることがわかりました。男女ともに「消費増税」に最も興味。女性は「

2016年3月19日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

プッシュ通知に関する実態調査

「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査 最も開封されやすい「プッシュ通知」とは?「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査4割以上が「大量のプッシュ通知が嫌でアプリを削除」調査結果サマリー4割以上が「大量のプッシュ通知が原因で、アプリを削除」した経験あり 頻繁な「プッシュ通知」が原因でアプリを削除した経験がある人は46.6%でした。年代別で見ると、50代が最も割合が高く、52.9%と半数以上の人に経験があるようです。開封されやすい「プッシュ通知

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン・アプリ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「スマートフォン・アプリ」についてふだんよく使うアプリの数、「10個以下」が8割以上。ニュースアプリの利用は、2人に1人。内閣府が2015年3月に実施した消費動向調査によると、スマートフォンの世帯普及率は60.6%。前年より5.9%上昇する結果となりました。一方、ベルメゾンデッセ会員のみなさんのスマホ所有率は64.1%。内閣府の調査よりもスマホ利用が進んでいることがわかります。今回の調査では、スマホ利用に欠かせない「アプリの

2015年10月15日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

アプリとブラウザの利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 MMD研究所は、20~59歳のスマートフォンを所有する男女892人を対象に「アプリとブラウザの利用実態調査」を実施致しました。この調査では、下記のWebサービスおよ

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

2014年12月21日東洋経済新報社フィードバック数:0モバイル

最新版!「スマホアプリ」人気ランキング スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

最新版!「スマホアプリ」人気ランキングスマニューが米市場でニュースアプリ首位に 東洋経済オンライン編集部ベテランから若手まで個性的な部員が揃う編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)。現在のスタッフはこちらを御覧ください。 スマホで流行っているアプリ、どれだけ知っていますか?(写真:naka / Imasia) 「アップ・エコノミー」は、iOSやAndroidの上で提供されるアプリが生み出した新たなビジネス領域を指すバズワード。スマホのアプリとデータセンタ

2014年11月27日ジャストシステムフィードバック数:0キャリアとスキル要登録

子どもの英語教育に関するアンケート

2,000人の母親に聞く!自分の子どもは東京オリンピック開催時に英語を話せているか? 7割の子どもが、小学校就学前から英語教育を開始2,000人の母親に聞く!自分の子どもは東京オリンピック開催時に英語を話せているか?英語力の高い母親は、英語教育にかける費用も高く、4人に1人が月額1万円以上調査結果サマリー東京オリンピック時、約半数の母親が「自分の子どもは、外国人と英語で会話できる」現在、または今後の英語教育によって、2020年の東京オリンピック時に、母親が自分の子どもに身についているだろうと思う

2014年11月26日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スマホでのニュース利用についてのデータです。

ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加

2014/11/26 [データ] ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人にニュース・キュレーションアプリのSmartNewsとグノシーは年初からの利用者が2倍以上に増加-「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人に- ニュース・キュレーションアプリのSmartNewsと

2014年11月18日FULLERフィードバック数:0モバイル

SmartNewsとGunosy、どっちが使われてる!?注目ニュースアプリのアクティブ率を比較してみた

新しいApp Ape デビュー、効率の良いアプリ分析を美しいダッシュボードで ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。 SmartNewsとGunosy、どっちが使われてる!?注目ニュースアプリのアクティブ率を比較してみた みなさん、毎日のニュースはどのように見ていますか?最近では、スマートフォンで見る人も増えてきたのではないでしょうか?実際、 スマートフォンの利用行動は「ニュース検索・閲覧」が最も多く約7割 という調査結果があるので、多くの人がスマートフォンでニュースを

2014年11月4日ICT総研★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリについての調査です。

2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査 ■ ニュースアプリの利用者は今年度末に2,242万人、2017年度末に4,435万人へ倍増。■ 利用率1位はYahoo!で31.7%、2位以下はグノシー、スマートニュース、LINEニュース。■ 利用者満足度1位はスマートニュースで77.7ポイント、グノシーは68.4ポイントにとどまる。■ ニュ

2014年9月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

ニュースキュレーションアプリに関するアンケート

1年後も使ってそうな新興系ニュースキュレーションアプリはどれ? 印象に残ったニュースキュレーションアプリのCM1位は「Gunosy」、2位が「SmartNews」1年後も使ってそうな新興系ニュースキュレーションアプリはどれ?最も閲覧しやすく、デザインもよいのは「SmartNews」調査結果サマリー6割以上が、1年後も使ってそうなニュースキュレーションアプリは「SmartNews」「Gunosy」「Antenna」「SmartNews」について、それぞれの利用者に1年後もそのニュースキュレーション

2014年7月24日nanapi★フィードバック数:0モバイル

ソーシャルメディアにフォーカスしています。

スマートフォンでのコミュニケーションに関する意識調査

NEWAdvertisement17.08.08UXにこだわったAd Generationの動画リワード広告がさらにパワ…NEWInterview17.08.07niconicoアプリの収益性UP!ドワンゴ流Ad Generationの使いこ…NEWAdvertisement17.08.04[広告運用者必見]CPA平均35%改善、運用工数約4分の1へと大…NEWSupership17.08.03検索ソリューション「S4」は何がすごいの?サイト内検索に必…Advertisement17.08.02

2014年7月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

スマートフォン広告に関する調査

今、話題のネイティブ広告は、「騙された気分になる」 スマホユーザーに受け入れられやすいのは、画面下部の「定番広告」今、話題のネイティブ広告は、「騙された気分になる」広告のミスクリックを誘導していると感じた場合、約2割がそのアプリを削除調査結果サマリー今、話題のネイティブ広告は「騙された気分になる」ネイティブ広告のクリック経験があるユーザーに、ネイティブ広告は騙された気分になるかを聞いたところ、46.9%が「あてはまる」、30.4%が「ややあてはまる」と回答し、約8割のユーザーが騙された気分になっ

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査 ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか?インターネットコムと NTT リサーチでは「ニュースアプリ」に関する調査を行ってみた。 ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか? 新聞や TV などはもちろん、最近では自分の興味があるニュースだけをピックアップしまとめてくれるニュースの「キュレーションサービス」を使う人も増えているようだ。インターネットコムと NTT コム リサーチでは

2014年4月21日Gunosy★フィードバック数:0ビジネス

Gunosyの調査です。

ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査

[株式会社Gunosy] ,ビジネスパーソン ビジネススキル 情報収集 スマートフォン ニュースアプリ 雑談力

2014年4月10日リビジェン★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリの利用状況も調査しています。

記事広告についての意識・実態調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】読者にとっての記事と広告の境目とは? 記事広告についての意識・実態調査読者にとっての記事と広告の境目とは? 記事広告についての意識・実態調査ニュースアプリの認知度・利用率は「LINE NEWS」がともに首位スマートフォンを活用したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、アンケートアプリ「スマモニ」を利用している全国の10代〜30代の一般男女500人を対象に、「記事広告」についての調査

2014年3月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査(後編)

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」 マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターの約4 割は、動画プロモーションに興味あり調査結果サマリーマーケッターから最も支持が高いニュースアプリは「日本経済新聞電子版」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞

2013年11月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度) 10 代は1 日平均80 分間以上「SNS アプリ」を利用するモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。調査結果サマリー10代は1日平均80分間以上「SNSアプリ」を利用する10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。App Storeの値上げで、半数近くが既に利用中のアプリ課金にも消極的iPhoneユーザ

2013年11月4日リビジェンフィードバック数:0モバイル

「ニュースアプリ」についての調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】毎日、ニュースアプリで情報収集をしている人「42.9%」 1日あたり情報収集の時間は約7割が「10分未満」という結果にスマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代〜30代のiPhone端末を使用している一般男女636人を対象に、「ニュースアプリ」についての調査を実施しました。【調査背景】国内のスマートフォンの普及に伴い、アプリの需要が高まってい

2013年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年7月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年7月度) 10代は、「テレビ」よりも「スマートフォン」に長く接触モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年7月度)ニュースアプリ、約半数が「Yahoo!JAPAN」をほぼ毎日利用。「LINE NEWS」は10代から高い支持調査結果サマリー10代は、「テレビ」よりも「スマートフォン」に長く接触スマートフォン利用者の約半数がニュース閲覧アプリ「Yahoo!JAPAN」をほぼ毎日利用旅行情報サイトの認知度は「じゃらん」、利用率は「楽天トラベ

2013年3月14日ジャストシステムフィードバック数:3マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年2月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年2月度) 「クックパッド」は、男性の4人に1人が利用中モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年2月度)タブレット購入検討者の6割が、「iPad mini」の購入を検討調査結果サマリー7インチタブレットへの購入意向が高まる。購入検討者の6割が「iPad mini」を検討中「Windows 8」の利用者は7.5%。3割はまだ「Windows XP」を利用中最も使われているWindows向けブラウザは「Internet Explorer

2012年9月25日ジャストシステムフィードバック数:6モバイル

“SNS化後”のLINE利用者実態調査

LINEのSNS化に対する利用者の意外な本音が明らかに“SNS化後”のLINE利用者実態調査現時点では、6割以上のLINE利用者が、既存機能を中心に利用調査結果サマリー現時点では、既存機能を中心に利用するユーザーが6割以上セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、LINEが続々とリリースしている新機能の認知度や利用経験・頻度を聞いたところ、自分の活動状況の投稿や友だちの近況の確認を行える「ホーム」「タイムライン」の閲覧は、現時点では、ともにLINE利用者の6割以上が使っていない状況で(「利用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ