調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネイティブアプリ

「ネイティブアプリ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0エンタテインメント

マイボイスコム スマートフォンでのゲーム利用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスマートフォン利用者のうち、直近1年間にスマートフォンでゲームをした人は5割強、10・20代で7〜8割。「ほとんど毎日」が3割強 スマートフォンでゲームをする場面は「自宅でくつろいでいるとき」「暇なとき」が上位2位。遊ぶゲームのジャンルは「パズル」がゲームをする人の6割弱で最も多く、「RPG」「シミュレーション」が2割弱で続く 直近1年間のスマートフォンでのゲーム利用者のうち、「ネイティブアプリ」利用は7割弱、「Webアプリ」が2割弱。直近

スマホゲームの市場データです。

2013年のスマートフォンゲーム市場規模

プレスリリース2013年のスマートフォンゲーム市場規模は5,468億円、前年比178%へ拡大 国内ゲーム市場全体の約5割に到達CyberZ、スマートフォンゲーム市場動向調査を実施、ネイティブ・ブラウザゲーム別市場規模など発表株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:梅田佳夫

2014年1月7日クラウドゲートフィードバック数:0キャリアとスキル

クリエイターズ白書 2013

当社のクリエイター審査には以上の方が応募されます。その中で審査に合格している方は平均で3割ほどで、応募ジャンルは圧倒的にイラストが多くなっています。基本的に、イラスト部門では現在「デッサン」「立体感」「デザイン」「塗り方」「配色」「オリジナリティ」「イラストのバランス」の7項目をメインにみています。しかし、その時々の流行りの絵柄や、ご紹介することができそうな案件内容などにより、審査で見る箇所は常に変化します。 左図から、当社のパートナーとしてご登録いただいているクリエイターは、この1年間のあい

2013年11月4日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年9月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ネイティブアプリに移行する企業の増加にしたがい、Objective-CやC++を使えるエンジニアの需要が高まりました。求職者側は前月増加した3DCGデザイナーへの応募が目立ち、市場は活発な状態です。企業側も人材獲得のために工夫を凝らしており、特に当月は書類選考のスピードアップを図る企業が多くありました。当社コンシェルジュとの面談から最短5日で内定というケースもあり、採用の速度は日増しに上がっている印象です。<今後の見通し>来月以降も、エンジニア職のニーズが高い状態は続くでしょう。

2013年8月29日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年7月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ネイティブアプリに注力する企業が増え、上場しているSAPでもネイティブゲームをリリースしている企業は軒並み時価総額が上がっています。こうした傾向と共に、Android(Java)やObjective-Cでの開発経験やUnityの経験のあるエンジニアのニーズが高まりました。また、グラフィックデザイナーやイラストレーターの求人も増加しています。クリエイティブ系の求人では経験年数や転職回数よりスキルを要視して採用する企業が多く、ポートフォリオが合否を分けています。 <今後の見通し> I

2013年6月25日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年5月ゲーム業界採用動向

[] <要旨> ソーシャルゲームを中心に積極的な採用活動が続くゲーム業界ですが、半年前と比較すると、企業側もやや慎重になってきています。今後は「より良い人物を採用したい」という企業側の思惑から、採用ターゲットが絞り込まれていくでしょう。求職者は、スキルや経験だけでなく志望動機や入社への熱意・意欲をアピールすることが大切です。また、スマートフォンアプリやゲームにとって、UI・UXの設計は非常に重要な要素です。ネイティブアプリに注目が集まっている現在、UI・UXに対するニーズはさらに高まっていくでし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ