調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネットユーザー

「ネットユーザー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月18日ICT総研フィードバック数:0マーケティング

2016年度 SNS利用動向に関する調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2016年度 SNS利用動向に関する調査■ 日本のSNS利用者は2016年末に6,872万人、2018年末には7,486万人へ拡大■ ネットユーザーに占めるLINE利用率は72%、ツイッター 41%、フェイスブック36%■ 利用者満足度1位はLINEで77.9ポイント、インスタグラムが僅差で続く■ インスタグラム利用者の58%が利用時間増加、フェイスブックの利用時間は伸び悩む■ ツイッター

2015年7月6日アールビーズフィードバック数:0ライフスタイル

ランナー世論調査2015

今年もランネットユーザーに対してランナー世論調査を実施しました。2015年の質問項目は全部で72問。「ランニングシューズを購入する際に最も重視する点は?」「好きなレースの距離、種目は?」などランニングに関する質問に計12,100人のランナーが回答。気になるあの質問の集計結果は??(アンケート実施期間: 2015年5月25日 ~ 5月31日 アンケート集計方法: ランネットのアンケートフォームから)ご協力頂いた皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

2014年12月4日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーが選ぶ2014年の「ワースト謝罪会見」

[株式会社宣伝会議] ,メディア ランキング 記者 広報 企業 不祥事 リスク 会見 小保方 佐村河内

国際比較です。

ネットユーザーの約54%が新聞を毎日読む

WHAT'S NEWネットユーザーの約54%が新聞を毎日読む。この割合は49ヵ国(地域)で2番目に高い市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、消費者のモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向を調べ、そのデータや分析レポートを企業に提供しています。今年の3月から6月にかけて、少なくとも週に一回はインターネットにアクセスする人をネットユーザーと定義し、日本を含む49ヵ国(地域)で実施した調査(名称:『Connec

2014年8月6日カンター・ジャパンフィードバック数:0エンタテインメント

ネットユーザーの約49%がモバイル・タブレットでゲーム

WHAT'S NEWモバイル又はタブレットでゲームをする人の割合は ネットユーザーの約49%- 週一回以上ゲームをする人の割合は約27% -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、消費者のモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向を調べ、そのデータや分析レポートを企業に提供しています。今年の3月から6月にかけて、少なくとも週に一回はインターネットにアクセスする人約1,000人を対象に実施した調査(名称:『Con

2013年1月23日マッシュメディアフィードバック数:19社会/政治

消費税増税に伴う『軽減税率』に関する意識調査

軽減税率を「新聞」に適用した方がいいと思う人はわずか28.3%→ 新聞協会の調査とは真逆の結果に!!消費増税に伴う軽減税率の導入をめぐり、各業界は、軽減税率の対象とされるための世論誘導に躍起となっているようだ。例えば、日本新聞協会は先日、新聞への軽減税率適用を求める声明を発表した。同時に公表された調査結果によると、軽減税率に賛成する人は全体の8割、「新聞や書籍」を適用対象にすべきとする人は75.3%そこで、IRORIOでも「消費税増税に伴う『軽減税率』」に関するアンケート調査を実施したところ、日

2010年5月17日アイシェアフィードバック数:3大型消費/投資

恋のち友の可能性に関する意識調査

恋のち友の可能性に関する意識調査 恋の告白段階でフッたフラれた相手や元恋人と友達になりたい?~男性ではいずれも5割が友達移行希望!でも実際の経験は…?恋心の告白をきっかけにフッたりフラれたりした相手や、恋人として付き合って別れた相手と友達になりたいと思う人はどのくらいいるだろうか。ネットユーザーに意識調査を実施し、20代から40代の男女446名の回答を得た。回答者の恋愛状況を聞いたところ、告白の段階で相手をフッたことが「ある」人は46.4%(207名)、同様に相手にフラれたことが「ある」人は48

2009年12月14日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

新聞記事を漫画で読めるサイトに7割が「賛成」!!~新聞読者の半数が!?理解するの難しいと「感じることある」

新聞記事を「漫画」で読む時代がやってきた!? 漫画新聞に関する意識調査 新聞記事を漫画で読めるサイトに7割が「賛成」!!~新聞読者の半数が!?理解するの難しいと「感じることある」活字離れが問題視されて久しい現在。そんな中、ニュースを漫画でわかりやすく解説する「漫画新聞」サイトが続けて登場している。その認知度や賛否について、20代から40代のネットユーザーに調査を実施。男女510名の回答を集計した。回答者のうち、「頻繁に読む(24.9%)」「たまに読む(46.3%)」を合わせた、漫画を『読むことが

衆院選におけるインターネットユーザーのネット内行動の動向

衆院選におけるインターネットユーザーのネット内行動の動向 〜 公示により関心が高まり、投票日に盛り上がりはピークに 〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野欣之(おぎのよしゆき))は、2009年8月30日(日)に執行された第45回衆議院議員総選挙(以下、衆院選)に関するインターネットユーザーの行動についてまとめました。現オバマ大統領の選挙キャンペーンでは、インターネットによる戦略的活用が大きな話題になったことは、記憶に新しい

2009年5月26日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

カロリーが気になるなら食べない男性、気になるけど…の女性~スナック菓子のカロリーをネット検索したことがある1割

スナック菓子は「カロリー」よりも「味」9割 スナック菓子に関する意識調査 カロリーが気になるなら食べない男性、気になるけど…の女性~スナック菓子のカロリーをネット検索したことがある1割健康やダイエットへの関心が高まり低カロリースナックが増えてきているが、ネットユーザーは味とカロリーのどちらを重視しているのだろうか?20代から40代のネットユーザーに調査を実施し、357名の回答を集計した。スナック菓子を「よく食べる」のは28.9%で、「たまに食べる(54.1%)」と合わせると8割以上が食べると回答

2009年3月30日アイシェアフィードバック数:5大型消費/投資

2割が自称「草食男子率50%」~ネットユーザーが決める『草食男子』の定義は?

お姉ちゃんがいると『草食男子』になれない!? 草食男子に関する意識調査 2割が自称「草食男子率50%」~ネットユーザーが決める『草食男子』の定義は?『草食男子』という言葉がメディアなどで使われるようになったが、その定義は諸説あるようだ。ネットユーザーはどのような要素に草食男子を感じるのか、また、自分の草食男子率はどのくらいだと思っているのか。20代から40代の男性452名に調査を実施、回答を集計した。『草食男子』という言葉を知っているのは全体の40.0%。世代別にみると、20代42.6%、30代

2009年3月2日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

ネットユーザーの口座開設理由「ネットで操作できるから」5割~魅力的な金融機関があれば新規開設したいと思っている30代

ネットユーザーの口座開設理由「ネットで操作できるから」5割 口座開設に関する意識調査 ネットユーザーの口座開設理由「ネットで操作できるから」5割~魅力的な金融機関があれば新規開設したいと思っている30代給与振込などで指定されて開設した以外に自分の意志で開設した金融機関の口座について、20代から50代を中心とした男女484名の回答を集計した。自分の意志で作った口座が「ある」としたのは92.8%にのぼり、20代で85.5%とやや低めだったほかは、いずれの年代も9割以上が「ある」と答えた。現在利用して

2009年2月23日アイシェアフィードバック数:1ライフスタイル

ネットユーザは目が悪い?~ネットユーザーの7割以上がメガネ持ち

メガネに関する意識調査 ネットユーザーは目が悪い?~ネットユーザーの7割以上がメガネ持ち近視や乱視の矯正はもちろん、近頃はおしゃれのツールとしても活用されるようになったメガネだが、その利用動向について20代から40代を中心とするネットユーザーを調査、男女433名の回答を集計した。ネットユーザーが持っている度入りのメガネの本数は「1本」が31.6%。「2本」が22.2%、「3本」が13.2%、「4本」が3.5%、「5本以上」は6.7%と、メガネを1本以上持っている人は合わせて77.1%を占め、2本

2009年2月16日アイシェアフィードバック数:0ビジネス

フリーソフト、半数以上が「有料になっても使い続けたい」~ネットユーザーの9割が「フリーソフトを使っている」

フリーソフト、半数以上が「有料になっても使い続けたい」 フリーソフトに関する意識調査 フリーソフト、半数以上が「有料になっても使い続けたい」~ネットユーザーの9割が「フリーソフトを使っている」多種多様なジャンルが無料で提供されているパソコンのフリーソフト。実際にネットユーザーはどの程度利用しているのだろうか?20代から40代を中心とした男女に意識調査を実施、481名の回答を集計した。パソコン利用歴は「10年以上」が85.9%、「5年程度」が11.6%、「3年程度」以下が2.5%。「フリーソフトを

2009年2月2日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーの4割「訳あり商品、調べたことがある」~うち、ネットショッピング経験者の7割が購入

ネットユーザーの4割「訳あり商品、調べたことがある」 訳あり商品に関する意識調査 ネットユーザーの4割「訳あり商品、調べたことがある」~うち、ネットショッピング経験者の7割が購入拡大するインターネット通販市場。中でも「規格外」や「傷がある」などの理由で、高級品だが格安で販売されている「訳あり商品」に人気が集まっているとの動きを受け、ネットユーザーの実態を探った。集計回答数は男女432名。インターネットショッピング利用経験者は全体の74.5%。年代別に見ると、20代では65.2%、50代では68.

2009年1月14日アイシェア★フィードバック数:0キャリアとスキル

資格に関する軽い調査です。

ネットユーザーが欲しい資格1位「IT・コンピュータ系」3割~ネットユーザーの4割が2009年の資格取得に意欲的

ネットユーザーが欲しい資格1位「IT・コンピュータ系」3割 資格に関する意識調査 ネットユーザーが欲しい資格1位「IT・コンピュータ系」3割~ネットユーザーの4割が2009年の資格取得に意欲的新年の目標に、今年こそは!と、資格取得を掲げた人もいるのではないだろうか。そこで今回は、「ネットユーザーが2009年に取得したい資格」について調査。20代から40代を中心とする男女396名の回答を得た。2009年に取得したいと思う資格はあるかを聞いたところ、「ある」が13.6%、「取得しようか迷っている」が

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め~7割が「不満」資産・貯蓄の満足度

ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め 生活環境に関する意識調査 ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め~7割が「不満」資産・貯蓄の満足度6月、内閣府は国民の意識を把握するため、国民生活に関する世論調査を行った。現在の生活満足度を「所得・収入」「資産・貯蓄」「自動車、電気製品、家具などの耐久消費財」「食生活」「住生活」「自己啓発・能力向上」「レジャー・余暇生活」の7項目それぞれに聞いている。回答者の6割が50代以上の内閣府調査と、20代から40代を中心とするネットユーザー

2008年12月9日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーに効果的なDMはPC宛、携帯宛メール~「DM読んでいる」メール6割強、印刷物4割半

ネットユーザーに効果的なDMはPC宛、携帯宛メール ダイレクトメールに関する意識調査 ネットユーザーに効果的なDMはPC宛、携帯宛メール~「DM読んでいる」メール6割強、印刷物4割半効果的な広告宣伝のために、個人に直接アプローチするDM(ダイレクトメール)の存在がますます重視される傾向にあるようだ。実際のところ、ユーザー側はどのようにDMを受取り、どの程度目を通しているのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー394名の回答を集計した。パソコンのメールアドレス、携帯電話のメールアドレ

2008年10月21日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

投票意欲の高いネット検索世代、次期選挙に7割が参加意志~政治家はググラー(検索世代)にどれだけ伝えられるかがカギ

投票意欲の高いネット検索世代、次期選挙に7割が参加意志 ネットユーザーの投票行動に関する意識調査 投票意欲の高いネット検索世代、次期選挙に7割が参加意志~政治家はググラー(検索世代)にどれだけ伝えられるかがカギ衆議院解散総選挙が噂される11月まで残り約10日となった。前回の“郵政解散選挙”に比べ、関心が希薄といわれている今選挙だが、ネットリテラシーの高い層は選挙に対しどのような意識を持っているのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー421名に調査を行った。まず調査パネルの政治関心度

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ