調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネット書店

「ネット書店」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年8月11日ポット出版★フィードバック数:0マーケティング

新しく発行した本の情報がネットに反映される調査

2015-08-11本は存在を知ってもらわなければ、そもそも売れない。たぶん、一番大きな「陳列」は書店。そのなかでも入り口近いところに平積みされと、とかされるのがいい。広告ってこともある。新聞によく載ってるでしょ。ポット出版もぼちぼち新聞に広告載せてる。そのほかここ十数年に存在感を増やしているのがネットだ。ネットには大きく3種類ある。・ポット出版や版元ドットコムのサイト →自分で発信できるところ。この延長に、Twitterやfacebookもあると思う。・本の存在を「勝手に」広めてくれる媒体や、

2011年10月25日eパートナーフィードバック数:3デジタル家電

書籍購入の実態調査

書籍購入の実態調査寄稿:冬狐洞隆也氏書籍購入の実態調査を紹介したい。まずは「本はどこから入手する?」のアンケート結果から。本はどこから入手する?新刊書店とネット書店を合計すると 59.5%となり、新刊本を選択する傾向は今も根強い。一方、古書店や新古書店・ネット新古書店を合計すると 21.7%となり、新刊書店の半分になる。同じ本であるならば、新しい本でなくても安いほうが良いといった理由で選ばれているようだ。読者の選択肢は今後も拡大すると考える。新刊を購入した店は?※複数回答アマゾンとアマゾン以外の

2009年9月14日楽天リサーチフィードバック数:6エンタテインメント

読書・図書に関する調査

2009年9月14日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、読書・図書に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月31日から9月1日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約170万人)の中から、全国の15~69歳の男女計1,200人を対象に行いました。【総評】インターネットの普及に伴い、情報の収集手段や娯楽の幅

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ