調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ニールセン

「ニールセン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」と42%の企業が回答。~ビデオリサーチインタラクティブとニールセン デジタル 共同での企業向け調査結果を発表~

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」と42%の企業が回答。〜ビデオリサーチインタラクティブとニールセン デジタル 共同での企業向け調査結果を発表〜  株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤(えんどう) 敏之(としゆき))とニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長:宮本(みやもと) 淳(じゅん))は共同で、2017年12月に広告主企業と広告代理店に勤めるデジタル広告の担当者を対象に、ブランディング目的*1でのデジタル広告出稿

2017年3月15日ferret★フィードバック数:0マーケティング

EC運営者必読!見逃せないトピックス満載の市場調査データ40選

EC運営者必読!見逃せないトピックス満載の市場調査データ40選EC運営者必読!見逃せないトピックス満載の市場調査データ40選ferret編集メンバーが不定期で更新します。Webマーケティング界隈の最新ニュースからすぐ使えるノウハウまで、わかりやすく紹介します!>> 著者詳細はこちら “モノが売れない時代になった”この言葉をよく耳にしますが、そんな状況下でも業界は、いまだ成長を続けています。、スマートフォンの普及が進むにつれて、業界もどんどん形を変えながら拡大してきました。以前と比べて個人でもネッ

2014年11月7日外務省★★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査

平成26年11月7日 平成26年(2014年)7月31日から8月21日まで,外務省は,ニールセン社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1003名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は,昨年と同様に,一般の部で73%(昨年76

2012年10月30日ダイヤモンド社★フィードバック数:36マーケティング

SNSについて各社のデータを引用しつつ分析しています。

「身の回り」データからの発想(3)~SNSはわれらに何を与えるのか

東日本大震災直後のSNS躍進 今日(2012年10月30日)は、東日本大震災からちょうど600日目です。 東日本大震災で最も活躍したITサービスはTwitterやFacebookであり、Googleでした。Googleが震災後、即日立ち上げた消息確認システム「Person Finder」は、60万件以上の消息情報を集め、提供しました。NHKや新聞社等大手メディアが自社に寄せられた安否情報をGoogleに提供したことも画期的でしたが、各避難所に張り出された手書きの情報が草の根(ユーザー自身)で電子

日本との関係を中心とした台湾での世論調査です。

第三回台湾における対日世論調査(2011年度)

お知らせ第三回台湾における対日世論調査(2011年度)2012年 6月 22日作成 台湾における対日意識の変化を把握し、今後の当協会の業務参考とするため、2012年1月30日〜2012年2月22日にかけて、ニールセン社に委託して台湾における対日世論調査を実施しましたところ、結果を以下の通りお知らせいたします。 © 2018 公益財団法人日本台湾交流協会

業界別サイトパフォーマンス動向

2008年11月21日ゴメス・コンサルティング株式会社 「業界別サイトパフォーマンス動向」の発表について ゴメス・コンサルティング株式会社(以下、ゴメス)は本日、Webサイトパフォーマンス測定ツールGomez Performance Networks(以下、GPN)で計測した「業界別サイトパフォーマンス動向」を発表いたしました。 ヤコブ・ニールセンの調査(※)では、ユーザーの思考の流れが途切れないレスポンスタイムの限界は1秒であり、1秒近くになるとユーザーは直接操作している感覚がなくなる(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ