調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニュースアプリ

「ニュースアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月14日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)

10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年2月度)10代スマホユーザーの7割は、「SNS上の投稿やニュースから情報収集」~全年代で、「ニュースの収集は新聞よりも、スマートフォン」~調査結果サマリー10代のスマートフォン利用者のうち、7割は「SNS上の投稿やニュース」から情報収集スマートフォンでニュースなどの情報収集をする際に最も利用するのは「インターネット」(74.8%)、次に「ニュースアプリ(新聞社やテレビ局以外

2016年12月1日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】

約3割が「将来、AIが病気を診断するようになる」と予想 人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】約3割が「将来、AIが病気を診断するようになる」と予想AIの診断を支持する理由は、1位「待ち時間」、2位「診断の納得感」調査結果サマリー約3割が、「将来、AIが診断をするようになる」と予想将来的に、医療現場でのAI活用がどの程度実現するかについて、「すべての診断業務が医師ではなく、AIに置きかわる」と予想する人は4.9%、「すべてとは言わないが、医師ではなく、AIが診断するようになる」

2016年10月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

消える系SNS利用実態調査

話題の“エフェメラルSNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く 「消える系SNS」の利用に関する実態調査話題の“エフェメラルSNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く 「Snapchat」利用者の約3割が「Instagram Stories」に乗り換え検討調査結果サマリー話題の“エフェメラルSNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く前回調査(2016年3月調査)では、エフェメラルSNSの利用率1位は「Snapchat」でしたが、今回実施

2016年6月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ECでの上手な買い方調査

カートがブックマーク代わり!『ECでの上手な買い方調査』 お得に買うために、約4割が「ポイント優待サイトを経由」カートがブックマーク代わり!『ECでの上手な買い方調査』3人中2人が、「送料が高いと、購入中止や再考」調査結果サマリーお得に買うために、約4割が「ポイント優待サイトを経由」ECサイトでお得に購入するための工夫として、「ポイント優待サイトを経由して購入している」人が最も多く(37.0%)、続いて、「価格比較サイトで、最安値のショップから購入する」(32.8%)、「割引クーポンを確認して、

2016年5月24日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税アンケート調査

魅力は返礼品だけではない!『ふるさと納税アンケート調査』 「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が認知魅力は返礼品だけではない!『ふるさと納税アンケート調査』ふるさと納税で最も困ったのは、「確定申告の面倒な手続き」調査結果サマリー「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が「ふるさと納税」を認知ふるさと納税について、「行ったことがある」人は12.1%、「知ってはいるが、行ったことはない」人は72.0%で、84.1%の人が認知していました。認知したきっかけは、「テレビの情報

2016年5月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

『ネットショッピング実態調査』【配送編】

ECにおける商品受取ロッカーの希望設置場所は、1位「コンビニ」、2位「駅」 『ネットショッピング実態調査』【配送編】ECにおける商品受取ロッカーの希望設置場所は、1位「コンビニ」、2位「駅」ECサイトで購入した3人に1人が、注文品を店頭で受け取った経験あり調査結果サマリー商品受取専用ロッカーの希望設置場所は、1位「コンビニ」、2位「駅」、3位「スーパー」直近1年以内にECサイトで買い物をした人のうち、楽天BOXやはこぽすなど、注文した商品の受取専用ロッカーを「利用したことがある」人は7.5%、「

2016年5月3日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

アドブロッカーアプリに関する利用実態調査

アドブロッカーアプリ認知者の3割以上が「利用中」。非利用者の約半数が「興味あり」 アドブロッカーアプリに関する利用実態調査アドブロッカーアプリ認知者の3割以上が「利用中」。非利用者の約半数が「興味あり」認知者の約7割が「ホワイトリストによる広告表示に否定的」調査結果サマリー認知者の3割以上が「利用中」。非利用者の約半数が「興味あり」「アドブロッカーアプリ」認知者のうち、「現在利用している」人は33.3%でした。「利用を検討している」人は17.0%、「興味はある」人は29.6%で、認知者の46.6

2016年3月31日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】

2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍にスマホ利用後、最も接触頻度が変わったのは「雑誌」。4割以上が「減った」調査結果サマリー2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に「フリマアプリ」の利用率は2014年から2015年にかけて大幅に伸びました。特に20代女性の利用増が顕著

2016年3月19日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

プッシュ通知に関する実態調査

「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査 最も開封されやすい「プッシュ通知」とは?「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査4割以上が「大量のプッシュ通知が嫌でアプリを削除」調査結果サマリー4割以上が「大量のプッシュ通知が原因で、アプリを削除」した経験あり 頻繁な「プッシュ通知」が原因でアプリを削除した経験がある人は46.6%でした。年代別で見ると、50代が最も割合が高く、52.9%と半数以上の人に経験があるようです。開封されやすい「プッシュ通知

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン・アプリ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「スマートフォン・アプリ」についてふだんよく使うアプリの数、「10個以下」が8割以上。ニュースアプリの利用は、2人に1人。内閣府が2015年3月に実施した消費動向調査によると、スマートフォンの世帯普及率は60.6%。前年より5.9%上昇する結果となりました。一方、ベルメゾンデッセ会員のみなさんのスマホ所有率は64.1%。内閣府の調査よりもスマホ利用が進んでいることがわかります。今回の調査では、スマホ利用に欠かせない「アプリの

2016年2月23日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

「民泊」に関する意識調査

都民の関心高し!「民泊」に関する意識調査 戸建て居住者の3割が、周辺で「民泊」が増えたら、「引っ越し」を検討都民の関心高し!「民泊」に関する意識調査7割が、犯罪目的での利用を不安視調査結果サマリー「Airbnb(エアビーアンドビー)」の認知率は約40%アメリカ発祥の「民泊サービス」である「Airbnb(エアビーアンドビー)」について、「知っていて、その内容を他の人に説明できる」人は15.9%、「知っているが、その内容までは詳しく説明できない」人は24.3%で、合計すると40.2%の人が認知してい

2015年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

10代~30代の女性に聞いた!フリマアプリ利用実態調査

「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用 10代〜30代の女性に聞いた!フリマアプリ利用実態調査「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用30代出品者の4人に1人は、月1万円以上を販売調査結果サマリー「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用現在、利用中のフリマアプリとして回答した人が最も多かったのは「メルカリ」(88.6%)で、次いで「Fril」(30.0%)、「LINE MALL」(18.9%)でした。また、利用目的別に聞いた場合でも、購入を

2015年10月15日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

アプリとブラウザの利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 PCブラウザ、スマートフォンアプリは男性、スマートフォンブラウザは女性の利用が多い傾向 MMD研究所は、20~59歳のスマートフォンを所有する男女892人を対象に「アプリとブラウザの利用実態調査」を実施致しました。この調査では、下記のWebサービスおよ

2015年5月21日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント要登録

コンテンツ視聴に関する実態調査

好まれるコンテンツとは?コンテンツ視聴に関する実態調査 宣伝が一切ないと、コンテンツは最後まで読み、シェアされやすい好まれるコンテンツとは?コンテンツ視聴に関する実態調査10代の半数近くが、「スマートフォン」で主に閲覧調査結果サマリー宣伝が一切ないと、コンテンツは最後まで読み、シェアされやすい宣伝色の強さで5段階に分けたコンテンツの中から、最後まで読み切る可能性が高いコンテンツのタイプを選んでもらったところ、「興味深く、役に立つ内容で、商品やサービスなどの宣伝が一切ない」を選んだ人が最も多く、4

2015年4月21日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル要登録

“おにぎらず”に関するアンケート調査

“おにぎらず”の認知度は約7割。20代女性の5人に1人が食べた経験あり“おにぎらず”に関するアンケート調査人気の具材は、3位「鶏の唐揚げ」、2位「焼き肉」、1位は?調査結果サマリー“おにぎらず”の認知度は約7割。20代女性の5人に1人が食べた経験あり握らないおにぎりである“おにぎらず”を、15.7%が「知っていて、食べたことがある」、51.4%が「知っていたが、食べたことはない」と回答し、約7割の人が認知していることがわかりました。世代別に見ると、認知度は、20代が66.3%、30代は67.2%

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

2015年1月28日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

年末年始のスマホ利用実態調査(2015年度)[後編]

年末年始のスマートフォン利用に関するアンケート【後編】 アプリを新たにインストールしたスマホユーザーは、3割に満たず年末年始のスマートフォン利用に関するアンケート【後編】この時期、3人に1人が、総額1万円以上をスマホ経由で購入調査結果サマリー年末年始に、アプリを新たにインストールしたスマホユーザーは、3割に満たず年末年始(2014年12月30日~2015年1月5日)に、インストールしたスマートフォンアプリの数を聞いたところ、72.0%の人が「新しくインストールはしていない」と回答しました。インス

2015年1月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

ソーシャルギフトに関するアンケート

ソーシャルギフトをもらった女性の3割が“Facebookで拡散”ソーシャルギフトに関するアンケートソーシャルギフト利用者の27.7%が、「SNS上だけの友人」に贈った経験あり株式会社ジャストシステムは、2015年1月13日(火)~1月14日(水)まで、「ソーシャルギフトに関するアンケート」を実施いたしました。詳細をまとめた全37ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。調査概要実施期間:2015年1月13日~1月14日調査対象:576サンプル調査方法 :セルフ型ネットリサーチ Fas

2014年12月21日東洋経済新報社フィードバック数:0モバイル

最新版!「スマホアプリ」人気ランキング スマニューが米市場でニュースアプリ首位に

最新版!「スマホアプリ」人気ランキングスマニューが米市場でニュースアプリ首位に スマホで流行っているアプリ、どれだけ知っていますか?(写真:naka / Imasia) 「アップ・エコノミー」は、iOSやAndroidの上で提供されるアプリが生み出した新たなビジネス領域を指すバズワード。スマホのアプリとデータセンターに置かれたサーバーを通信させることにより、さまざまなサービスを実現する、というものだ。「WhatsApp」「LINE」などのコミュニケーションアプリ、タクシー配車の「Uber」、

2014年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

格安スマホ関するアンケート

20代は、1割が夏までに格安スマホを「購入予定」 、2割が「購入検討中」格安スマホに関するアンケート格安スマホの月額利用料金は、半数が「安いが、格安というほどではない」調査結果サマリー20代は、1割が夏までに格安スマホを「購入予定」、2割が「購入検討中」格安スマホについて、20代の9.6%が「2015年夏までに購入予定(乗り換えや買い増しを含む)」、18.4%が「時期は未定だが、購入を検討中」と回答しました。20代は28.0%と3割近くが購入意向を持っていることがわかりました。格安スマホの月額利

2014年11月26日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スマホでのニュース利用についてのデータです。

ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加

2014/11/26 [データ] ニュース・キュレーションアプリ TOP3は年初からの利用者が2倍以上に増加「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人にニュース・キュレーションアプリのSmartNewsとグノシーは年初からの利用者が2倍以上に増加-「ニュースと情報」サービスのスマートフォンからの利用者は、今年6月にPCの利用者を逆転し10月の時点で3,900万人に- ニュース・キュレーションアプリのSmartNewsと

2014年11月18日FULLERフィードバック数:0モバイル

SmartNewsとGunosy、どっちが使われてる!?注目ニュースアプリのアクティブ率を比較してみた

100,000人のスマホアプリ利用状況がわかる「App Ape Analytics」 ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。 SmartNewsとGunosy、どっちが使われてる!?注目ニュースアプリのアクティブ率を比較してみた みなさん、毎日のニュースはどのように見ていますか?最近では、スマートフォンで見る人も増えてきたのではないでしょうか?実際、 スマートフォンの利用行動は「ニュース検索・閲覧」が最も多く約7割 という調査結果があるので、多くの人がスマートフォンでニ

2014年11月5日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

LINE クリエイターズスタンプに関する調査

クリエイターズスタンプに興味のあるユーザーの6割以上が「制作代行サービスを利用してでも、作ってみたい」LINE クリエイター ズスタンプに関する調査LINE ユーザーの4 人に1 人が、クリエイターズスタンプの購入経験あり調査結果サマリーLINEユーザーの4人に1人が、クリエイターズスタンプの購入経験ありLINEユーザーのうち、LINEクリエイターズスタンプについて「購入経験がある」人は26.8%、「知っているが、購入した経験はない」人は42.8%でした。クリエイターズスタンプの認知度は69.6

2014年11月4日ICT総研★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリについての調査です。

2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査2014年度 モバイルニュースアプリ利用動向調査 ■ ニュースアプリの利用者は今年度末に2,242万人、2017年度末に4,435万人へ倍増。■ 利用率1位はYahoo!で31.7%、2位以下はグノシー、スマートニュース、LINEニュース。■ 利用者満足度1位はスマートニュースで77.7ポイント、グノシーは68.4ポイントにとどまる。■ ニュ

ニュースアプリの利用者は1割弱、各サービスの利用者も調査

ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか?インターネットコムと NTT リサーチでは「ニュースアプリ」に関する調査を行ってみた。インターネットコム編集部2014/06/20 06:001112ニュースを仕入れる際、ユーザーはどのような手段を使っているのだろうか? 新聞や TV などはもちろん、最近では自分の興味があるニュースだけをピックアップしまとめてくれるニュースの「キュレーションサービス」を使う人も増えているようだ。インターネットコムと NTT コム リサーチでは

2014年4月21日Gunosy★フィードバック数:0ビジネス

Gunosyの調査です。

ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査

[株式会社Gunosy] ,ビジネスパーソン ビジネススキル 情報収集 スマートフォン ニュースアプリ 雑談力

2014年4月10日リビジェン★フィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリの利用状況も調査しています。

記事広告についての意識・実態調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】読者にとっての記事と広告の境目とは? 記事広告についての意識・実態調査読者にとっての記事と広告の境目とは? 記事広告についての意識・実態調査ニュースアプリの認知度・利用率は「LINE NEWS」がともに首位スマートフォンを活用したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、アンケートアプリ「スマモニ」を利用している全国の10代〜30代の一般男女500人を対象に、「記事広告」についての調査

2014年3月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

マーケティングトレンドに関する調査(後編)

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」 マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」マーケッターの約4 割は、動画プロモーションに興味あり調査結果サマリーマーケッターから最も支持が高いニュースアプリは「日本経済新聞電子版」セルフ型ネットリサーチのFastaskにおいて、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞

2014年2月24日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

消費税に関する調査

消費増税による支出控え、「それほどではない」が約7割 増税で支出を控えるのは1位「外食」、2位「洋服・ファッション」消費増税による支出控え、「それほどではない」が約7割約半数の人が、消費税8%に慣れるのに「半年を必要としない」調査結果サマリー約7割の人は、消費増税後も、それほど支出控えをしないセルフ型ネットリサーチのFastaskの調査において、消費増税による支出控えについて聞いたところ、「支出は控えようと意識はするがそれほどではない」が65.4%、次いで「あまり支出を控えようとは思わない」が1

2013年11月4日リビジェンフィードバック数:0モバイル

「ニュースアプリ」についての調査

お知らせ - プレスリリース【調査リリース】毎日、ニュースアプリで情報収集をしている人「42.9%」 1日あたり情報収集の時間は約7割が「10分未満」という結果にスマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代〜30代のiPhone端末を使用している一般男女636人を対象に、「ニュースアプリ」についての調査を実施しました。【調査背景】国内のスマートフォンの普及に伴い、アプリの需要が高まってい

2013年9月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

無料サンプル/無料体験に関する調査

「無料サンプル」や「無料体験」は商品購入にどのくらいつながるのか?無料サンプル/無料体験に関する調査女性2,000名に対し、化粧品/健康食品/ダイエット食品/エステ、計4分野で調査調査結果サマリー無料サンプル利用後に、商品情報を詳しく調べるのは「ダイエット食品」セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて調査を行ったところ、無料サンプルや無料体験を利用したあとの行動で最も多かったのは、「無料サンプルのメーカーのWeb サイトで商品情報を詳しく調べた」で、「あてはまる」「ややあてはまる」を合計する

2013年9月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年8月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年8月度) スマホコマース、各社の認知度・利用率は、ほぼ横並びモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年8月度)「Facebook」利用率、男性は熟年層で増加するも10代では減少調査結果サマリー10代の7割近くがスマートフォンからネットを利用「Facebook」利用率、男性は熟年層で増加するも10代では減少動画配信サービスは、「iTunes」「Google Play」の利用率・利用意向が上昇スマホコマース、各社の認知度・利用率は、ほぼ横

2013年6月20日ジャストシステムフィードバック数:13モバイル要登録

大学生のLINE利用実態調査

LINE にハマる現役大学生、約3 割は1 日1 時間以上利用大学生のLINE利用実態調査既読がプレッシャー?半数近くがトーク利用で「LINE 疲れ」を感じる株式会社ジャストシステムはスクリーニング調査において、スマートフォンでLINEを利用していると回答した大学生(18~23歳)の男女750 名を対象に『大学生のLINE利用実態調査』を実施しました。詳細をまとめた全24ページの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。調査概要実施期間:2013年6月13日(木)~6月17日(月)調査対象:

2013年5月15日ジャストシステムフィードバック数:5マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年4月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年4月度) スマートフォン利用率の伸びが停滞、4か月連続して42~43%台で横ばいモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年4月度)無料通話アプリは、「LINE」が他のサービスを大きく上回る調査結果サマリースマートフォン利用率の伸びが停滞し、4か月連続して42~43%台で横ばい無料通話アプリは、「LINE」が他のサービスを大きく上回る約6割が、3Dプリンタを認知。価格が5万円以下なら、関心層の過半数は購入に前向き株式会社ジャストシステム

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ